プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

日本の国語教育に一言

 ここ、大阪府ではまもなく高校受験が始まります。まずは2月頭に行われる私立高校受験から。それに向けて「国語を何とかして~」と塾へ駆け込んでくる生徒の多いこと!
 
 そこで、大多数の生徒が最後の最後で気になるのは、やはり文法のようです。こんな間際になって、「文法教えてください」と新たに契約する生徒もちらほらいるくらい。
 しかし、赤本を含む受験対策問題集にちらっと出てくる文法の問題は、できるお子さんから国語が苦手なお子さんまでころっと点を取られます。仕方がないので解説をするのですが、ほんっとーに今まで文法の何を教えてもらっていたのかとびっくりさせられます。こればかりは成績の優劣に関係ありません。例外なしです。

 文法教育のセオリーは
1、「文」の概念を教える→「文切り」ができるようになる
2、「文節」の概念を教える→「文節切り」ができるようになる
3、「単語」の概念を教える→「単語切り」ができるようになる
4、文節間の関係(「主述」「修飾被修飾」「補助」「並列」)を教える
5、品詞(分類も)を覚える
6、用言の活用をマスターする→活用の種類(動詞のみ)、活用形
7、自立語について、だいたい品詞分類ができるようになる
8、助詞・助動詞の用法をマスターする
9、敬語をマスターする

と、大雑把にこんな感じの手順です。
 文法完全マスターへの道のりにおいて、山場となるのは6でしょうかねぇ。これをモノにするのは相当な時間と努力が必要です。
 しかし、ほぼ例外なくで止まっています。今まで「体言」「用言」の意味をすらっと言えた子にめぐり合ったことがありません。「品詞を答えよ」ちゅーてるのに、「連用形」と答えてみたり、「主語を答えよ」っちゅーてるのに「・・・『そして』?」と答えてみたり。

 普通、国語が好きな子でも、たいてい文法は苦手なものです。私もその中の一人でした。しかし、「最近の中学校は文法を教えていないのか!?」と疑いたくなるほど全然できていません。用言の活用ぐらいなら、誰でも躓くところなので塾でも何とかしましょう。でも、「主語・述語」もわからないような中学3年生を大量生産されると…ねぇ。

 しかももっと腹立たしいのは、文法なんて実際の入試ではあっても数点分なのに、なぜかどこの学校の実力テストでも大問ひとつ分くらい出てくるらしいのです。学校の成績を上げるためには勉強せざるを得ないのですが、いかんせん上記行程の3から9までを全部マスターする時間と努力を考えると、「英単語覚えろ」っていう話です。
 と、いうわけで、学校には「出すなら教えろ、教えないなら出すな」と言いたいですね。

 だって、ぶっちゃけ敬語と主語述語の関係以外は、生きていくのにまったく必要ない知識だし。

スポンサーサイト

2007-01-18(Thu) 14:38| 駄文| トラックバック 0| コメント 5

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。