プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

お給料

弁護修習でお世話になる先生のところへご挨拶にうかがってきました。
手土産を持参する気マンマンだったのですが,財布を,わすれて,・・・・ようき~なサザ~エさ~ん♪
先行きが不安すぎます。
せっかく超優良事務所で修習させていただけるというのに・・・絵文字名を入力してください
事務所については、めちゃめちゃ運がよかったとしか言いようがないのですが,いかんせん弁護修習は第4クール! お世話になるのは約半年後です。む,無念。

お話によると,この事務所での修習はとにかく「自由」。
事務所内の弁護士が担当している事件の中から自分で好きなものをチョイスし,くっついていく感じみたいです。
「自由」・・・ もっとも難しいパターンだ・・・
ゆえに,出勤時間の概念がなく,必要と思われる時間に,必要と思われる場所にいればよいそうです。

これじゃあ学生時代と同じやん?
なんて思ったりもしますが,お給料はやっぱり必要です。
再来年の合格者からお給料が貸与制になります。
つまり,ロースクールで奨学金(=借金)をし,修習生時代の生活費も貸与(=借金)になり,ひまわりを胸につけるころには1000万円近い負債をしょってることになります。こんな職業になりたいと思う人なんて,一部の大金持ちか志が極めて高い人くらいなものです。
たしか,当初貸与制にするという話はだいぶ前からあって,予定通りにいってれば私もそのあおりをもろに食らっていたはずでした。
しかし,それじゃあ困る,ということで私がロースクールに入った年に署名運動が起こりました。私も司法修習なんか先の話で,全然実感がわかないままに,でもやっぱり困りそうだということで名前を書いた記憶があります。
でも,当時のロースクール生の人数は全国で5000人ちょい。その程度の署名が集まったところで動くわけがなかろうと思っていたのです。ところがなぜか貸与制導入時期ががばっと先送りになり,おかげさまで今の私はしっかりお給料をいただけます。

ロースクールの学費として大金が必要となることはギリギリ我慢するとしても(いや,我慢できないかも。料金に見合うサービスが提供されてるとは・・・),合格してからも借金生活では制度的魅力ナッシングです。今のロースクール生や受験浪人の人数を合わせれば,あのときの倍以上は確実にいると思うので,もう1回署名運動したらまたひっくり返るんじゃないか? というのは甘いんでしょうか? そうはいかない事情があるなら別ですけど。

このことは,合格者をべらぼうに増やすこととあいまって司法を崩壊させる気がして仕方ありません。

スポンサーサイト

2008-11-21(Fri) 22:54| 修習| トラックバック 0| コメント 4

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。