プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

一夜限りの

 閉鎖って言ったのに、なんで1日80人も来るんですか!?
 どこにリンク残してたんだろう? ・・・ま、いいや。

 昨日、鬼のような第二回新司法試験を終えました。昨年は、行程が進むにしたがってナチュラルハイになり、精神的には楽になっていったものですが、今年は最後まで凄かった…
 試験開始4日前にめまいに襲われ、
 試験開始3日前に軽い難聴と言われ、
 試験開始2日前から現在に至るまで頭痛と腹痛で薬漬け☆
 去年、どんだけなめてかかっていたかを思い知らされました。

 今ばかりはこれを復活させたい気持ちなので、各教科一言ずつ振り返っていきましょう。

1日目~短答式試験~
 民事法:すでにムリ
 公法:憲法がダメ
 刑事法:これ、得点源の予定だったんですけど!?

2日目~論文1日目~
 国際私法:法学教室よ、ありがとう! でも、もはやインコタームズすら消えてますけど、国際取引法。
 憲法:新司法試験で求められていることは、多くの論点を拾うことよりも要点を見つけてそこをじっくり突くことだ、と信じる。
 行政法:命綱は「弁護士B」 今回、一番どうしたらいいかわかれへんかった

3日目~論文2日目~
 商法:「賭け」に負けて、開始直前まで民訴の論パを読んでたよ…
 大大問:瑕疵担保責任に振り回される 設問3で挽回を図るも、大大問全体から考えると2割にしかならないことに凹む。

4日目~論文3日目~
 刑法:いろんな意味で、あの小問はナシやろ
 刑訴法:最後30分は右手(ガングリオン負傷痕)、腰、腹、頭の痛みとの戦い。顕著に「法律論<あてはめ」だった気がする。 


 ・・・つまり、国際私法しか得点源がない、というかなり寒い展開です。
 ただ、未修出身者に配慮された問題だったのかなぁ、と思いました。それがすなわち「簡単だった」を意味しないのが司法試験クオリティですが。
 昨年の民事法のトラウマから、まじめに消費者契約法とか割賦販売法とか見てたり、憲法で「自由とは何か」と考えてみたりしていた状況から考えると、だいぶ「人間業で何とかなりそうな試験」に落ち着いてきたように思います。

 それだけに、短答に受かっているかどうかは本当に重要です。もう去年のようなことにはなりたくないのですが、なりそうな気がして夜も眠れません。

 と、いうわけで、一夜限りの復活祭でした。

スポンサーサイト

2007-05-20(Sun) 21:48| 日常| トラックバック 0| コメント 5

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。