プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

それは「私刑」?

最近、「この人たちはどんな思いで仕事をしているのだろうか?」ということがあります。秋田の小学生殺害事件を報道している人たちです。
 被疑者として「彼女」が逮捕されてから、逮捕前に撮影されたと思われる映像が、もう数え切れないほど流れています。某チャンネルなどは、事件発生前から自局番組がかかわっていたことを鬼の首を取ったかのごとく喜んでいるようです。すべての報道番組で同じ映像を毎日流すものですから、正直なところ私はうんざりしてきました。

 それも問題ですが、私が本当にどうかしていると思うのは、今週末も何度となく流れた映像です。
 「皆さん撤収してください」
 「私の言っていることが聞こえますか?」
 「聞こえてるなら何か言ってください」
 と、容疑者が叫んでいるにもかかわらず、無言のままカメラを回し続ける報道陣。どのチャンネルでも同じ映像が流れるので、素人考えにもかなりの報道陣が容疑者の家に押しかけていたであろうことが容易に想像できます。

 これらの映像は、彼女が逮捕されてから流され始めた映像ですし、当然、逮捕前に撮影されたものです。つまり、(マークしていたかどうかは別として)司法がまだ正式には全く関与していない、市井の一般人に対してあれだけの取材を仕掛けていたということになります。
 どこからともなく脚立とカメラを持った何十人もの人間が自宅の周囲を取り囲み、お願いしようが罵倒しようが、彼らは全く無反応なのです。これは相当精神的に滅入る状況といえます。まるで、マスコミが勝手に有罪宣告をし、私刑を科しているかのように。
 そして、その映像を流したあと、ナレーションは「彼女はこのように報道陣に対して怒りをあらわにした」と、「彼女が凶暴な性格である」ことを強調しているつもりでしょうか。でも、あの状況下では誰でも「どっかいってよ!」と、パンチの一発もお見舞いしたくなりますよ。
 
 そして私はいろいろなことを思うわけです。
 仮に彼女が真犯人であったとしても、マスコミが何をしてもいいという理屈は通らないはず。
 あの映像を平気で流して恥ずかしくないんだろうか?
 彼女が犯人ではなかった場合、どう責任取るつもりだったんだろう? 松本サリン事件の教訓って一体どこへ行ってしまったんだろうか? 
 それでも、きっと間に弁護士が入れば、あの状況は解消したんだろう。
 でも、生活保護を受けている人にとって弁護士に依頼するのは非現実的なことなんだろうなぁ。

 …めちゃくちゃ問題があるんじゃないでしょうか?
 それに、裁判員制度が始まってからも同じような姿勢で報道されると、かなりの支障が出ると思います。マスコミで自浄できないならば、法律で報道を牽制することも必要な気がします。…憲法21条1項との関係でこれまた非常に難しいでしょうけど。

スポンサーサイト

2006-06-12(Mon) 09:36| 駄文| トラックバック 0| コメント 0

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。