プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

再開宣言de小話

1、ごあいさつ
 閉鎖を宣言したにもかかわらず、下二つの記事をずるずると書いてしまいました。すると、意外にも複数の読者からの反響があり、まだチェックしてくださる人がいることに感動しました。
 そこでめでたく(?)足きりにも通過したことなので、すこしずつ再開してみたいと思います。
 ただ、以下に述べるように、なんでか分からないけれども「月月火水木金金」的生活を送っているので、更新は週1程度を目指します。


2、たいへんなことになってきた(1)
 実は、昨年に引き続きお中元バイトをしています。夏は暇そうだし、お金貯めておかないと本代(旧版教科書を総入替えの予定)が大変なことになりそうだからです。
 と、いうわけでそろそろ早期割引期間も終盤に差しかかり、シフトもだんだんきつくなってきました。4勤5勤が当たり前。
 そんなこの時期に、辰巳のゼミ講座で出会った人々から「事実認定のゼミをしよう」というお誘いをいただき、喜んで参加することに。先日、題材と方向性を決めるべく第1回の会合がありました。その結果、とりあえず次回までに8つの判例を検討しようということになりました。
 そこで大変なことに思い当たりました。週1回のゼミの日に休み取るだけじゃムリやん! ゼミに向けて予習したり、レポート書いたりする休みが結構いるやん! っていうか、所属してる合唱団が定期演奏会前だから、ただでさえ週末はほとんど練習&舞台だらけなのに!
 私はそっこー「より効率的な休みの取り方」をスケジュール帳とにらめっこしながら検討し、繁忙期としてはありえん量の休日を申請してしまったのでした。ごめんなさい、○屋… あ、私の収入も減っちゃう・・・

 追伸
 これを見ている修習生や法務博士の方で、「刑事事実認定判例50選」の効果的な勉強法をご存知の方がいらっしゃったら是非教えてください。どう使ったらいいか、未だ試行錯誤の最中なんです。


3、たいへんなことになってきた(2)
 まず、これ(↓)を見てください。
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070623it01.htm
 
 これねー、某巨大掲示板で試験当初から騒いでいたんですけど、具体的に何が行われたのかよく分からなかったので気にしていませんでした。でも、流石に全国紙の一面トップとなると、大変な話だと思うのです。
 受験した側からの感想としては、「行政処分の執行停止」を講義したくらいで漏洩とか思いません。だって、それくらい勉強していれば必ず怪しいと思う論点のひとつですから。
 でも、外国人の強制国外退去処分についての判例を配りまくったのはかなり深刻だと感じてしまいます。
 これを一般の方にもわかりやすいように、高校入試に引きなおして考えてみましょう。
 「これ、要チェックやで」と言って、問題作成に関与した先生が「大鏡(←あんまり学校の授業で取り上げられない古典のテキスト)」から話を数個ピックアップして入試前に受験者に配るようなもんです。あ、違う? 私はそう思ったんだよう。
 たとえ個別の小問を具体的に洩らしたのではないとしても、その元となる文をあらかじめ知っているのと知らないのとでは、正答率はもちろんのこと、解答速度においても雲泥の差を生じます。特定分野の判例を流す、ということはそういうことなのです。
 なんにせよ、一体どういう魔がさしたのか知りませんが、これだけはあってはならないことです。

 おそらく、今後今回の試験結果につき何らかの調整が入ることはないと思いますが、再発は防止していただかないと、受験までに暇かかるわ、金かかるわ、不公平だわ、三拍子そろった最悪の試験の汚名は免れられないでしょう。
 と、冷静に書いているように見えるでしょ? 実際このニュース見た日は腹たって腹たって仕事どころじゃなかったんですから。個人的には「公法」の満点を100点に圧縮するくらいの配慮があってもばちは当たらないと思っています。

6月25日、だんだん腹が立ってきたから加筆しちゃいました。

スポンサーサイト

2007-06-24(Sun) 20:32| 勉強| トラックバック 0| コメント 16

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。