プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

自販機が壊れるとどうなるか

先日,目の前で自販機に故障されてあわあわしました。
普通,「故障中」って張り紙がしてある自販機って「あ,おつりが出てけえへんのかな」ぐらいに思うじゃないですか。だけど,あいつが本気で故障するとえらい事になります。

もうどうしようもなく喉が渇いて,某駅で某社の自販機でお茶を購入しようと120円投入しました。
そして意中の商品のボタンを押し,さあ,商品を受け取ろうとすると・・・受取口がなにかでいっぱいになっているんですよ・・・
よく見たら,缶コーヒーだらけでした。
もう,信じられんくらい受取口の右から左まで缶コーヒーだらけになっていて,中には重さに耐えられなかったのかへしゃげてるのもあったり。

いやいやいや,私にどんだけコーヒー飲ますね~ん。
しかも私,コーヒー飲めないんですけど!
さらに受取口の中で詰まりすぎて,ネコババ(!?)しようにも一つも取り出せないし!
っていうか,私が買ったお茶どこ~~~!?

このままでは私の120円をムダに自販機に取られてしまう!と思い,初めて自販機に書かれてる電話番号へ電話しました。
するとさすがに駅だけあってすぐにお兄さんが飛んできてくれました。
「すんませ~ん」
と言いながら自販機を開けてくれた瞬間,お兄さんは雪崩落ちてきた缶コーヒーまみれになってしまいました・・・
一緒に私が買ったお茶も出てきたのですが,「汚いから」ということで120円返金ということになりました。
電車が出発しかけてたしね。
「ありがとう☆」
と言い置いて,缶コーヒーまみれのお兄さんを残して電車に飛び乗りました。

当然,その缶コーヒーのボタンは「売切れ」サインが点いていたのでした。

スポンサーサイト

2008-11-18(Tue) 10:19| 日常| トラックバック 0| コメント 0

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。