プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

中途半端

〔中途半端1〕
 先週の今頃は、生まれたての台風7号をみて「テスト期間中に台風体当たり!?」とテンションがあがったものです。でも、ふたを開けてみれば強風域はかかったのかもしれませんが、本当にたいしたことのないぶつかり具合でしたね…
 ま、ただでさえ来週分のテストが多いので、これ以上順延で科目数を積み重ねられても困るので、よかったのですが。
 いえ、よくなかった。
 話は少し変わって、私は気圧が下がると大体50%くらいの確率で体調が悪くなります。吐き気、立ちくらみ(めまい)、頭痛などなど。だから梅雨時などはつらかったりします。で、一般の低気圧よりももっと低気圧な台風が来ると、かなりの確率で本当ににしんどい。台風が来たときの暴風警報は「外を歩くと危ないから休講」の印ではなく、「気圧が下がって動ける体にならないから休講」の印みたいなもんです。
 最も都合が悪いのは今回のように気圧だけ下がって風がまったく吹かないとき。この場合、暴風警報が出ないので学校は元気ですが、私は個人的に暴風警報な体調なので元気ではありません。本日も然り。
 1限目のテストはどうにか普通の体調で乗り切ったのですが、4限目(5時半スタート)は台風がかなり近かったみたいで最初死にそうな状態で受けました。「テスト本番で死にそうな体調でもそこそこの答案を書く練習」です。
 とはいえ、中途半端な台風の接近はホンマに困ります。

〔中途半端2〕
 そんな体調で書いた答案はどれも中途半端なものばかり…
 親族法は「事実主義的な形式説」、捜査法は「実務に配慮した学者通説」。筋の通った答案なんかかけてるはずがない。だいたい、基本の出来上がっていない人にいきなり実務を叩き込まれてもどっちつかずな人間ができるだけなんですって。「刑訴法198条から国語的に取調受忍義務が否定できるわけがありません」「逮捕状を出すときに別件逮捕なのかどうかは令状裁判官にはわからないのだから別件基準説」とか、幼い私には衝撃的すぎて…
 あ、そうそう、親族法の先生へ。親族法のテストに
 法定相続分の問題出すのは反則だと思いますよ
 しかも条文持ち込み不可なんだから、900条くらいは載せておいてよ…
スポンサーサイト



2005-07-26(Tue) 17:16| 勉強| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。