プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

3日目~ごめんね、母校~

さっそく中元バイトに申し込んできました。今のうちにお金稼いで来年の答練代夏にもうひと遊びするぞ!
 では、そろそろ記憶がなくなっている3日目です。

1、1限目~民事法1~
 民事法という科目はかなり特殊で、試験時間が2コマに分割されています。もともと6時間ぶっとおしの試験だったものを、余りに負担が大きいため(と私が勝手に思っている)、2時間と4時間に分割されたのです。
 このような経緯から、民事法を構成する民法・商法・民訴法のどれが1限に出てくるのかがわからず、試験前に何をしたらいいのかよくわかりません。山を張って会社法を見ていました(当たって良かった)。
 しかし、事業譲渡はちょーっと盲点… 会社法12条らへんの競業避止義務の条文はすぐに思い出せたのですが、「じ、事業譲渡ってどうやってやるんだっけ?」というかなり基本的なところに予想外に時間がかかってしまった・・・ よく途中答案にならなかったなぁ。

2、休憩時間
 この日の休憩は、別のフロアの展示場でした。そしたら、本当に資材がおいてあるわ、不当にシンナー臭いわで普通ならとてもじゃないけどおいしく食事のできる状態ではありませんでした。
 しかも、資材って素っ裸のマネキン(白)ですよ!? 写真にとってくれば良かったわ。

3、2限目~民事法2~
 集合債権譲渡担保。なんでわざわざ本試験でそんなテーマが出てくるねんな… 
 噂によると、これをローで扱っていなかったために債権譲渡特例法の存在そのものを知らなかった人がいたとかいなかったとか。もしそれが本当だとしたら、「債権譲渡担保の登記をする」という行為の意味がまずわからなかったでしょう。
 かく言う私は、学校で扱ったことがあるのでわかるはずだったんです。「民事法2」の本でも復習したんです! なのに! なんでこんなによくわからない!?
 お世話になったあんな先生、こんな先生の顔が走馬灯のように浮かび・・・ませんでしたが、あんまり。先生思い出しているヒマがあったら内容についての記憶をほじくりかえさなければならないし!
 いや、民法というよりも民訴かな…? 最後の問題、口の端にも載せられぬ手段で依頼人の願いをかなえようとしてしまいました。これが高校とかなら、テストを返したあとで「こんなおもろい解答をしたやつがおる」って紹介されそうな内容です。「いやいやいやいやいや、おいおいおいおい・・・・」って絶対言ってるわ、採点者。

 この日、家へ帰るなり私が号泣した原因を作ったのが、民事法2でした。

スポンサーサイト

2006-05-26(Fri) 09:29| 日常| トラックバック 0| コメント 0

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。