プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

「彼」と「彼女」の話

 ある駅のロータリーでの話である。

 その駅では、数年前から「ビッグイシュー」を路上販売している人がいた。「ビッグイシュー」とは、英国発祥の雑誌で、路上生活者がそれを販売することにより、生活の資を得るのである。
 「彼」が路上に立ち始めたころは、雑誌を掲げて黙って道行く人を眺めているだけだった。やはり、その様子はどうしても奇異で近づきがたかったので、私は興味はあったものの、なかなか200円を携えて彼の前に行くことができなかった。

 しかし、最初はそんな様子だった彼も、しばらくすると「ビッグイシュー最新号です。いかがですか。」と声をかけてくれるようになった。人々が足早に通り過ぎる駅前で、立ち止まって購入するのも勇気が要ったが、私は一度だけ、買ったことがある。
 ところがそうしてようやく買えた雑誌の内容は、残念なことに、英国発祥の影響からか海外の芸能ネタが多く、私のストライクゾーンから思いっきり外れていた。
 その後もがんばって声をかけている「彼」を見るたびに「また買おうかな」と思う。しかし、内容に興味のない雑誌を無理に買うということは、募金をしているのと同じことだと思った。それは「彼」にとっても、雑誌のコンセプトに対しても失礼なことであると思い、「今日も元気やな」と見守るだけだった。

 一方、そんな「彼」の隣には、しばしば「カンパお願いします」と書かれた箱を持った人がいた。初老にさしかかっているだろう「彼女」の様子から、やはり路上生活者であることが伺えた。「彼女」はずっと下を向いて身動きせず、ただ、その箱を持っていた。
 私はそんな対照的な2人を見て、最低限の経済活動でお金を得ようよしている人の横で募金を募っても、集まるはずないのに、といつも思っていた。
 そんな「彼女」の横で、「彼」の身なりはどんどん良くなっていった。最近、私は「そろそろ次のステップへ行けるんじゃないか」と「彼」を見ながら思っていた。

 そして、先日。
 ロータリーにはもう「彼」はいなくなっていた。代わりに「彼女」がビッグイシューを売っていた。
 まだ「彼」が売り始めたころのように近づきがたい雰囲気を全面に漂わせていたが、今後、同じように「彼女」の生活が向上していくことを願ってやまない。


※リズムを出すために、今日は常体で書いてみました~。

スポンサーサイト

2007-01-25(Thu) 09:23| 日常| トラックバック 0| コメント 1

快適☆田舎自習室

 最近、「時間貸」をしてくれる自習室が近所にあることを発見したのでちょくちょく通っています。
 15000円/月とかなら貸してくれる所はあったのですが、なかなか1日だけというところがなかったので、重宝しています。なんと、午後5時までで500円! 好きなだけ借りても800円という破格です。一応月極もやってはりますが、どう考えても個別に借りている方が安い気がして仕方ありません。
 しかも、ホットドリンク飲み放題です。緑茶・コーヒー・紅茶はもちろんのこと、私がはまっているのは昆布茶! 普通の昆布茶と梅昆布茶がポーションで置いてあります。ちょっと塩っ辛いので飲みすぎると危険な気がしますが、おいしくてついつい… 絶対管理人のおっちゃんの趣味だと思います。私が飲みまくって減っているのにびっくりしてはることでしょう。

 センター試験前っぽい子がたまに利用していたりはしますが、基本的に私と連れの2名以外に客がいない様子。激しい静謐が保たれているのでめっちゃ居心地がいいです。たまに静謐が保たれすぎて、刻限の5時になっても管理人さんすらおらず、だまって勝手に延長したり
 と、とにかく、「勉強を教えない寺子屋」みたいな雰囲気でいい感じです。ただ、暖房の威力が弱くて毎回カイロとひざ掛け持参でもまだ寒いのがネック。


2007-01-23(Tue) 10:08| 日常| トラックバック 0| コメント 2

日本の国語教育に一言

 ここ、大阪府ではまもなく高校受験が始まります。まずは2月頭に行われる私立高校受験から。それに向けて「国語を何とかして~」と塾へ駆け込んでくる生徒の多いこと!
 
 そこで、大多数の生徒が最後の最後で気になるのは、やはり文法のようです。こんな間際になって、「文法教えてください」と新たに契約する生徒もちらほらいるくらい。
 しかし、赤本を含む受験対策問題集にちらっと出てくる文法の問題は、できるお子さんから国語が苦手なお子さんまでころっと点を取られます。仕方がないので解説をするのですが、ほんっとーに今まで文法の何を教えてもらっていたのかとびっくりさせられます。こればかりは成績の優劣に関係ありません。例外なしです。

 文法教育のセオリーは
1、「文」の概念を教える→「文切り」ができるようになる
2、「文節」の概念を教える→「文節切り」ができるようになる
3、「単語」の概念を教える→「単語切り」ができるようになる
4、文節間の関係(「主述」「修飾被修飾」「補助」「並列」)を教える
5、品詞(分類も)を覚える
6、用言の活用をマスターする→活用の種類(動詞のみ)、活用形
7、自立語について、だいたい品詞分類ができるようになる
8、助詞・助動詞の用法をマスターする
9、敬語をマスターする

と、大雑把にこんな感じの手順です。
 文法完全マスターへの道のりにおいて、山場となるのは6でしょうかねぇ。これをモノにするのは相当な時間と努力が必要です。
 しかし、ほぼ例外なくで止まっています。今まで「体言」「用言」の意味をすらっと言えた子にめぐり合ったことがありません。「品詞を答えよ」ちゅーてるのに、「連用形」と答えてみたり、「主語を答えよ」っちゅーてるのに「・・・『そして』?」と答えてみたり。

 普通、国語が好きな子でも、たいてい文法は苦手なものです。私もその中の一人でした。しかし、「最近の中学校は文法を教えていないのか!?」と疑いたくなるほど全然できていません。用言の活用ぐらいなら、誰でも躓くところなので塾でも何とかしましょう。でも、「主語・述語」もわからないような中学3年生を大量生産されると…ねぇ。

 しかももっと腹立たしいのは、文法なんて実際の入試ではあっても数点分なのに、なぜかどこの学校の実力テストでも大問ひとつ分くらい出てくるらしいのです。学校の成績を上げるためには勉強せざるを得ないのですが、いかんせん上記行程の3から9までを全部マスターする時間と努力を考えると、「英単語覚えろ」っていう話です。
 と、いうわけで、学校には「出すなら教えろ、教えないなら出すな」と言いたいですね。

 だって、ぶっちゃけ敬語と主語述語の関係以外は、生きていくのにまったく必要ない知識だし。


2007-01-18(Thu) 14:38| 駄文| トラックバック 0| コメント 5

いいこともいやなこともない幸せ

 最近、ここを放置してるっぽいのは起伏の全くない日常を過ごしているからです。予備校が一段落し、外に出ることもめっきりなくなってしまったので人間としてかなり危ないのですが。

 今日なんか、とても久しぶりに外へ出る用事があったのですが、行き先は「病院」。いえ、私自身は比較的健康なんですよ。年末に「胃が痛い」騒動とかありましたけど、医者を消化器内科に変えたところ小康状態ですしs。でも、まぁ、いろいろあるんですよ。大きな病院に定期的に通わなければならない身なんです。
 で、「外へ出られる~♪」とうきうき出かけたところ、まずめったに止まらない地下鉄が車両故障でダイヤ大混乱。そんなに朝早くなかったのにホームから乗客があふれそうだった…
 やっと乗れたと思ったら、あっという間にすし詰め。ここで大変なことに気がつきます。マスク忘れた! これから行くの、あらゆる診療科がある大病院やで! マスク忘れたらノロわれるわ!
 でも、仕方ないのでそのまま病院まで行ってしまいました。予約時間っつーもんがありますから。なるべく息をしないようにしつつ(マジ)わりと短時間で診察が終了してよかった☆
 これで無事家に帰れると安心していたら、会計待ちをしているときに後ろのいすに座っている老夫婦が
妻「もう何も食べる気せえへんなぁ、しんどくて」
夫「う~」
妻「あめちゃんも無理やろ」
夫「ん~」

 非常にしんどそうでした。
 でも、本当に悪いのだけど、今そういう重篤な風邪を引くわけにはいかないため、そそくさとその場を離れてしまった私でした。

 こんな感じで、特にいやなこともなく、特にいいこともなく暮らしています。
 これはこれで幸せなのか?
 私、ひとりになるとガンガンサボる方向へ転がっていくで?
 なんか、こう嫌な成績の一つも見せられた方が…
 ロー生が期末試験受けてる間に自分もがんばっとかなあかんのとちがうんか?


2007-01-11(Thu) 23:49| 日常| トラックバック 0| コメント 1

春から変事続き

 大阪府では、地域で何らかの事件(ひったくりとか、火事とか、殺人とか)が起こったときに、現場の住所と事件の概要と不振人物の特徴を教えてくれる「安まちメール」サービスがあります。昨年末にひょんなことからこのサービスを利用しています。
 すると、三が日があけたばかりの4日に、立て続けに「安まちメール」が来ました。うちの市のごく狭い範囲で、年齢・背格好がほとんど同じ男による露出狂事件。いずれも公園で遊んでいた児童に向かって…こう…ね、実行行為に及んだようです。春からなかなかいかれた話です。
 時々刻々とメールが入るので、犯人がどこからどこに逃げているのか一目瞭然でした。だんだん我が家に近づいてきているのがめっちゃ気になりましたが、なかなかいいサービスだと思います。
 思えば3年前の夏、私がひったくりに遭った日も、同日近所で同じような事件があったとのこと。あのときにこのサービスがあれば…。

 そして昨日は、「気合入れて勉強するぞ!」と今年「初☆市大(の図書館)」と意気込んで、朝8時過ぎに家を出ました。
 ところが…J○阪○線がやってくれました。私が乗る予定の電車が、私の乗車駅のはるか後方で車両故障のため運転休止。
 そもそも運転休止ですからその電車は当然来ません。そして後続の電車もその影響で10分弱ずつ遅れてます。タダでさえ10分以上間隔のあいているダイヤなのに、次の電車はそこからさらに10分遅れてくるのですからとんでもないことです。
 結局、待合室のないふきっさらしのホームで20分近く電車を待つハメになりました。勘弁してください。


2007-01-06(Sat) 11:24| 日常| トラックバック 0| コメント 0

あけました

 みなさま、新年明けましておめでとうございます。
 何もしないことに不安を感じて、短答の勉強で幕を開けてしまった2007年です。っていうか、最近の年末年始特番は、退屈なのが多すぎ。面白くもないのにボーっとテレビの前に座ってると、あやしうこそ焦燥感がつのってくるってもんです。わが生徒らも、ちゃんと勉強しててくれるといいのですが。
 昨年の年末はクリスマスを過ぎたあたりから気力が抜けてしまって、毎日ボーっとしていたのに、ほとんど年賀状を書かずに年越ししてしまいました。おかげさまで、今年の年賀状受領数は記録的に少ないです。

 さてさて、そんなこんなで明けた2007年、今年もよろしくお願いいたします。「この業界」に足をつっこむときに自分と約束した「受験生を続けるのは25歳まで」の年限の年であります。(受験日はギリギリ25歳) この殺伐とした生活ときれいさっぱりおさらばするため、自分との約束を果たすため、気持ちを新たにがんばってまいります!


2007-01-02(Tue) 18:29| 日常| トラックバック 0| コメント 3

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。