プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

「10~20枚程度」とは

最終日は本体+小問を全部あわせても,最大27枚で書ききるように指定されていました。
(多少はアップしても許される余裕は感じられましたが)
もともと枚数少なめの私にはありがたい設定でした。
もうすでに腱鞘炎の傷痕とかかなり限界が来ていましたから。トイレに行って,トイレ番の試験監督に怪訝な顔をされながら水道でアイシングです。

ところで,「10~20枚程度」とは,結局何枚までなら許容範囲内なのでしょう?
最後の「程度」が「20枚」にかかっているのならちょっとくらいオーバーしてもよさげです。
しかし,そもそも「10~20」という幅のある設定なのに,さらに上限まであいまいにするって事があるんか?
「ちょっと越えOK」の趣旨なら「20枚程度」という表現にならんか?
それとも,この幅のある設定のことを「程度」と言っているのか?
・・・迷ったら,20枚を超えないに限ります。
M-1も,制限時間を超えたら減点されますし。(それはなんか違う)

わがままな話ですが,いざ本体を20枚に制限されるとちょっと怖いです。
書いてみないと20枚でまとまるかわかりませんからね。
おかげさまで欄外にぎっしり挿入文言を書きまくってる人がいたそうなのですが,それって新司だったらアウトだと思うのですよ。でも,二回試験でそれをやったらアカン,という話は確かに聞いたことがないのでいいのかなぁ? 特定答案にならんのかなぁ?
なんて,もうちょっと書きたかったやっかみです。

ついに,インフルエンザ別室受験者が複数名出たとの噂もあります。無事に書ききれたのかちょっと心配です。
ただ,大阪会場に限っては,綴りミスの噂は聞きませんでした。

ともあれ,これで二回試験と共に司法修習が終わってしまいました。
明日からは,次の期の修習生が目を輝かせて裁判所やら検察庁やらの門をくぐるのでしょう。
早いなぁ。

私は私で,(予定通り行けば)1ヵ月後に弁護士かぁ。

・・・自信ないなぁ。(やっぱり保全の問題はばっちり答えられないし)

スポンサーサイト

2009-11-27(Fri) 09:33| 修習| トラックバック 0| コメント 3

なんか間違ってました

二回試験って,司法修習の卒業試験なので,司法修習でやったことのある基本的なことしか出ないと思っていました。
だって,和光でも「二回試験はこんなに難しくないよ」的なことを聞いたりした気がするし。

でも,刑事系は刑裁も検察も犯人性を外されるし,構成要件は引いたことのない条文だし…
あんまりにも見たことない構成要件だったので,ここに書くことすらちょっとコワいです。
刑裁が盗品等有償譲受罪だったことははっきりしてますね。問題文に書いてたし。
検察は…通貨偽造…?です。多分。
講義案に公訴事実例が全くなくて難儀しました。

今日の民裁は,あれ,なんなんでしょう?
「今年の民裁はなにがでたん?」って聞かれたら,「う~ん,類型別?」って答えたくなるほど盛り込みまくってました。たぶん,かすってないのは賃貸借と代理くらいなんじゃなかろうか?
いろいろ盛り込んだ末に最後代位してましたからね…

絶対評価って,「ちゃんと出来てる人はみんな受かるから!」っていう言い方で使われることが多いですけど,こう毎日難しいと,「出来の悪いやつはみんな死亡じゃ~ぃ!」っていう成績のつけ方ができてしまいそう。
そして,来年の8月まで頑張ってもなんともならなそうな予感もめっちゃします。

こうしてぼやくとまた「お前が悪い」ってお叱りを受けそうですが,いや,私が悪いんですけど…
なんにせよ,明日もろくなことがないと確信しています。


2009-11-25(Wed) 21:11| 修習| トラックバック 0| コメント 4

なんで・・・

なんで,犯人性起案じゃないんだ,刑裁・・・orz
刑裁の構成要件起案でろくな成績とったことがないんですけど。
あと3日を残してこれはきついなぁ。
がんばれ,私のダメ起案。字がきれいだから許してくれ~。


2009-11-20(Fri) 23:03| 修習| トラックバック 0| コメント 0

初日

ここでこんなことかいてる時点でホンマにアカンやろ,私~。

初日は刑弁でした。
めずらしく,「こいつ,ホンマにやってへんかも」と思える被告人でした。
私としては,登場人物の名前でどうひとネタかましていただけるのか楽しみでしたが,
試験時間中には判明しませんでした。
よく考えたら,和光のときも刑弁は人物名であんまり遊んでいなかった気がします。
明日の刑裁に期待しましょう。(なんか違う)

ちょっとびっくりしたのは
☆紙質が飛躍的に向上している
あのぺらぺらの起案用紙を想定していたので,筆記用具が滑って仕方なかったです。
明日からなんか考えよう・・・

☆起案回収後,監督者がみんなで起案をふりさばきすぎ
そんなにばさばさしたら,ちゃんと綴られてても破けて飛んでいくがな。
固結びしといてよかった~。

腰と親指が痛いので,もう寝ます・・・zzz


2009-11-19(Thu) 20:44| 日常| トラックバック 0| コメント 0

激励メールに感謝

なんかありうることだとは思っていましたが・・・
教官の皆様からMLを通して,激励メールが届き始めています。
B班の指導もおありでしょうに,ありがたいことです。
忘れられていなかったんですね。
明日から,二回試験です。
こんな時間に更新してる段階でダメな子です。

「普通のことを答案に書けば大丈夫」
「平常心で臨めば問題はない」

と,よく言われますが,それができれば新司だって通るわけで・・・
はぁ,怖い。
一番怖いのは,今の私に新司ほどの緊張感がないことです。

弁護士会館で勉強しようとしたところを親に必死で止められたお陰で,ここ数日の寒波もどこ吹く風で家にこもりきり。
おかげさまで体調は,ちょっと鼻がぐずっているだけで,新型なんとかの影は感じません。
「法曹適格者の推定」を破らない答案をこころがけます。(それ以上の質をたたき出す自信がない)


2009-11-18(Wed) 09:20| 修習| トラックバック 0| コメント 0

全課程修了

昨日,司法修習の全課程を修了しました。
普通に登庁して,起案の講評を受けて,尋問を傍聴して,帰って来ました。
あとは二回試験を無事受けきるだけです。

神戸修習は来週,修了式みたいなのがあるんだぞ,とか
和光組は二回試験のあとにやっぱり式典があるらしい,とか
なんかこう,「区切り」というか「けじめ」みたいなのが大阪にもあるといいな。
60期も61期も,そんなものはなかったと言っていたので,絶対ないと思います。
弁護士会館は全員入れるくらい大きいのだから,ちょっとやっていただけたら嬉しいのですが。

二回試験も,その先に待つ一人暮らしも,一人前としての弁護士の仕事も,全部不安で仕方がありません。
やっぱりあと半年くらいは修習期間がほしい気持ちです。

そんな最後の日の昼食で話題になったのもやっぱり二回試験の話。
民弁は,
民法総則の意思表示と,債権総論と,債権各論の売買と賃貸借
をやっておけば大丈夫だそうです。
・・・けっこう民法の大部分をカバーしている気がしないでもない・・・広くない?
賃貸借だけで1日かかるよ,私。


さて,このブログもどこで閉めようか探る時期に入ってきました。
今,でもいいんですけど,いつにしようかなぁ。
そもそも,元をたどれば「法科大学院の生活ってどんなかんじ?」という疑問に,私生活を2割くらいさらすことによって応えようという動機で始まってます。
それが「新司法試験浪人生の生活」「3回目で合格した希少種の生活」と,希少価値を(勝手に)ウリにして続けてきました。
しかし,弁護士になってしまえばブログって結構たくさんありますし・・・
なにより,私は鈍くさい性格なので,法科大学院入りたてのころのように,弁護士になって数年はブログとかありえんだろう,と思うのです。絶対ムリ。
というわけで,もうすぐ閉めます。
今後は,mixiあたりにたまに生存記録を残すくらいにしておこう,と思っています。マイミク少ないので安心です(汗)


2009-11-13(Fri) 20:26| 修習| トラックバック 0| コメント 1

結構本気だった

大阪の茨木に潜伏していた,という報道を見てから,

市橋容疑者は絶対大阪におる。

私が見つけたら絶対捕まえたるねん。

と,結構本気で思っていました。
なんとまぁ,しっかり大阪にいたとは。
そして,私の故郷(=南港)で捕まるとは…


2009-11-10(Tue) 23:07| 日常| トラックバック 0| コメント 0

新型インフルエンザ

どれだけ流行ってもやっぱり自分の身の回りの人がかからないと実感がわかないものですが,ついに隣の部で新型インフルエンザが発生したらしいのです。
今までならいい。
今までならいいけど,これからはイヤや~っ!
多分,今日罹患してもおそらく二回試験には間に合うでしょう。
でも,「司法修習の最後の1週間は新型インフルエンザで寝込んでいました」とかイヤや~っ!

くしくも,昨日最高裁判所から受験票と一緒に
新型インフルエンザにかかっても受験会場まで来て別室で受験せい
というお達しの紙までご丁寧に送られてきました。
多くの国公立大学だって,センター試験だって「インフルエンザ追試」があると言うのに,どんだけムチャさすね~ん。
私,いままで季節性のインフルエンザも1回か2回しかかかったことないのですが,わざわざこのタイミングで人生3回目のインフルエンザとか…ないと信じたいです。


2009-11-08(Sun) 22:22| 日常| トラックバック 0| コメント 4

11月だ…

選択型修習をまっとうしたい気持ちと,二回試験対策させてくれよ!という気持ちの間で,毎日集中できない悪循環です。
やりようによったら,実務に出た後すぐ使える知識を得られそうなところで修習していますが,二回試験対策もやりようによったらがっつりできるところにいてます。そう,民裁通常部です。
もったいないよなぁ~。
全件傍聴とかしたいなぁ~。
でも,いただいてる課題が二回試験対策にも十分なりうるものだから,見てる場合じゃないんだよなぁ~。

そんなしぼんだ生活なので,「拍手」をポチっと押していただけると元気が出ます。

...read more

2009-11-03(Tue) 17:05| 修習| トラックバック 0| コメント 0

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。