プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

滝に打たれろ、私

 先日、予備校主催のゼミ第1回に出席してきました。お金を出してゼミをしていただくのは初めてです。一言一句もらさず吸収して帰りたいのですが、果たしてできるでしょうか。

 これは、新司法試験型答練をネタにして構成員の答案を読みまわすものです。しかし、メンバーが9人もいては、全部の答案をしっかり読みまわすことができません。というわけで、公法系科目のうち、1回目は憲法、2回目は行政法を検討する、と最初に説明されました。
 ところで、1回目に向けて激しく行政法の予習をしていた私は、開始10分で30%がっかり… 先に…言っておいてほしかった…

 そういっていても仕方がないので、気を取り直して憲法を必死で思い出し…ましたが、返ってきた答案の点数が結構寂しかったので、「ああ、初日からタコ殴り決定やな…」。
 しかし、先生のお話を聞いているうちに、模範答案や採点基準の振り方に若干新司法試験が求めていることとずれてる傾向がありげなこともわかりました。そんなの、解説レジュメと解説講義だけではわからないことですから。
 その典型例が「当事者の立場に立って立論すること」。前期修習が前倒しになったことで新たに受験生に求められる要素…らしい。「原告の立場で書け」と聞かれているのに、思いっきり中立的視点で書いてしまうとあまりいい評価が出てこない模様です。
 私としては、そういう一方的なことを書くのは得意なので、どちらかの立場にバイアスをかけて立論する姿勢を示すのは苦になりません。しかし、論理構造が甘々なので、あっちからこっちから点を引かれまくってしまいます。そういえば、机周りを整理していたときに、ロー入試にあたって大学の担当教員に書いていただいた推薦書が出てきたのですが、そこにも「気持ちは熱いが、論理構成が甘い」と書かれていたなぁ。今も昔も変わってなさすぎですよ、先生。

 そんなこんなで、予定時間4時間をすぎても全然終わる気配がなく、結局5時間以上10人で車座になってゼミしていました。先生が笑っておっしゃるには、「名古屋でこういうゼミを担当していたときには、時間が夜だったからいつも終電気にしながらやってました。こっちは昼間開講なので、時間を気にしなくていいね~」
 いえ、ちょっとだけ、気にしていただけるとありがたいです、先生。
 でも、短答・論文かかわらず、具体的勉強方法なんかをちょこちょこ教えてくださったりする、有意義な時間でした。

 さて、これからの答練とゼミのスケジュールを考えると、年内の勉強に息つく暇なし。はぁ、風邪引かなきゃいいけど…

スポンサーサイト

2006-10-30(Mon) 21:34| 勉強| トラックバック 0| コメント 0

only oneな話

 昨日、こういうものを食べました。

アイス(ふたつき)


 あんまり見たことのないアイスです。
 プリンみたいな味かな。カップの下のほうにカラメルみたいなのが敷きつめられてるのかな。と、思いながらふたを開けてみた映像がこれ。

ice.jpg



 なんかあんまり見たことないんスけど!
 「カステラ味のアイス」って普通思うじゃないですか!
 なんか新しい発想だぞ、「カステラの乗っかったアイス」!
 ちなみに、アイス部分の味はアイスクリンみたいな感じでした。よく定食屋で売ってる「昔ながらのアイス」っていうやつです。斬新な発想がonly oneな感じです。


 ところで、今日論文答練を受けてきました。前回は広い教室に二人だけだったのですが、ついに今回は私一人でした。
 「それではただいまから、○○論文答練の第2回めを始めます」という、予備校のお姉さんの「受験説明」は、すべて私ひとりに向けられたものとなってしまいました。恥ずかしい… みんな、今頃何をしているんだよぅ。


2006-10-26(Thu) 22:25| 日常| トラックバック 0| コメント 5

悪たれ童

 私の担当している生徒の中に、中学生の男の子2人組がいます。もう担当して一月ほど経ちます。だんだんなれてくる時期にさしかかりました。
 そうすると、この年頃の子は性別の異同にかかわらず、なぜか年齢の話をしたがります。
 「先生いくつ~?」
 と、聞かれるのですが、塾の内規によりなぜか明かしてはならないことになっているので
 「あんたらの倍はないわ」
 と答えました。
 すると、

 それはありえんっ!(どきっぱり)

 と言われてしまいました。
 どっから出てくんねん、その自信…
 あんたらを「×2」したら30歳になってまうがな…
 
 私、自慢ではありませんが、顔丸いし、童顔だし、そんなに背も高くないし、とにかく年下に見られることはあっても上に見られることはあんまりなかったのです。まぁ、典型的なやんちゃくれ男子が2人そろっているのですし、一般的に自分より上の外見年齢はよく分からないものですからいいんですけどね。
 でもそうきっぱり言われるとね。
 自分のスキンケアとかね。
 いろいろ、みなおし、はじめたりとか、しなきゃいけないかな(動揺)。


2006-10-24(Tue) 22:48| 日常| トラックバック 0| コメント 0

続いてますが、小話で。

 一つ一つを膨らますには難しい話題が多いので、ちょっとずつ。

1、そんなにあげるつもりは…
 今の塾に勤めはじめて最初の定期テスト期間です。早速その中の一人が、「…30点上がった」と言ってテストを持ってきました。
 は、はぁ! 30点!?
 そんなにあがったら、5段階評価でも2つぐらい上がりますよ!
 っていうか、私の公法(短答)もそんくらい上げてくれ!
 「学校の先生にもなんかほめられたでしょう、それだけ上がったら」と聞いたら、「…別に」。嗚呼、なんてほめ育児のなっていない中学校なんだ…

2、あの国
 北朝鮮の戦略について、テレビであるコメンテーターが言っていました。北朝鮮は、韓国を手に入れるためにまず日本を焦土にする、と。
 すなわち、日本を焦土にすれば、その復興には数十年の歳月がかかる。そうすれば、アメリカは日本の復興に手一杯になり、北朝鮮が南進しても見捨てざるを得なくなり、その結果、朝鮮半島はすべて北朝鮮のものになる、と。
 でも、この読みには「日本を焦土にしたら、アメリカ等の反撃によって北朝鮮も焦土になる」という前提が欠けとるがな、と思うのです。そんな数十年も北の横暴を世界がほったらかしにするはずがないと。さすが、自分しか見えていない国は考えることが違うなぁと思ったのです。
 ところが、コメンテーターによると、この読みはペンタゴンによるものであるとのこと。ってことは、アメリカは日本が焦土になっても北朝鮮を焦土にするつもりがないってことですか!?

3、結婚できない女
 先日、司法試験に合格した知り合い乃至友人が結婚するとかしたとかいう話を複数聞きました。幸せは、幸せな人めがけて集まるものなのだなぁ、と思いました。
 別の合格者から聞いた話なのですが、女性がフリーで新司法試験で合格した場合、結婚に不利っぽいのです。なぜなら、司法修習所で合同で勉強する時間が極端に短縮されてしまったのでまず「出会い」の場がありません。しかも、男性ならまだ合コンという手があるらしいのですが、ハイスペックの女性にはそんなお誘いもあまりないため、本当に自分で探さないといけません。
 そうすると、自分でガンガン出会いの場を求められる性格以外の人は「・・・」ということになってしまうらしいです。
 さて、現在そうなりそうな人のいない私の場合、これから8ヶ月ほどの受験生活でもきっと出会いはなく、万が一合格しても出会えず、さて、どうするのでしょう。どうするのでしょう(泣)。


2006-10-18(Wed) 22:18| コバナシ| トラックバック 0| コメント 6

どこから手をつけていいのかわからない

 先日、複数の情報媒体で、「最近の運動会はおかしい」というニュースを見ました。おかしい点は大きく分けて次の三つらしいです。
 1)子どもの運動能力がおかしい
 2)子どもの運動会に対するやる気がおかしい
 3)親がおかしい

※以下、ちょっと長いので興味のある方だけどうぞ。

...read more

2006-10-16(Mon) 16:11| 駄文| トラックバック 0| コメント 2

ひっこしました。

 このほど、ブログをお引越ししました~。万が一、「お気に入り」などに登録なさってくれていた方がいらっしゃいましたら、こちらに変更をお願いします。こちらにはじめていらっしゃった方ははじめまして。もし気に入られましたら、「お気に入り」に入れてください(あつかましい)。
 このデザインは、従来の「にぶんのいち」の雰囲気の一番近いものとして選びました。しっかし、文字の小さいデザインの多いこと。これも必死で選びましたがまだちいさーい! 別のレンタルブログを探せよ、という話でもあるのですが、面倒なのでもうこれで行きます。

 と、いうわけで、今後も変わらぬご愛顧よろしくお願いいたします。

 前のブログのURLは、リンク欄に載せておきました。これもやっぱり米粒みたいに小さくて、「どこにあんねんっ(怒)」という感じではありますが…


2006-10-15(Sun) 10:14| お知らせ| トラックバック 0| コメント 1

小話リターンズ

毎度のことながら、書くことがなくなってきたので、細かく区切って。

1、しんどい
 じつは、ゼミのガイダンス(一つ下の記事参照)から、喉痛→発熱→吐き気+めまいという経過をたどってまだまだ寝込んでいます。
 吐き気があまりにも長いので、今日やっとお医者さんへ行ったら、診断結果は、「肩こり等によるめまいに起因する吐き気」だそうです。
 原因が肩こりだとすると、生まれたときからこっていた私の場合、治る気がさっぱりしないのですが…

2、行くんじゃなかった
 そんな体調の中ではありますが、日程的に昨日しかなかったので論文答練を受けてきました。
 まずびっくりしたのが、広い教室の中2名だったこと。臨場感も緊張感もあったもんではありません。
1人だったらカンニングとかできたのに。
 とっ、とにかく、そんな体調で4時間も固まってたらたまったものではありません。健康なときだって頭痛くなったり吐き気したりするんですから。おそらく、後半は勝負にならないだろうと一応予想し、まず難敵であろう行政法から解きはじめました。最初の方はなかなか快調だったんです。ベタに最近の重要判例がベースの出題だったし。
 ところが、行政法の後半から早くも雲行きが怪しくなり、あとで解いた憲法なんかグダグダでした… 
 これをネタに…ゼミするんすよね… もういっぺん書き直したい~! 絶対ボコボコにされる~!

3、あの国
 実は明日、東京に住んでいる弟が帰ってきます。
 そのことで、昨日から母が心配しまくっているのです。理由は「あの国」。
 北朝鮮に対する制裁が発動するのが、早ければ明日といわれています。そして、北朝鮮の対日担当大臣は「それなりの報復を」と言っているので、明日、弟が大阪へ向かう新幹線を攻撃されたりはしないか、そもそも出発前にミサイルが飛んでこないかを真剣に心配しているのです。
 最初私は「まっさかぁ~」と思っていたのですが、最近の北朝鮮は「まっさかぁ~」と思うことを平気でやってくるので、あながちありえない話でもないな、と思っています。

 あかん、書いてたらほんまに心配になってきた。はよ帰ってこ~い!

4、あまり買いたくない
 10月は六法の買い替えシーズンです。私は、1年間で相当汚くしてしまう方なので、この時期が毎年楽しみでした。もちろん、今まで買いかえなかった年はないです。
 でも、今年はあまり大規模改正もないし、新司法試験用六法もあるし、もういいか… と思っていたのですが! 気がついてしまいました。「法の適用に関する通則法」だよ、全面改正してるよ!
 そんなに高いものでもないし、コンパクト六法の表紙が青だし(私は青好き)、買いかえるか…?


2006-10-13(Fri) 18:17| コバナシ| トラックバック 0| コメント 0

ブルと呼ばれても

おととい、近所でセアカゴケグモを初めて見ました。ああ、ここは堺市なんだなぁ、と感じました。出先でしたので殺虫剤を持っておらず、駆除するにはいたりませんでしたが。

 さて、それとは全然関係ないのですが、先日某予備校のゼミ型講座のガイダンスに行ってきました。最低催行人数5名、最大12名までという、人数要件のかなりシビアな講座です。でも、夏の同じような講座は「本当に開講されていたんだろうか」と今更ながら心配してしまうほど人数がいなかったので、「最低催行人数に達するのか」を心配しながら行きました。
 ところが部屋をあけてびっくり、絶対10名は超えてるぞ、という人々が! やばい、上限超えそう。事務からは「本日の参加者人数を見て、選考するか否かを決める」と言われました。「今後、受講希望者がどんどん増えてきたら?」と尋ねると、「一応、受講希望者は必ずガイダンス受講するように通知してますので」とのこと。いやいや、そんな話は聞いたことないぞ。うっかりガイダンスサボったらえらいことになるところだった…
 
 そして、ガイダンスの最初の1時間で答案構成。科目は事前に知らされていなかったものの、まぁこういうときは憲・民・刑のどれかだろう、と思っていたのです。
 そしたら、まずガッツリ答案用紙を渡されて、しっかり答案を作成しなければならないこと判明。その上、問題を見てみると、まず「株式会社Xが…」との文から「は!商法!?」 無理です。今商法を聞かれても、正直ハチの巣です。
 ドキドキしながら読み進めると、どうも売買契約の話。ああ、結局民法に落ち着くのかと思ったら、全部読んで判明したのは、旧司法試験平成18年度民事訴訟法第2問だった!
 いやぁ、民訴は私のスケジュール的にまだまだ復習の手が伸びていない分野なんですけど… っていうか、ガイダンスで民訴ですか。そうですか。

 気分的には「憲法の答案構成をするつもり」で行ったのに、結果として「民訴の旧試験問題の答案を作成」してしまったわけで、かなり冷や水をぶっかけられました。でも、なんとなくある程度形になってる答案にびっくり。ああ、もう初学者じゃないな、私。
 
 と、いう感じでなんかしっぽり疲れてしまいました。
 ちなみに、私が数えたところでは1、最終的に15名以上参加していたのですが、調査票による選考の結果、10名程度に減らされたようです。私はめでたく(?)受講できることになりました。
 天文学的金額がかかりますが、ブル(=ブルジョワ)のそしりを受けても私はこの講座と心中します。だって、もともと未修入学予定者だったのだから、3年目の学費と思えば…まだ安い…かも。

 もと取るぞーっ!


2006-10-09(Mon) 18:16| 勉強| トラックバック 0| コメント 0

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。