プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

「信じる者」「疑う者」

事件が配点されます。
被疑者の供述調書をはじめとして、記録を読みます。
すると、私は被疑者供述が真実である「筋」を考えてしまいます。
その筋のまま、事件検討メモを作って指導担当検事の下へ持っていくと、内心「鬼か!」と突っ込みたくなる指摘をいただいて帰ってくることになります。
私にはそんな些細なところは疑えない・・・
こんな気持ちで取調べとかしんどいなぁ、と思うのです。

しかし、言われたところを皮切りに、記録とにらめっこしてしばらく考えていると、だんだんとあれもこれも疑わしく思えてくるのです。
あれもこれも聞いてみなければならないように思えてきて、取調べ事項にも若干の迫力が・・・?
一つの事件に対して、検察は被疑者を「疑う」という役割を、弁護人は被疑者を「信じる」という役割が与えられているんかなぁと思います。そのバランスの上に刑事裁判が成り立っていると。
確かに、検察が被疑者の供述を信じはじめたら前へ進まない気がしますね…
社会一般において、「疑う」という行動はあまりほめられたものではないので、つい「信じる」の方へ走っていきがちなのですよ、私は。疑ってると、なんか悪いことをしている気分になってしまいます。
でも弁護士になろうとしている私の場合、被疑者の供述をとことん「疑う」経験は今しかできないので、どっぷり疑いつくしてやろうと思います。

・・・って検察修習あと2週間弱や~ん!!

スポンサーサイト

2009-03-16(Mon) 22:01| 修習| トラックバック 1| コメント 2

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。