プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

辞令

ちゃんと辞令をいただいてきました。

「司 法 修 習 生 を 命 ず る」

日本語がおかしくない?
「○○を命ずる」という場合,「○○」には動詞が入らない?
内定のときもそうでしたが,ちょーっと違和感です。

で,「どこの会社の方ですか?」とよく尋ねられると噂のバッジです↓↓

修習生バッジ

筆記体の「J」を元に,弁護士,裁判官,検察官を示す三色があしらわれています。
初めて見たときは,「あ,三つ葉マークや」と思いました。
母曰く,「一番小さい『赤』が弁護士やろ」だそうですが,真偽のほどは知りません。

なれない環境に,導入起案に,わずか2日でおなかいっぱいです。来週1週間,正気でのりきれるのでしょうか・・・?

スポンサーサイト

2008-11-29(Sat) 22:42| 修習| トラックバック 0| コメント 0

さよなら、「永遠の夏休み」

私は今日、司法修習生になります。
内定から今日まで著しい非行に及んだ覚えもないので、99%つつがなく辞令を受け取ることができるでしょう。

思えば、ローを修了するときには、「明日から幼稚園以来の『何の身分保障もない生活』がはじまるんや」とめちゃくちゃ不安に思ったものです。それからずっと、『永遠の夏休み』状態が続いてきたわけです。
私は(自分で言うのもなんですが)、規則正しい生活をしていないととたんに体を壊すので、浪人生時代も毎朝6時半に起き、できるだけその日のうちに寝るように心がけていました。そういう意味では、「夜型を朝型に変えな・・・」という類の心配は一切ありません。
ただ、これからまた毎日定時にどこかへ行かなければならない生活が始まるのかと思うとちょっと不安。たった2年間引きこもっていただけでこんなことを思うのですから、長年引きこもってきた人が社会復帰をすることは相当大変でしょうなぁ。
ともあれ、『永遠の夏休み』状態をようやく脱することにささやかな不安を感じつつも、やっと軌道修正できたこと、念願のバッヂ(まだひまわりじゃないけど)を手に入れられることに感慨ひとしおです。
改めて,去年私を立ち直らせてくれた全ての人々に,心の底から御礼申し上げます。

右手首にはまだ、かなりくっきり傷跡が残っています。去年の今頃、手のひらの傷は手相の一部になってしまっていたのになぜでしょう。でももうこの際、治んなくてもええわ、なんて思っています。これを見るたびに初心を思い出せるのなら、一生残っていてもええわ、と、そう思います。痛みはもうないんですけどね。不思議ですね。

飲み込みの悪い私が、たった1年の修習で2回試験に対応できるのか甚だ疑問ですが、これから根性入れなおしてがんばっていきます。


2008-11-27(Thu) 00:00| 日常| トラックバック 0| コメント 0

大きな田舎

修習前最後の週末を利用して、この1年、自習室に通った町を歩いてきました。
商業施設と住宅地が混在し、少し裏道へ入るとかなり雑然として汚い町です。「ザ・大阪」といった感じで、都会でもなく、田舎でもない。でも、駅だけは立派にターミナル機能を持っているので、「大きな田舎」といったところでしょうか。
ちょうど1年前から自習室を借り、毎日たっかい交通費を払ってここへ通いました。
でも、いろいろコストはかかりましたが、「通う」という行為によって精神的に救われた点は多かったです。家でこもっているよりも、朝、家族と一緒に「出勤」らしきことをするだけですっきりできたのです。プライドが高いんですね、無駄に。

食事スペースの無い施設だったので、お弁当を持っていくことができず、昼食には1年中苦慮しました。最初、金額だけを考えてファーストフードに通いましたが、あっという間に体重と中性脂肪値が増加。多少の出費を覚悟しながら、ある程度ヘルシーな食事にせざるを得なかったり。そんな苦労を思い出しながら(?)ラーメン屋で非とんこつのラーメンをすすってきました。

昼食だけとって部屋へ帰ると、昼休みが15分で終わってしまって腰が痛くてかなわなかったので、毎日のように本屋へ行きました。その本屋へも行って、今日は「要件事実マニュアル」を買ってきました。あの時は法律系の本を見ると気が重かったものですが、今は躊躇なく要件事実の本を買えることがなんとなく嬉しかったです。

自習室も回ってきました。
管理人さんはいませんでしたが、高校生、浪人生で部屋の前があふれかえってました・・・ そこでしゃべってたらうるさいがな(怒)
部屋のすぐ上の階に法律事務所が一つあって、いつも「合格したら訪問すんねんっ!」って思っていました。お手洗いを借りるためにチラ見しながら前を通過したことがありますが、さすがに中の様子はさっぱりでした。いつか、事務所訪問をお願いしてみたいです。

全部まわると結構大変なのですが、あのころ、全く運動していなかった私にとってはいい散歩コースでした。
通勤経路の問題で、もうほとんど行くことがないだろうことが少し寂しいです。

ありがとう、天王寺。
こういう別れ方ができて、本当によかった。


2008-11-24(Mon) 18:25| 地元ネタ| トラックバック 0| コメント 0

お給料

弁護修習でお世話になる先生のところへご挨拶にうかがってきました。
手土産を持参する気マンマンだったのですが,財布を,わすれて,・・・・ようき~なサザ~エさ~ん♪
先行きが不安すぎます。
せっかく超優良事務所で修習させていただけるというのに・・・絵文字名を入力してください
事務所については、めちゃめちゃ運がよかったとしか言いようがないのですが,いかんせん弁護修習は第4クール! お世話になるのは約半年後です。む,無念。

お話によると,この事務所での修習はとにかく「自由」。
事務所内の弁護士が担当している事件の中から自分で好きなものをチョイスし,くっついていく感じみたいです。
「自由」・・・ もっとも難しいパターンだ・・・
ゆえに,出勤時間の概念がなく,必要と思われる時間に,必要と思われる場所にいればよいそうです。

これじゃあ学生時代と同じやん?
なんて思ったりもしますが,お給料はやっぱり必要です。
再来年の合格者からお給料が貸与制になります。
つまり,ロースクールで奨学金(=借金)をし,修習生時代の生活費も貸与(=借金)になり,ひまわりを胸につけるころには1000万円近い負債をしょってることになります。こんな職業になりたいと思う人なんて,一部の大金持ちか志が極めて高い人くらいなものです。
たしか,当初貸与制にするという話はだいぶ前からあって,予定通りにいってれば私もそのあおりをもろに食らっていたはずでした。
しかし,それじゃあ困る,ということで私がロースクールに入った年に署名運動が起こりました。私も司法修習なんか先の話で,全然実感がわかないままに,でもやっぱり困りそうだということで名前を書いた記憶があります。
でも,当時のロースクール生の人数は全国で5000人ちょい。その程度の署名が集まったところで動くわけがなかろうと思っていたのです。ところがなぜか貸与制導入時期ががばっと先送りになり,おかげさまで今の私はしっかりお給料をいただけます。

ロースクールの学費として大金が必要となることはギリギリ我慢するとしても(いや,我慢できないかも。料金に見合うサービスが提供されてるとは・・・),合格してからも借金生活では制度的魅力ナッシングです。今のロースクール生や受験浪人の人数を合わせれば,あのときの倍以上は確実にいると思うので,もう1回署名運動したらまたひっくり返るんじゃないか? というのは甘いんでしょうか? そうはいかない事情があるなら別ですけど。

このことは,合格者をべらぼうに増やすこととあいまって司法を崩壊させる気がして仕方ありません。


2008-11-21(Fri) 22:54| 修習| トラックバック 0| コメント 4

合宿付かぁっ!

司法修習には,「民事裁判」「刑事裁判」「検察」「弁護」の4つのパートがあり,それぞれを約2ヶ月ずつ体験して回るわけです。前の3つは,実際には部に分かれて配属されるので,一つの部あたり7~8人ずつの修習生がいてることになります。検察なんか,全員で1部屋って話もあるので,みんな友達です。
しかし,弁護だけは担当の先生(事務所)に一人で配属になるため,友達ができません。
私のように,弁護が後回しのような班の場合はいいですけど,しょっぱな弁護だと人間関係的にきついものがあります。
そこで,修習地によっては,弁護修習対象者には開始直後に合宿をし,親睦を深めてもらおうという企画がある,という噂を聞きました。まさか大阪みたいな大規模地域でそんなことはしないだろう,やぁ,地方での修習ならサービスもいいなぁ。と,思いながら聞いておりました。
・・・がっ!

今日来た弁護士会からのお手紙を見ると,どうもうちもやっていただけるみたいです。
しかも,府内にあって温泉旅館!?
さらに弁護は一番最後の私の班まで!?
ありがたい・・・ ありがたすぎです・・・(感涙)
会費請求されても文句言いません。
ただ,時期的に初夏なので,温泉が暑そうなのが残念。

色々な先生方に,「修習では楽しんできてください」といわれた理由がなんとなくわかってきた気がします。


2008-11-19(Wed) 11:17| 修習| トラックバック 0| コメント 0

自販機が壊れるとどうなるか

先日,目の前で自販機に故障されてあわあわしました。
普通,「故障中」って張り紙がしてある自販機って「あ,おつりが出てけえへんのかな」ぐらいに思うじゃないですか。だけど,あいつが本気で故障するとえらい事になります。

もうどうしようもなく喉が渇いて,某駅で某社の自販機でお茶を購入しようと120円投入しました。
そして意中の商品のボタンを押し,さあ,商品を受け取ろうとすると・・・受取口がなにかでいっぱいになっているんですよ・・・
よく見たら,缶コーヒーだらけでした。
もう,信じられんくらい受取口の右から左まで缶コーヒーだらけになっていて,中には重さに耐えられなかったのかへしゃげてるのもあったり。

いやいやいや,私にどんだけコーヒー飲ますね~ん。
しかも私,コーヒー飲めないんですけど!
さらに受取口の中で詰まりすぎて,ネコババ(!?)しようにも一つも取り出せないし!
っていうか,私が買ったお茶どこ~~~!?

このままでは私の120円をムダに自販機に取られてしまう!と思い,初めて自販機に書かれてる電話番号へ電話しました。
するとさすがに駅だけあってすぐにお兄さんが飛んできてくれました。
「すんませ~ん」
と言いながら自販機を開けてくれた瞬間,お兄さんは雪崩落ちてきた缶コーヒーまみれになってしまいました・・・
一緒に私が買ったお茶も出てきたのですが,「汚いから」ということで120円返金ということになりました。
電車が出発しかけてたしね。
「ありがとう☆」
と言い置いて,缶コーヒーまみれのお兄さんを残して電車に飛び乗りました。

当然,その缶コーヒーのボタンは「売切れ」サインが点いていたのでした。


2008-11-18(Tue) 10:19| 日常| トラックバック 0| コメント 0

失ってはじめて気づくありがたみ

課題にやっと一区切りつきました。
でも,私は裁判所スタートなので,開始2日目から導入起案です。これから要件事実と刑裁の勉強を始めなきゃ・・・

修習まで今日であと2週間。
だんだんと不安になってきました。
カレンダーの日付が黒色の日は毎日出勤しなければならない生活に。
院出たての人はいいよ? つい半年前までは毎日学校に通っていたんだから。
でも,私って一体何年「夏休み」状態やねんな。
最近,事務所説明会やらなんやらで夜に出かけることが多いですけど,それだけで翌日は8時ごろまで寝てないとしんどくてしんどくて。
・・・毎回終電間際まで飲んでるからなんですが。
堺って意外と遠いなぁ。
今更ながら,下宿したくなってきました。実務に出たら,絶対街中に引っ越します。

受験生のころは,朝,家族がみんな出払って一人家に残るのが嫌で恥ずかしくてしょうがなかったのですが,今ではこののんびりさがいとおしくてしょうがありません。

とにかく,こんな自由な生活もあと2週間で終わりかと思うと,不安で不安で仕方ありません。
でも,通勤経路をあれこれ変えながら,定期代をうんうん唸って計算するのは楽しいです(^o^)
マイスタイル(大阪市営交通のサービス)で通勤するのが一番便利そうなんだけど,支払う交通費を事前に証明できないのが痛いです。


2008-11-13(Thu) 15:21| 日常| トラックバック 0| コメント 2

ガイダンスだ!

なんか最近,大阪がとんでもないことになってきております。
刑裁修習や検察修習なんか,タイミングによってはとんでもないことになりそうです。
日本中の注目事件が大阪に集結してませんか・・・?
昨日も,合格発表会場がテレビに写りまくってて,「ああ,あそこで写真撮ったなぁ・・・」なんてのんきなことを考えているのは,検察スタートではないからでしょう。

さて,昨日は裁判所修習のガイダンスでした。
私は民裁スタートなので,ものの数週間後にはこの場所が私の職場(っていうのか?)になります。

いきなりですけど,服装を見ていると面白いですね。
弁護士事務所では,スーツの着こなしが若干だぶついている方が散見されますが,裁判所の職員の方は「全身タイツか!?」と思うほどのフィットっぷりです。「ビシッ」という効果音がよく似合います。
格好いいのはジャストフィットのスーツなのですが,あまり決まりすぎていると親近感が出てこないなぁ。私の父なんかいつも,「スーツに着られてる?」みたいな格好ですから。
・・・こんなことばかり考えているから課題が前に進まないんですよ・・・

全体のガイダンスのあとには,5~6人ずつ部に分かれて座談会でした。
あちこちの法律事務所で「あのカウンターの奥へいけるのは今だけやから!!」と口すっぱく言われる「カウンターの奥」へ通していただいて,和気藹々(というわけにはなかなかいきませんが)とトークです。
今回の座談会では,毎日具体的にどういうことをするのかを詳しく教えていただき,「事件記録ってこんなの」みたいなのを見せていただいたりして,だいぶ修習のイメージがつかめてきました。民裁なら・・・まだついていけるかな。去年の夏,それに近いことを散々仲間内でやったので。

ところで裁判官の方って,一見普通のおっちゃん(失礼!)なのですが,お話しているとにじみ出る優秀さがなんとも言えず私をおびえさせます。新任の方でもベテランの方でも,結構例外なく会話の端々に明晰さを感じます。この雰囲気は一生私には出せないなぁ,といつもへこむのです。
裁判官が世間知らずだなんてとんでもない。世の中のあらゆることを貪欲に見聞し,そしていろいろなことを常に「考えて」おられます。私たちは普段,難しいことを考えることを避けてしまいがちですが(いや,私はかんがえとけよ),彼らは息を吸うように,食事を取るように,当たり前にいろいろ「考えて」いらっしゃいます。私も,ボーっとする時間を減らさんとなぁ。

なんてことを考えながら,やっぱり終わらない課題! そして進まない白表紙読み!
修習開始日を延期してほしい気持ちになりながらも,そろそろ資金がそこをついてきたので早くお給料がほしい(切実)。


2008-11-06(Thu) 09:57| 修習| トラックバック 0| コメント 0

「優秀さ」の証明

「自分が優秀であることを証明しろ」と言われたら,どうしたらいいのでしょう?
就職活動をしていると,よくこう言われます。大量合格の時代,事務所としては少しでも優秀な人材を求めている,と。そして,HP上で募集をかけると,大量に履歴書が送られてくる,その中から優秀な人材を選別するのは大変な作業なんだそうです。たしかに,「忙しい職業」の代名詞ともいえる弁護士が,採用活動に割ける時間はしれています。
そうすると,新司法試験の成績がめちゃくちゃ良いわけではない私なんかは,「え,成績が悪いのでそれはちょっと。」という反応になってしまいます。しかし,大多数の先生は,「いやいや,本試験の成績なんてね,所詮試験はミズモノだし,気にしていないよ」とか,「ロースクールの成績って客観性があるのかどうなのか」とか言われるのです。
でも,優秀な人がほしいらしいのです。
つまり,本試験やらLS・学部の成績に頼ることなく,自分が「優秀であること」を証明しろ・・・というわけです。

・・・どないせいと?

具体的に伺うと,先生も「う~ん」となってしまうことが多い。
つまり,お互いにどうしたら良いのかわからないまま,就活しているということなのでしょう。

そこでよく言われるのが「積極性」。
必ずしも就活そのものとリンクしているわけではないのですが,最近の修習生に欠けているものだそうです。
たとえば,「この答弁書を○日までに仕上げといて」と言うと,「??(・▽・)??」と固まってしまって動かなくなるとか。要領よく手近な人にこそっと聞くことができない。手取り足取り教える世界じゃないよ,ということなんだそうです。それって,修習生に限らず最近の若者全体の傾向なんじゃ・・・?という気がしないでもありません。
思えば,教えるべきことは山のようにあって,さりとて全部教える時間はない。ただ私たちが質問すればいろいろと教えていただける。ということなんでしょう。
最近訪問した事務所の先生にも,「何か引っかかることがあったら,何でも聞きなさい。何かさせてほしいことがあったら,いっぺんはお願いしてみなさい」と言われました。実務に必要な経験は,自分からアクションを起こさないと得られないものなんだと思いました。そりゃそうです。大阪だけで200名超の修習生がいるのですから。

というわけで,この「積極性」こそが求められている優秀さの一つだと思うのですが,さて,これを書面で証明するにはどうしたらいいものか。う~ん。


2008-11-04(Tue) 21:40| 日常| トラックバック 0| コメント 3

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。