プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

1期生ゆえの

 最近、1期生ゆえのイライラをちょっと感じることが多いです。
 例えば、今月中ごろから急に熱くなってきた「会社法100問」という本。もう説明するまでもないと思われますが、話を聞いて生協の本屋へ注文しに行ったときには「どこかが大量購入したので、ご用意できるかどうかわかりません」と予約も許されない状況です。
 これは会社法の大改正ゆえの問題であって、1期生に関係ないようにも思われます。しかし、2期以降であれば、そこまで急がなくてもいいわけです。なんか、試験まで半年切ってやっと出た解説書なのにどうして手に入らないの~~~!と、無駄にあせってみたりします。
 ちなみに、どう考えても各種資格試験の受験者が殺到する本なのに1刷は6000部しか刷っていなかったとか、慌てて2刷を出そうとしたら誤植が多すぎて出荷が遅れてるとか、1刷も誤植が多すぎて「不良品交換」扱いになったから、2刷はその人たちの交換から先に出回るとか、もうちょっと丁寧にやってほしいエピソード満載の本です。

 ところで、先日某予備校の論文答練を購入したのですが、これもまたよくわからない問題でした。「こういう形式の問題がでてくるよ」という練習にはいいのですが、確たる解答を出そうとするとあちこちで「?」というポイントが出てきて山ほど場合わけしなければならなくなってしまいました。友達と検討すると、余計に「???」となってしまい、先生と一緒に「????」です。
 これも1期生の憂さでしょうか。思えば、第1回適性試験前の各予備校の対策講座も会社ごとにまちまちだったなぁ。そしてどこも「当たらずとも遠からず」的なないようだった気がするなぁ。
 この状況は1期生全員が同じなのですが、もしもプレの研究を徹底的に行なってそれに基づいて答練をしているようなローがあれば、そこに通う人はそれだけで一歩前進でしょう。(なかなかないとは思いますが) ロー選びは大切です。
(ちなみにうちは、一部科目で充実した実践的教育がなされています。)

スポンサーサイト

2005-11-28(Mon) 16:09| 日常| トラックバック 0| コメント 0

新司法試験の詳細が発表されていました。詳しくは法務省HPへどうぞ。
 以下、びっくりしたことを述べます。

1、問題はそこじゃない
 なんと、あいだに一日休みが入っているではありませんか! 民事法の試験時間が2+4時間になっているではありませんか! でも2日目の受験時間が合計7時間であることに変わりはないではありませんか!

 私はプレテスト後のアンケートで主張したはず、本当にしんどいのは6時間の民事法ではなく、2日目の公法+選択科目の7時間である、と。あいだに1日インターバルを設けるくらいなら、2日目を分散してほしかった… この一日を一体どう使えばええねん!!

2、じゃあ
 民事法の「4」と「2」ってそれぞれ何を出題するんでしょう? 何を基準に「4」と「2」にわけたんでしょう?
 サンプルは「民+民訴」と「商法」で、プレは「民+商」と「民訴」でしたが、この組あわせもふたを開けてのお楽しみ…ってこと?

3、うわぁ
 択一だけ、早々に発表になるようです(6月下旬)。たしかに、最終発表まで待たされたのでは翌年に向けての切り替えが遅くなりそうです。でも、6月の末に今の2回生と一緒にもりもり勉強する羽目になるのもなんだかさびしいなぁ。

4、高くない?
 28000円(受験料)。
 いや、受験者数と労力を考えたら、安いと見るべきか。現行は1万円ちょいで運営していたが、択一で散華する大量の記念受験者の納入分を合算してのことだし。
 たしか、早○田のローはこれに足すこと7000円くらい取られた。足きりで切られたにもかかわらず。それを考えると…妥当な線ってことですか。

5、ていうか
 こんな大事なこと、うちのローはどうして大々的に告知してくれへんねん! たまたま法務省HPチェックしていたから気がついたけど、友達はみんな知りませんでした。
 出願が12月であることすら知りませんでした。
 …あ、うちらがアホ? どっかに掲示してた?


2005-11-25(Fri) 16:09| コバナシ| トラックバック 0| コメント 0

レポートか、試験か

後期も始まってから早2ヶ月、法科大学院通としては、そろそろ期末の成績評価の方法が気になるわけです。
 プレテストショックがあってからというもの、私のこの学校でのスタンスは、

 「見事な成績で卒業する」 
       ↓
  《プレテストショック》
       ↓
 「学校の勉強を最低限に抑えて自分の勉強時間を作る」

 といった感じになってしまいました。悪い子です。そうすると自然に「期末成績評価方法がペーパーテストの科目よりもレポートの科目を選ぼう!」と意識してしまい、その結果見事8科目中3科目をレポート評価科目にすることに成功しました。いや~、さすがローともなるとレポート科目が少ない。
 ところが今になって思うのは、レポートもたまれば結構…鬱陶しい?
 「5千字以上書け」「参考文献は一つでは足りない」「テーマは自由」と、いろいろ考えなければならないのが面倒くさい。学部だったらいいんです。喜んで書きます。でも、この忙しい時期に手の込んだレポートを3通も仕上げるのはそれはそれで厳しいものがあります。

 かといってオールペーパーテストっていうのも相当鬱陶しかったです。なにせ前期は10個テストでしたから。全学年がつつがなくテストの全行程を終了したあとでもまださらにテストしてましたから。テスト日程の最後の最後のコマまで埋まってましたから。さすがに今回はそんな面白いことにはならんでしょう。
 
 …全出席しているだけで単位をくれるような、そんな甘い話はどこかにないものか…

 ところで最近、刑事公判法のレポートの講評を聞きに先生のお部屋にお邪魔しました。「これを落とすと留年です~」と泣きつくと「おどさないでくださいよ~(笑顔)」と手ごたえ十分でした。利害関係者の皆さん、頑張りましょう(何を?)


2005-11-22(Tue) 16:08| 勉強| トラックバック 0| コメント 0

ウソやろ!?

テーマを「ウソやろ!?」でまとめた小話シリーズします。多少脚色が入るかもしれませんが(をい)、基本的に全部本当の話です。

1、プラチナチケットが4枚
 10月の末の記事で書いた、三谷幸喜さんの「12人のやさしい日本人」のチケットですが、母が新聞の広告を見て申し込んだ分まで当たっていたらしく、今日さらに届いたみたいです。しかも大阪公演初日!
 こうなると、ほんまにプラチナチケットだったのかさえ疑わしくなりますが、某サイトでは4ルートぐらいトライして全部失敗してはる方もいらっしゃるようなので、たまたま運がめちゃめちゃよかったのでしょう。
 というわけで、一族郎党全員で謹んで見てきます。

2、どないしてくれんねん!?
 昨日、カットをしてもらいに行ったんです。すっきりシルエットにしてもらおうとウキウキ行って、「長さ変えずにウルフカット」とオーダー。
 仕上がりはたしかにウルフカットでした。しかし! やっとミディアムの長さまで伸ばした髪が、どう見ても「ショート」だろ、これは! 
 寒いし、「鎖骨まで伸ばすぞ計画」も遅れるし、どうしてくれるんや!
 先日、カットミスを理由に美容院を訴えて勝訴していたキャバクラ嬢のニュースがありましたが、今ならちょっとその気持ちがわかります。でも、判決理由の中で「原告がキャバクラ嬢であったこと」がかなり考慮されているので、私が訴えても確実に負けますね、はぁ~。

3、なんで!?
 今日、買い物へ行こうと自転車をこいでいると曲がり角に差し掛かったところで「チャリッ、チャリッ」と鎖を引きずるような音が突然聞こえてきました。何事かと思ったら、なんと野良犬が全力疾走で私のあとを追っかけてきているではありませんか! あの音は、手入れされていない犬の爪がアスファルトを掻く音か!

 おいおい、結構大きい犬やぞ! 必死で自転車をこぐ私! でも離れる気配のない犬!
 なに!?
 何なん!?
 なんなの、この昭和のギャグ漫画みたいなシチュエーション!!?
 
 でも犬に追いかけられているとはいえ、あまり車どおりのない小さい道とはいえ、最低限用心してこがないと事故になってしまいます。犬から逃げて、車に引かれて死にましたなんて、恥ずかしすぎて親にどう説明すればええの! それだけはなんとしても避けなければならない、とわずかばかり冷静さを取り戻したところで、犬は左折してどっかへ行ってしまいました。
 一体どこへ行きたかったんだろう?

4、択一答練で
 びっくりするような点を取りました。
 「ウソやろ!?」
 と、細かく採点すると、「間違っているのは何個あるか」という問題では、ことごとく「間違っている個数」があっているだけで、全然違う肢にチェックしてました。要するに、運だけで取った点のようです。びみょー。


2005-11-20(Sun) 16:06| コバナシ| トラックバック 0| コメント 0

京都が大変なことに!

月曜日、実家から戻ってみたらどうも様子のおかしい京都。なんかやたらと警察官が多い。大学の前には警察の大型車両と大量の警察官。たまたまその中に私服の原チャリライダーがいたものだから、「あ、交通事故の実況見分か何か?」と勘違い。
 実は、検問していたらしいです。おかげで昨日のロー内の話題は「あれは何検問? 根拠条文はどれだろう? 交通検問…じゃないよね」ふふふ、一味違います。
 しかも、まだブッシュさんがきていないうちから「練習」と称してあっちこっちで車を止めまくっていたようです。ねらわれるのは黒い車と車体の低い車(らしい)。よく見てみると、彼らの制服には「愛知県警」「静岡県警」「警視庁」いずれも京都とは全く関係のない地名ばかり。特に警視庁なんか、今日は紀宮さまの結婚式で地元も大変だったでしょうに。
 以下、京都におけるプチブッシュパニックをどうぞ。

1、テロが起きるぞ!
 ブッシュさん来日をねらって京都の地下鉄でテロが起きるとまことしやかにささやかれています。それゆえ、ラッシュ時を避けるために「1限休むわ」とか、「朝7時に来るわ」とか、(本当に実行しているのかはナゾですが)大変そうです。下宿の私には…あまり関係ないかも。
 でも、京都は日本を代表する歴史文化都市ですので、東京等の普通の大都市に比べてあまり戦闘行為の標的になりにくいように思うのは甘いでしょうか。バーミヤンの石仏を爆破した筋金入りのワルでなければ襲いにくいように思うなぁ。

2、検問うるさい
 本当にロー棟のまん前でやってたんですよ。で、検問ってどうやるかというと、怪しい車が近づいてくると、「ぴ~~~~っ! ぴぴ~~~っ!」とけたたましくホイッスルを吹いて止めます。結構「黒い車」と「車体の低い車」があるらしく、しょっちゅう笛が鳴るので勉強の邪魔…なんですね、申し訳ないけど。(うわさでは、「うるさい!」とクレームつけた人がいたとかいないとか)
 でも、本番のはずの今日はきれいさっぱりいませんでした。どこへ行ったんだろう、検問。

3、その人に聞いてもわかりません
 全国津々浦々から警察官が集まって厳戒態勢の京都ですが、厳戒態勢を引いている人は当然のことながら警察官の制服を着ているわけです。そして時は紅葉&観光シーズンたけなわ。だから観光客が「あ、おまわりさんだー」と道を尋ねてしまうようです。でも、彼らは思いっきりアウェーですので、(気持ちはわかりますが)その人に聞いてもムダです。私に聞いてください(まだまだ京都初心者ですが)。

4、おーおー、つかまっとる
 普通なら「ちょっと突っ張ってるチンピラのにーちゃん」として普通に街中を歩けていただろうお兄さんが手荒い職質を受けていました。
「怪しないっちゅーとるやろ!」
「でもな、君、自分でそう言うても怪しいねん」
「うっさいな!」
 頑張ってください。お互いに。

5、結論
 京都の人が迎賓館を作るのを反対した理由がしっかりすっかりわかったような気がします。「金を無駄遣いする」云々の前に、外国の要人が来るたびにこれでは日常生活に支障が出ます。しかも明日は金閣寺へいく様子。できるだけ早く帰ってあげてほしいです。その辺も立派に住宅地なので。


2005-11-15(Tue) 16:05| 日常| トラックバック 0| コメント 0

ネタはあるのにヒマがない

だから、このように小話をまとめて放出することになるのです。

1、検察庁って
 学校の検察官先生のはからいにより、先日検察庁訪問に行ってきました。いままで弁護士事務所と裁判所(裁判官)には訪問したことがあり、いずれもスーツ着用は要求されなかったのですが、ここだけ「社会人らしい服装で」と言われました。これもまた、法曹三者の特徴が出てて面白いと思います。
 検察庁と言えば、「検事霞○子」とか、「○かぶ検事の事件ファイル」などなど、サスペンスでもたびたび出てくるあの取調室がどんな感じなのか、楽しみでした。
 でも、検事と事務官の机がL字型に配置された部屋で執務するのは捜査検事のみのようで、公判検事等は大部屋でした。しかもその捜査検事の部屋も、ドラマのようにじゅうたんが引いてあって、観葉植物がおいてあって、応接セットなんかもあって…という感じではなく、むしろ警察の取調室に近い印象を受けました。多分、空き部屋に案内されたからだと思いますが…
 そして、最後は現役検事さんによる座談会が催されました…が、検事の仕事がどれだけすばらしいかの独演会のようになっていたような。でも、その迫力に圧倒されて「あ、検事もいいかも」と思ってしまいました。(ただ転勤がね~)

 この企画はなかなか志望者が増えない検察庁の明日を憂えて企画されたのか?などと、変に邪推してしまいますが、結構検察庁のイメージ変わります。もっと学部生なんかも見学に呼べば、もっとイメージアップになっていいのにと思いました。


2、字数制限1600字の弊害?
 相変わらず、刑事法総合演習は毎週字数1600レポートが課せられています。しばらくは実体法1題、手続法1題と定型化されていたのに、この間はそれにプラスして公訴事実の起案(被疑者3人分)も要求されて「ハハハ、むり。」
 そのせいかどうかわかりませんが、最近、論文演習していると、論点は大概ひろえているのになんか短すぎる答案を書いてしまいます。書かなければならないこと(定義・趣旨の類)を落としてしまっているみたいです。…やばい傾向だ… 昔はやたら冗長だったのに、昔と今と、足して2で割ったらちょうどいいのに。


3、こっそりと
 明日、ちょっとした舞台で歌ってきま~す(合唱)。発表の原稿書いたり自主ゼミの答案書いたり択一答練解いたりせなあかんのに~(焦)
高校のOBOG合唱団で、発足したばかりだから練習回数は月2回。これくらいなら参加できるだろうと思っていたら、なかなかどうしてしんどい。だいたいローの3回生で月2回も帰省すること自体がムリです。(何回か練習休んでごめんなさい)
 だから、明日初舞台にしてラストステージ… 不本意ながら、1回舞台乗っただけで長期休団です。
 合格して、就職して、仕事が軌道に乗ったらまた…できるのかなぁ。


2005-11-12(Sat) 16:04| コバナシ| トラックバック 0| コメント 0

史上まれに見る無意味な得点分布表

国際私法の現代化要綱を見に法務省ホームページへ行ったら、「プレテスト論文試験の結果を公表しました」と書いてました。

 え? 論文試験の結果?

 一般の方に説明しますと、私たちは夏休み中に新司法試験のプレテストという物を受験しました。(その間のすったもんだは8月初旬の記事参照)あくまで「試し」ですので、マークシートでしゃきしゃき採点できる択一は個人成績が返ってきますが、論文試験は全受験者の中から無作為抽出500名分しか採点しないことになっていました(当然、当選した500名にも点は通知されません)。だから、私たちは自分の点数など知るよしもないわけです。なのに結果って公表する理由あるのか?

 でも、自分の受けたテストですので、無意味と知りつつもついつい見てしまいます。くどいようですが、自分の点数なんか知らないので(っていうか採点すらされていないかもしれないので)見てもへこみも膨らみもしませんし。
 …そうは言っても、公法で1点(200点満点)の人がおるのを見てると(しかも2人もおる…)、自分は大丈夫だったんだろうかと、これまた無駄に心配になってきます。でも、どういう答案が1点なのか、逆に知りたいです。

 何よりびっくりしたのは、労働法以外の選択科目は全員が採点対象になっている、ということ。そういう話だったっけ? 私、「どーせ誰も見ぃへんし~♪」と、かなり面白いことを書いた記憶があるのですが。
 じゃあ選択科目ぐらい全員に通知して…と思う自分がいる反面、やっぱいらないかも、とも思ってしまう自分がいます。

 結論として、ぜんぜん参考になりませんでした。平均点見ても、「だからどうなん?」というところがさっぱりわかりませんから。


2005-11-08(Tue) 16:03| 勉強| トラックバック 0| コメント 0

小話バンザイ


はい、今日も細かく行きます。

1、老人A
 昨日夕方、バット大の木の棒を小振りに、しかしぶんぶん振りながらタクシーをひろっているおじいさんを見かけました。そこで問題。あなたの抱く感想はどれ!?

 ア、あれはきっと木刀だ… 剣の心を現代に伝える武士道おじいちゃんなんだ、かっこいい…
 イ、これからけんかですか? まだまだ若いっすね
 ウ、京都も治安が悪くなりましたなぁ
 エ、そんなのでおばあちゃん殴っちゃいけません!

 私がパッと思ったのは「ア」でした。
 あ、これ、心理テストでも択一の問題でもありません。解いてもなーんもいいことないので、悪しからず。


2、親不知
 この年になって初めて親不知が生えました。
 びっくりして親に知らせたら

 「…聞かんかったことにするわ。親やし」

 さすがです。この返しはカタギの人間のすることではありません。


3、択一→休憩→論文→択い…と思ったらまた論文
 最近こんなサイクルで勉強してしまっています。択一をせなあかん、と思いながらも、論文するとそっちのほうにまだ「楽しみ」を見出せてしまうのでながれてしまいます。いつまでたっても得意にゃならんわ、これでは。


4、まだ11月に入ったばかり
 近所のスーパーにおいてかかっているBGMが
「ジングルベル」
   ↓
「おめでとうクリスマス」
   ↓
「グローリア」
   ↓
 以下、似たようなのがエンドレス…

 あと2ヶ月こんな中で生活しないといかんのですか。私の使っているライン引き用の色は「赤・緑・青」。前二つ使ってるとクリスマスカラーに見えて仕方がない季節がやってきました。
 自分がつらいめの時期に町が幸せそうだと、なんか切ないよね☆



2005-11-05(Sat) 16:01| コバナシ| トラックバック 0| コメント 0

秋ですね

御所の紅葉が徐々に始まっています。最近朝晩と昼の温度差がかなりあるので、これからどんどん色づいていくでしょう。紅葉とともに、自習室内の風邪ひきさんも増えていくのですね(T_T) (せめて、祝日くらいは家で安静にしていて欲しいです、私のために)

 そこで、観光地京都は最近すごいことになっています。私の下宿の前を通るバスの中に金閣寺~竜安寺~仁和寺方面へ行く路線があるのですが、夏場は大したことないのに最近「何があった!?」という勢いですし詰めで走っていきます。まだ紅葉は始まったばかり、桜でいうと「三部咲き」程度だというのに。
 さらに今日はもっとすごい光景を見てしまいました。近所に6路線くらいが集合するバスターミナルがあるのですが、そこでバスを待つ人の列が何十mと続いていました。まだ紅葉は始まっt(以下同文)。
 
 と、思っていたら、どうやら御所で秋の特別拝観をやっていたようです。そら多いわ。

 そういえば、私がここにいる間に特別拝観へ行くチャンスは春秋2回ずつの4回あったはずなのですが、気がついたら最後のチャンスを逃してしまっているようです。あははは、時代祭りも(すごい近所でやっているにもかかわらず)見なかったなぁ。祇園祭だって宵宵山を見ただけだったもんなぁ。
 ま、そういう「京都を楽しむ」という意味では劣悪な環境で勉強している、ということでしょう。手を伸ばせば見られそうな位置でイベントやっているのに、忙しくていけない… 
 でも、五山の送り火は「不当利得!?」っていうくらいの勢いでうちの校舎からよく見えます。まさか、「送り火特等席料金」が授業料にこっそり入ってたら嫌やなぁ。あれは夏ですが。


2005-11-03(Thu) 16:01| 日常| トラックバック 0| コメント 0

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。