プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ムーディーな妄想

 先日から(お中元の)売り場の位置がガラッと変わって、戸惑い気味の今日この頃です。売り場も最小限に縮小し、「お中元よろしく」と言う客もだいぶ減りました。
 新しい売り場は、右から左からどっからお客さんが来るかわからない構造になっているので、暇になったらキョロキョロしてます。左向いてる間に、右から攻められることなんかしょっちゅうです。
 でも、番号札はオペレーターの列の左端にあるのです。売り場的には、番号札のカウントでその日の来客数をはかっているようなフシがあるため、一旦は札を引いてもらうべきか、一瞬悩みます。
 だから、いつも思うのです。右から来た客を左へ受け流すべきか!!

 そんなことを考えていると、頭の中を「あの歌」がヘビーローテーションでぐるぐる回転!!

 という話を人にしたところ、「私も人の話を右から左に受け流せるようにならないとあかんわぁ」という話になりました。そういえば、「あの歌」はいつも右から来た「それ」を左へ受け流してるけど、「それ」が何なのかわからないのは右から左へ受け流してるからからか~。
 受け流してたら「それ」が何なのか認識でけへんぞ!
 そういう歌なのか!?
 深い、深いぞ、「右から左へ受け流す歌」!!

 なーんて妄想してる間に右から来ても左から来ても、お客は受け止めなければならないのでした。

スポンサーサイト

2007-07-26(Thu) 20:01| 日常| トラックバック 0| コメント 2

真のダイエットするぞ!(保険適用)

 ちょっと前にこんな検査をしました。
 点滴


 詳細は結果次第的なことを書きましたが、今日、その結果が出ました。苦労したかいあって、ある治療を開始することが決定しました!!

 その治療とは、成人成長ホルモン不全症(重症)の治療です。
 私は小さい頃にいろいろあって、成長ホルモンがほとんど分泌されていません。そのせいで、ありえん身長の低さで止まってしまいそうなところを、『肥やし(=成長ホルモン投与の注射)』を与えることで何とか人並みの身長になりました。
 ところが、このホルモンには身長を伸ばすだけでなく色々な作用があります。筋肉を作ったり、脂肪を燃焼したり。つまり、これが不足すると『食べる=脂肪』という恐ろしい等号が成立する体になります。それだけではなく、生活習慣をどれだけ良くしても、毎日食事をする限り、生活習慣病になりやすいのです。

 じゃあ、足りない人にはみんな治療してやればいいじゃない、と思うやないですか。ところが、この薬は製造が非常に難しいらしく、適用基準がひっじょうに厳しいのです。しかも、小児(身長を伸ばす目的)よりも、成人(内臓脂肪等を防ぐ目的)の方が基準が厳しいため、小さい頃投与していたからといって必ずしもまた治療開始できるとは限りません。

 と、いうわけで私もムリかなぁ、と思っていたら、激烈に足りなかったみたいです。
 成人の基準が、負荷なしの状態で成長ホルモンが3μg以下であること、小児の基準が同じく10μg以下であることです。そこを私は
 0.08μg!!
 今まで糖尿病とかにならずによく生きてきたなぁ。
 これは『足りない』じゃなくて、『ない』っていうねんて・・・

 とっ、ともあれ、これから気が済むまでの間、毎日注射です。
 今まで、健康食品・エステ・筋トレ・プール・耳ツボダイエット、いずれもダメダメだったのですが、私にとってはこれが一番のダイエットです。とりあえずは、注射と筋トレとプールを組み合わせて減量にトライしてみます。
 ・・・ビリーを勧めるのだけはやめてくださいませ。喘息出るから。


※万が一この治療の詳細が知りたいという方は↓コチラ↓
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/saisin/20070216ik0d.htm


2007-07-19(Thu) 14:59| 日常| トラックバック 0| コメント 1

Xデーまであと1ヶ月

 今日の記事は、100%宣伝です。というより、お願いです。Xデーまであと1ヶ月となりましたので、大々的にお願いいたします。
 私が所属している合唱団が産声を上げてから約2年がたちます。その間、月2回のペースで練習してきて、このほどやっと単独で演奏会を開催するところまでこぎつけました。お盆すぎの8月18日(土)に、第1回の定期演奏会を開催いたします。

 ちょっとクラシカルな気分に浸りたい方。
 堺市駅近辺にお住まいの方。
 若い歌声からマイナスイオンをもらいたい方。
 私のイッちゃった姿を見たい方。
 ・・・・
 当日ヒマなすべての堺市民!!および大阪市南部にお住まいの方!
 是非、いらしてください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
三国丘高校OB・OG合唱団かえで 第1回定期演奏会

第1ステージ  GLORIA
        John Rutter/作曲

第2ステージ  お伽草子~混声合唱のための3つのエチュードより~
        浦島太郎/一寸法師
        千原 英喜/作曲

第3ステージ  三国丘高校音楽部現役生によるステージ

第4ステージ  洋画特集
        雨にぬれても/Moon River/Stand by Me 他

第5ステージ  初心のうた~混声合唱とピアノのための~
        木島 始/作詞   信長 貴富/作曲


2007.8.18(土)  開場17:00  開演17:30
サンスクエア堺 B棟ホール(JR阪和線堺市駅すぐ)
入場無料

http://chor-mikuni.hp.infoseek.co.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 開演からたぶん2時間半くらいはやっていますので、ご都合のいいときに来てください。


 ・・・え、私のパートですか? 教えませんよ、そんなの・・・(恥) ていうか、いろんなとこでばらしているような気がしないでもない。


2007-07-16(Mon) 21:58| 趣味| トラックバック 0| コメント 2

破壊衝動

 台風と豪雪が来るときには、テンションが上がります。気象病だから、体調は確実に悪くなるのになんででしょう? 「自らの身の安全が確実に保障されている中での緊急事態」がなんか好きです。さらに、大阪はなぜか台風が直前でそれるという奇跡がおきやすい地域なので、なんちゅうか、「神風信仰」的なところがあって意外と台風慣れしていないし、のんきです。
 ところが、今回の台風は955hPaという、本州付近としてはありえん強さで上陸しそうです。どの経路を通っても暴風域は避けられそうにないという、かなり素敵な展開です。今日の帰り道の降りっぷりを見ていると、他人事でなく浸水しそうな気持ちになってきました。今度ばかりは安全が確実に保障されているとは言えないかも・・・
 これに加えて、さらに安全を保障しない事態が。
 1)明日、合唱祭なんですけど
 2)明日、旧司法試験の論文試験なんですけど
 3)島屋って・・・

 1)から見てみましょう。
 明日は昼から地元のホールで合唱祭です。私たちはその前に別の公民館で事前練習をしてからホール入りする予定でした。ところが今日来た連絡メールによると、「朝7時の段階で暴風警報が出ていたら、公民館は休みなので事前練習はナシです」とのこと。ふぅ~ん。
 っていうか、公民館が休みになるんなら、同じ市営のホールも休みになるんじゃないのか? そんな嵐の中で合唱祭したって、だれが聴きに来てくれるんや?

 そして、たまたま法務省のHPを見ていたら、「旧司法試験会場の連絡先について」というお知らせがアップされていました。
 どうやら、天候にかかわらずやるそうですね。
 しかし、九州会場の人など、今日中にホテル入りしなければならないだろうに、こんな大嵐の中どうしろって言うんでしょうか。そして明日上陸予定の関西(大阪)会場と、名古屋会場なんかはどうするんでしょうか? 某J○なんかちょっとの雨ですぐ止まりますけど。

 そして今日、バイト先(島屋)では明日出勤の人に出勤経路を聞いてました。あんまり遠いと「ムリして来なくていいよ」と言うてくれていましたね~。某○Rは本当によく止まりますから。それしか交通手段がないときっつそうだなぁ。
 さらに、私はあさって閉店まで勤務なんですけど、今日と明日とで溜め込んだお客さんがドッと押し寄せて大変なことになりそうな気が・・・


 さて、明日はどんな1日になるのやら。


2007-07-14(Sat) 21:07| 日常| トラックバック 0| コメント 0

最近こんなのばっかり

 じつは、左手の手のひら(ガングリオン痕)には、すでに3発の注射がぶち込まれています。麻酔+ステロイドです。なかなか治らない腱鞘炎。ギフト受注のせい・・・ではないはず。

 そこへきてさらにこういう写真のような出来事に見舞われました。

点滴


 これ、どういう状況か分かりますか?
 詳しくは、計画が決まったときにここに発表するつもりなのですが、これはある治療を受けるための関門となる検査です。何をしているか、というと、採血(60分)です。
 15分ごとに3mlずつ血を採る検査なのですが、いちいち15分に1回針を刺すのもうっとうしいので、刺しっぱなしにしてました。薬瓶が付いていない点滴と思っていただくと一番近いです。甲の上に乗っているガーゼに管をくるんでいます。
 
 まず、一番最初に絶食負荷なし状態で血を採り、そのあと薬品を投与してその後の経過を15分毎の採血で観察します。
 こういう検査の場合、負荷となる薬剤にとんでもない副作用が含まれていたりするので、先生に「これ、何も副作用ないですよね」と念のために質問。すると、「これは何にもないよ。たまに顔が火照る人がいるくらい」と言うので、まずは一安心です。
 しかし、ぶっとい注射器から薬剤がもりもり注入されるにしたがって、なんか、こう、胃の周りが、気持ちわるいっつーかなんつーか・・・
 「先生、本当に何もないですか?」
 「ええー、ないよ、気のせいだよ」
 確かに、絶飲食状態で朝のラッシュの御堂筋~谷町線に揺られ、1時間以上かけて病院に来たせいで多少気持ち悪くなってもおかしくない状況ですが、明らかに気持ちわるいんすけど。
 「朝から飲まず食わずだからですかね?」
 「え、飲まず? 飲んでもいいよ、しんどいでしょう、飲まんかったら」

 早く言ってよ! 私から水分取ったら一般人よりもだいぶしんどいよ!?

 と、いうわけで、『絶食』指定なだけだったのに、誤って『絶飲食』指定と間違われたせいで気持ち悪くなった、という結論で落ち着いたのでした。

 その後、血を採るときも、「どうしてこう、血管が細いのかしら。全然出てこないわ」と看護師さんに文句言われながら、管が刺さっているところを揉みしごかれてしまって、手の甲がだいぶ大変なことになりました。未だに蚊に指されたあとのような「点」がついてます。
 点滴用の管を指すなら腕にしてくれればいいのに、どうして手の甲なのか・・・ 小児科だから仕方がないのかもしれませんが。

 とにかく、ふらふらになりながら帰ったのでした。
 最近、針に刺されてばっかりです。 


2007-07-05(Thu) 20:20| 日常| トラックバック 0| コメント 2

過労で倒れる

 それはそれは過酷な週末でした。
 お中元早期割引最終日である先月の30日は、休憩も取れず、早番、中番、すべてが閉店まで働かないと全然回らないほどの激務でした。それがたたったのか何なのか、昨年には起こらなかった悲劇が起こってしまいました。
 過労で倒れてしまったのです。
 

...read more

2007-07-02(Mon) 20:29| 日常| トラックバック 0| コメント 2

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。