プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

小話を少々・アンコール

昨日の記事に対して以下の質問に答えてほしいとの要望がありましたので、可能な限り、答えてみたいと思います。

1、スポーツ
 見るのはサッカー(国際試合オンリー)、するのは水泳(平泳ぎオンリー)。陸の上で運動をするとすぐに喘息の発作が起きます。だから登山もムリ。

2、択一対策
 私が聞きたいです。

3、行政法対策
 学部で取ってなかったんですよねー。だからさっぱりです。
 しかし、うちのローにはすばらしい行政法の先生がおりまして、以下、その先生の授業について述べます。
 昨年は開学1年目ということもあって、先生側も「行政法に触ったこともない学生が多いだろう」と予想しておられました。にもかかわらず、講義抜きで演習からカリキュラムが組まれているのは既修者ゆえの宿命… というわけで、演習もおのずと教科書輪読チックになるのかと思いきや、弘文堂の「ケースブック行政法」の判例を片っぱしからつぶすつぶすつぶす! あらかじめ期末テストにはその中のケースから出す!と告知をするものだから、こちらとしては判例を覚え倒すしかないわけです。判決読むためには自然と教科書も読まないと話にならないので、平行作業で通読完了。判例もバッチリ。
 おかげさまで先日のプレテスト(択一)で一番困らなかったのは行政法でした。
 最後に、ちょっと面白いな、と思った本を紹介して終わりにします。
「ケースメソッド公法」
 市川正人
 曽和俊文  編著  (日本評論社)
 池田直樹

4、恋愛
 私が聞きたいくらいです。
 私によいお話が舞い込まないのは、ひとえに私がうるさすぎるからだと思います。ツッコミ至上主義はそろそろやめた方がいいかもしれません。
 外見上の好みは、身長低め、顔縦長、めがねの似合う人。でもまぁ、お付き合いしてみないとわかりません。

5、ガンダム
 …私にどうしろと?
 アムロ=「親父にだって殴られたことないのに!」
 シャア=赤
 ぐらいしか知りません。
 私が中学生の時はガンダムWがはやってたなぁ。略してGW。何度「ゴールデンウィーク」と間違えたことか。
スポンサーサイト



2005-08-27(Sat) 17:27| 日常| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。