プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ちょっとした会話から

ラウンジでの何気ない会話より。
(登場人物はかしましい女4~5人くらいをイメージして)

「うちのローって、新試験と関係ないことしている割には全員進級してるよね~」
「よそでは普通に落第してる人もおるらしいで」
「いやいや、それって追試があるからやろ?」
「追試も落とされたりすんねんって、特に関東なんかは厳しいらしいで」
「関西って緩いめやんね。入試も緩かったし」
「こんなんやったら関東の人らと勝負したら負けそうやわ…」
「あ、ほんならさ、もう『関西新司法試験』って作ったらええねん。関東で仕事でけへんかわりに関西のロー出身の人だけが受けられるねん」
「あ、それええわ。」
「そんでな、法曹は関西人ばっかりになるから法廷では関西弁で話すねん」
「ガラ悪そ~」
「ほんなら京都弁でもええわ」
「『次回期日までに準備できはりますか?』みたいな感じで!」
「京都か大阪にもう一個最高裁作って!」

と、ひととおり盛り上がって、「んなアホな」と言いながら次の授業へ行くのでした…
(沖縄奄美九州四国中国地方を失念している、という細かいツッコミはナシの方向で)

…誰か実現してください。
スポンサーサイト



2005-06-24(Fri) 22:46| 日常| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。