プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

5つのつぶやきと一つのネタ

1、行けそうにありません
 実は、今週末から母校で実力テストがあります。無料です。卒業以来、初めてお世話になります。とってもありがたいお話なのですが、国公立大学前期入試ともろにかぶっており、ホテルがとれませんでした。ゆえに、7時発の電車に乗ること3日間です。
 さらに、右手の回復が思わしくなく、先日某予備校答練(公法)を解いてみたところ、第1問で右手がギブアップでした。
 と、いうわけで、週末試験会場に私がいなかったら「ああ、右手ね」と思ってください。


2、某予備校答練
 自称「永遠の初学者」の私でも、あの解説はひどいってことくらいわかるわ… これって司法試験委員会の偉大さを称えるべきなのかなんなのか。
 あ、ひとりごとです。


3、せいせいしてる!?・2
 今日、1月分のお給料をいただきました。
 今年度末で辞めます宣言をしたからか、今回から査定表がなくなりました。もう、完全に追い出しモードです。
 授業終わったあとも生徒に捕まるいい先生のつもりなんですけどね…


4、先生、頑張ってください
 国際私法が変わって相当たちます。改訂版の教科書もぼちぼち出てきています。でも、ただでさえ少なかった演習書が、やっぱり、というかなんというか出版されません。受験人口が相変わらず低いからでしょうか!? 
 っていうか出版されてるんですか? ご存知の方がいたら、どなたか教えてください。


5、確定申告はお早めに
 生まれて初めて確定申告なるものに行ってきました。
 私の税金に対する知識は中学生並みなので、職場からもらった源泉徴収票を握り締めて、受けつけのおばちゃんに「はいっ!」と渡すだけでした。そのあと、2種類ほどの書類に住所などを書かされましたが、源泉徴収票を渡してから控をもらうまでの間に何が起きているのか、さっぱりわかりませんでした。まずいな~。
 わかったことは、なんかたくさんお金がもらえそう、ってことでした☆


ネタ:おっとこまえ

masahiro


 お豆腐です、一応。
 名前が私の重要関係者と同じだったので、おもわず写メで即撮りでした。あ、もちろんお買い上げ後ですよ。
 わかる方にはわかるかなぁ、「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」の兄弟版です。いつか訪問してみたい、実録男前豆腐店(in京都)。

スポンサーサイト

2007-02-21(Wed) 22:36| コバナシ| トラックバック 0| コメント 0

プール

 右手が本当に治らないので、ついに3本目の注射を打ってきました。もう、あれですね、3回目にもなると慣れますね、痛みとか。はぁ~、これで治らんかったら腱鞘切開手術だそうです。どうしても切りたいようです。そうはいくかっちゅーねん。
 でも、月末から始まる予備校答練には間に合いそうにないんだなぁ。まいったなぁ。

 こんなことになったのも、昨日プールに行ってきたからなんですよ。
 フィットネスクラブのプールの更衣室って、軽く老人ホームっぽいところがあって、おばちゃん~おばあちゃんクラスの方が多めです。そこで、私が洗面台で化粧を落としていると、おばちゃんたちが
 「…もうすぐ死にそうやねんけどな~」
 「そうかぁ」
 「んん、ボケる前に亡くなったら本人もうちも楽やろな~」
 「でも、生きてるうちだけやで、孝行できんのも。」
 「そやな~、生きてるのが一番やな~」

 …なんてシュールな会話なんだ!
 そういえば、以前お医者さんの待合室でも延々と「○○はまだボケてへん」とか「△△さんはもうすぐなくなりそう」とか1時間近く会話していたなぁ、と思い出しながら泳いできました。

 で、しっかり手のひらを悪化させた、と。

 そしてお風呂上りに着替えていると、私のロッカーの周りで着替えをしていたおばちゃんが、
 「あんた、にしんいるか?」 
 「いやいや、にしんはくせあるやろ、ええわ」
 「ほんならホタテは?」
 「ああ、ほんならそれもろとこか」
という会話がひととおりくりひろげられたあと、
 「ねえちゃん、ちょっとごめんな」
と私が邪魔だったようなので、思わず
 「…ホタテをいただけるなら☆」
と言いそうになりました。言いませんでしたけど。

 そういえば、去年の年末に「今年の私の一年を表す漢字は『痛』だ」って言いませんでしたっけ? 年越し手2ヶ月経とうというのにまだまだ痛いんですけど。


2007-02-16(Fri) 23:33| 日常| トラックバック 0| コメント 0

衝撃的な小話

1、せいせいしてる!?
 先日、出勤したら「…来年度の曜日は…」と、保護者面談している様子。ああ、もう来年の話をしているんなら、私が辞めることを早く伝えなくては。
 正直、今もっている子に愛着たっぷりで、できれば試験後も面倒見させていただきたかったのです。でも今の3年生が受かってもーたら、次の子(現2年生)の入試までは絶対付き合えないし、中途半端になるだろうから辞めたほうがええやろな~、と。最近だいぶ負担に思うようになってきたし。
 なんて言われるやろ、忙しい塾やから困るやろな。
 今もってる2年生の子はどうなるやろ。
 なんていろいろ考えていても仕方がないので思い切って言ってみました。
 「あの、この春で辞めさせていただきたいのですが…」
 「契約更新なし、ということですね」
 「はい、すみません」
 「わっかりました~、了解です!(元気一杯)」

 …なんかいやだ…


2、少なくない?
 平成19年度新司法試験出願者数約5400名。
 あれ、なんか思ってたより少ないんですけど、1000名ほど(でか!)。
 しかも、某予備校の講座案内パンフレットの冒頭には、
 「平成19年度受験者数(予想) 6600名」
 こら。華麗に外しすぎやろ。

3、最終章(にしてほしい)
 やっぱり、腱鞘炎への対症療法的消炎薬注射だけでガングリオン自体が小さくなるはずもなく、クリクリ痛いので、自ら「抜いてくださいっ!」と言いに行ってきました。
 そしたら、「これ、小さいからガングリオンちゃうで」とのたまい始め、「じゃあなんなんでしょう?」と聞くと、「う~ん、神経のおできとか? いずれにせよ、切らなわからへん」とのこと。どんだけ切るの好きやねん!
 そして続けて「針刺して水が出てきたことあるんか?」と聞かれたので、「(1年前、あんたのとこで抜いたんだよっ)はい、そりゃあもう、右足の裏とか、左手とか、全部出てきました!」と答えると、
「じゃあガングリオンだ。抜こか。」
「別の場所からも水が出てきた→今回の場所からも出てくる→『じゃあガングリオンだ』」…って、どういう論理則で生きとんねん~!

 すると、採血用のぶっとい針(ピストンなし)が出てきて、「いくでー」という掛け声と共に「ぶす(アゲイン)」。
 刺した瞬間に思い出したんだけど、今まで麻酔なしで穿突術したことなかった~~! 麻酔なしかよ! しかも、ちっさすぎてどこにあるかわからないものだから、掌の中で針がぐりぐりぐりぐりぐり… ええ、文字通り手の中で踊ってましたよ、針が。

 阿鼻叫喚の末、一応つぶせたようですが、術後の痛さも出血量も先週の比ではありません。答練が始まるまでに使えるようになるかな~、右手(致命的)。


2007-02-10(Sat) 14:05| コバナシ| トラックバック 0| コメント 2

適当☆田舎自習室

 だんだんシリーズ化しそうな様相を呈してきました、自習室ネタです。だってツッコミどころがいっぱいあるねんもん。

 頑固にもいまだに月極契約はしていません! 午後5時まで500円(税込み)なので、週2で通い、毎回時間払いで利用させていただいています。
 でも、正直「午後5時」って中途半端。ここは「午後5時まで」が「午前中枠」の500円、それ以上借りると「終日枠」となり、800円に上がってしまうのです。毎日の勉強中、一番集中力が乗っている時間帯に帰らなければならないのはかなり後ろ髪が引かれる感じです。だから、おっちゃんがいないのをいいことに自主延長
 しかし、そうこうしているうちに先日、管理人のおっちゃんが「1時間や2時間くらい、もうええで。」と言ってくれたのです。おお、田舎人情に感動!

 じゃあ、次回からお言葉に甘えて…という空気になり、さらに昨日のことでした。私はバイトのため早々に切り上げなければならなかったのですが、昼過ぎにおっちゃんがやってきて「7時くらいまでおってくれへんかなぁ。ちょっとあけなあかんねん」と言われました。とうとう店番を依頼されてしまいました。利害一致です!
 なぜその日貸しのわれわれ(友人と2人です)にそんな大事なことを!? 確かに、行く度に月極貸しのスペースは増えているのに、人がいるのをあまり見た事がないからでしょうけども。いまどき、友人2人連れで借りる若者だったらやかましいと思われがちなところ、2人そろって黙々とまじめに勉強しているあたりがおっちゃんのハートをわしづかみにしたんでしょう!(?)

 と、いうわけで、「5時まで料金」で7時までいることに成功してしまいました。合格の暁には何か御礼をしなければ。


2007-02-07(Wed) 09:04| 勉強| トラックバック 0| コメント 2

手術はしない! 

ドコモダケ


 結局切らなかった優羅です。
 診察室に入り、「あの、またガングリオンだと思うんですけど…」と右手を見せたら、
「ああ、ここね、ここやろ。」と言いながら患部をグイグイ押され、「いたいですぅっ!」
と悲鳴を上げたら
「あ、これね、腱鞘炎。注射。」
この段階ですでに注射を用意してにこやかに傍らに立つ看護婦さん。

「少しで終わるからね~」

 ぶす。

「ひいっっっ!
と叫んでもだえてるうちに
「ハイ、終わり」
 はぁ、そうですか…

 先生いわく、「これで痛みが引かなかったら次もまた注射するか、手術だな。」だそうです。結局ガングリオンなんじゃないのよさ。そして、「あのねー、ガングリオンはねー自分でつぶして欲しいねんなー」と言われました。確か、別の整形外科でも「患部の上に10円玉を乗せて金づちでたたく療法」を薦められましたが、

 ムリだ!! (断言)
 それって、ガングリオンとはまた別の、こう、なんつーか、もっと重篤な症状が出てきそうじゃないですか、骨折とか。
 しかも、手の指ってデリケートだし、痛いんですよ。ほら、ハチクロのはぐちゃんも、同じところをケガしてえらいことになってるし(知らんがな)。

 で、家に帰ってからネットで「ガングリオン 手術」で検索をかけると、命にかかわるものではないわりに難しい手術らしく、しかもやったからといって必ずしも完治するものではないらしいです。手首にガングリオンをこしらえた方の体験談を読んでいると、局所麻酔は手の先から肘までを完全に停止させ、血が流れないようにした上で切開。通常15分くらいと言われていますが、どうもそんなもんじゃ終わらないようです。しかも、手首の曲げ伸ばしが若干不自由になることもしばしばだとか。
 中にはご丁寧に写真つきで手術方法を紹介しているサイトがあり、あまりのグロさに「絶対手術せえへん!」と心に固く誓ったのでした。だって、利き手の薬指ですよ? 動かなくなったら試験どーすんですか、私?

...read more

2007-02-04(Sun) 16:12| 日常| トラックバック 0| コメント 2

年に1回ですかぁ

 もうこのブログではおなじみとなりました、ガングリオンが発生いたしました。今度は利き手です!
 
 一昨年、昨年と、右足の裏・左手中指の付け根にできては注射をうって治してきました。いずれも普通は絶対に刺突しないところなので、激痛です。刺したあとには絞りますからマジでへこみます。
 しかも、私はガングリオン常習犯なので、今度また行きつけの整形へ行ったら十中八九「切ろう! もう、切ろう!」とにっこり笑って言われた後、ちょっとした手術モードに入ること間違いなしです。
 でも、治療が怖いからとほっていると絶対に悪化することも経験則上熟知してます。そして、今月末から嵐のような答練が待っているから、利き手が使えないのは致命的だぁ。

 と、いうわけで明日行ってきます! 切ってきます!
 最近ただでさえご無沙汰なこのブログがさらにご無沙汰になったら、痛がっている私を想像してください。



※ガングリオン初心者の方へ
 ガングリオンとは、手やら足の腱の節に水がたまってできるできものです。それ自体は痛くありませんが、そばに神経が走っていることが多いので、それにこすれると腱鞘炎になったりします。
 大学院に入ってからは、ほぼ年1回のペースで注射で水を抜いています。そのため、このブログでもたびたび紹介することに…
 人によってなりやすい体質というのがあるらしく、私の場合、今回が5、6回目です。
 右手薬指→右手の甲→左手中指→右足薬指→左手中指→右手薬指かな、覚えている範囲では。
 本当は、切開して切ってしまうと完治するらしいのですが、その治療法のあまりの恐ろしさに、今までは注射で中の水を抜き、薬を注入して腱鞘炎を抑えてお茶を濁してきました。


2007-02-02(Fri) 21:13| 日常| トラックバック 0| コメント 3

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。