プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

難病~高すぎる~

 先日、私のかかっている病気(下垂体機能不全症)が難病指定されました。この機会に、私の病気と、難病についてちょっと考えてみたいと思います。難しいので、ホンマに落書きみたいになってしまうかもしれませんが、興味のある方だけ読んでください。

 月曜日、厚生労働省は新たに7疾患を難病として指定しました。これは、国語的な意味の難病、すなわち治療法のない、「不治の病」という意味を超えて、いろいろと国から助成が得られる、法律上の「難病」です。
 ひとくちに「難病」といっても、研究費のみが助成される病気と、それに加えて治療費までもが助成される病気があります。今回、後者になったのか、と一瞬ぬか喜びしましたが、どうやら前者だったようです。つまり、私の高額医療ライフにはいささかの変化もなさげです。

 昨年の夏、「成人成長ホルモン分泌不全症」の治療開始に喜ぶ記事を書きました。(2007年8月上旬の記事参照) これも、下垂体機能不全症の一部なのです。こいつの難点は、べらぼうに高い治療費です。当時でさえ、一月あたり大学生のアルバイト代に匹敵する金額がかかっていました。
 その後、もともと無きに等しかった成長ホルモンを補充するにはやっぱり足りなかったらしく、その倍量を必要とするようになってしまったため、その額たるや推して知るべし・・・ 
 そんな中での「難病指定の知らせ→研究費だけかい!」というアップダウンだったので、めっちゃ喜んだ後でめっちゃへこみました。
 
 でも、こんな私がへこんでいてはいけないなぁ。
 まず、下垂体機能不全症の難病指定を勝ち取るために、今まで国会へ行って質問したり、署名活動していた患者団体があったことを、このたび初めて知りました。そうして実際戦ってきた人々の苦労を考えると、何もせずただ「高いなぁ」とびっくりしていただけの私は、難病指定となっただけでも大きな前進である、と喜ばなければならないと思うのです。
 もし私が弁護士になったなら、こういった患者団体の何らかの助けになれるかもしれない、そう思うと、今、現在弁護士でない自分が無性に情けなくなってきます。
 
 また、下垂体機能不全症と共に今回難病指定となったのが、魚鱗症という病気。月曜日の夜のニュースで、この患者の密着取材が流れていました。
 この病気は、一応の治療法が確立されている私の病気とは異なり、原因から何から全く不明の「難病」です。そして、皮膚がうろこのように剥がれ落ち、感染症防止のために常に包帯を巻いていなければならない、とのこと。その様子を見ていて、私の場合、成長ホルモンが「今、生命身体に迫る危機」ではなく「寿命が短くなる病気」であるのに対し、魚鱗症はまさに前者。こういった病気の方が優先順位が上になってしまうのは仕方がないのかもしれません。
 あ、でも成長ホルモンはそうかもしれないけど、尿崩症(下垂体不全症の一部)の方は、薬がないと72時間以内に確実に死ぬ自信があるなぁ。はぁ、難しいです。

 ちなみに、ごく一部の地方自治体では独自に下垂体機能不全症を公費助成の対象にしています。でも、その額があまりに高額に過ぎて、「入院患者に限る」という要件がついてしまっているのが殆どです。どうやら名古屋市に行けば通院でも助成してもらえそうなのですが、なかなか名古屋を拠点にする覚悟ができません。大阪府は・・・橋下さんがあれだけがんばって予算を削減した後でこんなお願いできません・・・府庁の職員にも石、投げられそうです。

スポンサーサイト

2008-06-25(Wed) 22:25| 駄文| トラックバック 0| コメント 2

レベルの高い観光地

赤穂温泉に行ってきました。
むかし、我が家は一家そろって忠臣蔵ファンだ、と言いましたが、赤穂といえば忠臣蔵の聖地! そして新快速の終点駅です。かる~く「鉄子」な私としては、「大石神社に参る」ことと、「新快速をはじっこまで乗る」という2つの長年の夢(?)を叶えることができました。

さて、駅へ到着すると、早速こんなものがお出迎え。

播州赤穂駅


四十七士の壁画です。階段に沿ってずらっと並んでいます。
さらに、駅ロータリーを出るまでいたるところダンダラ模様です。新撰組ファンとけんかになりそうですが、年代的にはこっちのほうが古いので別にパクリではない・・・はず。
四十七士はいまも赤穂の観光を守っている感じがひしひしと伝わってきます。

駅から歩くこと10分少々。
ついに赤穂城址ならびに四十七士を祀った大石神社です。
しかし!
城址なので何にもない!
赤穂城址


公務員試験の一般教養でも、空間把握能力が低いことが露呈された私の能力では、これだけで当時をしのぶことは難しいです。
ただ、大阪城下で育った私としては「・・・狭い?」ということしか分かりませんでした。

さて、大石神社においてはそこここで一般市民と思われるガイドさんが忠臣蔵と赤穂を観光客に解説していました。そういえば「忠臣蔵検定」が昨年だったか行われたばかり。きっと彼らはその合格者なのでしょう。

【※※以下、分かる人にしか分からない話になります※※】

しかし、その中で気になる解説を盗み聞いてしまいました。

「・・・寺坂吉衛門は足軽だったので、討ち入り前に国元へ帰され・・・赤穂ではこのため、四十六士という・・・」

あれ?
寺坂って、みんなと一緒に討ち入った後、泉岳寺で別れたんじゃなかったっけ?

そこで、すかさずこっそり資料館の管理人さんに質問。
「寺坂って、一緒に討ち入ったんじゃなかったんですか?」
すると、管理人さん、最初は(ていうかずっと?)無愛想な顔をしつつもめっっっっちゃ詳しく教えてくださいました! 
そろそろ旅館からの送迎バスの時間が来るのに、止まらない管理人さんの解説!
一石投じただけで津波のごとき波紋が返ってくる市民の忠臣蔵への愛に感動しつつ、神社をあとにしたのでした。
忠臣蔵ファンでないとかなり魅力の薄い場所、逆に言うと、そこを訪れる観光客の『忠臣蔵レベル』が高くないと、ガイドの解説についていけません。

帰りにお守りを購入。内蔵助さまが守ってくれることを信じて。
お守り


ちなみに、温泉もなかなかのものでした。
1日目は海ぱっかりすぎて逆に味気ないくらいのオーシャンビューの露天風呂!
でも、翌日朝風呂に行くと男性風呂と女性風呂が入れ替えになっていて、そっちのほうはオーシャン『ちょっと』ビューでがっかり。
旅館のサービスはかなり悪めです。

旅館の仲居さんが愛想悪くても別にいい、という方にはお勧めの観光地です。
マイナーなので人はあまり多くないです。


2008-06-19(Thu) 09:40| 趣味| トラックバック 0| コメント 0

自分で買えばよかった

最近暑いですよね。
職場帰りにビタミンウォーター売ってる自販機があったんですよ。
で、買うか、と近寄っていったら、下に「hot」って書いてあったんです。
このくそ暑いのに、熱いのなんか飲んでられるか! と隣のcoldなお茶にしようとしました。

が、なんか違和感が。

まぁ、こういう(↓)自販機だったんですが、

自販機

ペ、ペプシNEXのHOTぉ~!?
ビタミンウォーターまではぎりぎり納得したんですよ。
でも、hotコーラは意味が分かりません!

買いたい・・・
でもホンマにあっついコーラが出てきたら飲まれへん・・・
どうする・・・?

と、いうわけで、チキンな私は諦めてしまいました。

後日、これを面白がった弟が買ってみたところ、冷たい普通のコーラが出てきた、ということです。
最後までネタに徹して欲しかったところです、自販機。

そういえいば、今日択一の正式な成績通知が来ました。
まさか、合格者平均超えてるとは思いませんでした。
っていうか採点ミスしすぎだ、私!
もう、これだけで、私は・・・(しやわせ)
それでもやっぱり択一はだいっきらいだ~~~っ!!
離れられてスッキリ。


2008-06-14(Sat) 18:36| 日常| トラックバック 0| コメント 5

私の商品価値

 3回目の受験を終えると、さすがに「全部ダメだった場合」を見据えて多少は動かなければならないでしょう。と、いうわけで、企業の合同就職説明会というものにいってきました。初めての経験です。
 私など、新卒でストレートに大学院に入ったためまだ若いからいいようなものの、職歴のないこの年齢の商品価値はしれていると覚悟はしていました。でも、実際どの程度の無価値物なのかがよくわからないので、率直なところを伺ってきました。

 まず、思ったほど無価値物ではなかった・・・かな。
 ただ、当然今のままでは使い物にならないので、「職歴」を多少でも埋められる証明としてはなによりもまずTOEICのスコアが必要であると思い知らされました。でも企業によってはTOEICよりも職歴を重視していたり、法曹資格がないと中途は無理、みたいなところもあったし、とにかくいろいろすぎ。だって、私が「新卒」か「第二新卒」か「既卒」かすら、各社によって異なるのですから。それを逐一見極めながら就活するのはめんどくさぁっ!
 また、転職エージェントの皆さんは景気のいいことを言い、企業の採用担当者は渋い顔気味(ウェルカムっぽいところもありましたが)という傾向の差が顕著でした。つまり、本気で就職するときはエージェントにお任せすることに・・・?
 どっちにしても「まだ発表待ちなんです」の一言でブースのおじさんたちの熱意は一気にクールダウンしてしまうのは致し方ない。落ちてしまわないことにはなかなかお互いに本気になれないのが痛いです。今はどうしようもないですね。

 当面は、各企業の求める最大公約数である英語力を鍛えつつ、お中元を売り、かつ採点業もする、という生活を送ることになりそうです。


2008-06-07(Sat) 21:55| 日常| トラックバック 0| コメント 2

ひとりでできるもん

 まぁだ手が痛いにもかかわらず、果敢にもギフトオペレーターをする毎日に突入しました。初日に送料を二重取りするという大失態をやらかしました。ごめんなさい。

 そして…これだけアクセスが伸びているのは「アレ」のせいですよね…
 
 今年はおととしと同じく葉書が来るまで待っていようと思っていたのですが、くしくも本日シフト上お仕事がお休みだったので…
 結局見てしまいました。一人で。
 そしてやってしまいました。一人で。
 受かっていました。
 よかったぁ~。
 おかげさまで超過呼吸。

 去年は母が勝手に採点してくれていたんですよね。それで「○」と「×」を間違えて採点して後でやり直したらめっちゃ上がったんですよね、懐かしい。

 この間の試験が終わったときには、「去年、255点あったら受かっていたんだから、それだけあったら手放しで喜ぼう」と心に決めていました。
 でもねぇ、あるにはあるけど…
 この異常な平均点になんでやね~~ん!!
 と、言いたい。

 合格点230点と見た時点で生きた心地がしませんでしたが、全体平均250点て、取ったことないがな、そんな点。これだけで採点する気はもはやマイナスですね! でも関係各位からの問い合わせ電話・メールに負けてやってしまいましたが。

 しかし…もうアレですね、去年までと今年とでは全く違う試験ですね。来年受ける人はしんどそうだなぁ。


2008-06-05(Thu) 21:48| 日常| トラックバック 0| コメント 4

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。