プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

先生の指揮で歌う

高校OBOG合唱団(せっかく正式な団名があるので、以下「かえで」とします)の3回目の練習に行ってきました。前回でやばいと痛感した私はそのあとぼちぼち腹筋等をしていたので、腹持ち(腹筋で声を支えること。ちなみに造語)はよくなっていました。でもいかんせん上のほうの声の出し方を体が忘れているので、隣に声楽を専攻している後輩が立つときたないきたない。ま、声がかき消されているから私なんかいてもいなくても同じなんですけど。
 そうやって、それぞれ大学とか仕事とかを抱えながら2週間に一度だけ集まって練習しています。毎日声を出すことはみんな難しいのです。そんな私たちの状態をみて、先生は「家で鼻歌を歌うときも、おなかの支えをしっかり保って歌えばうまくなるから。」とおっしゃいます。でも、私の場合は「腹筋を意識して歌う」=「結構大きな音が出る」ということなので、集合住宅に住んでいると隣が気になってそんなことできません。やろうとしたことはありますが、同じマンションの知り合いが「隣からアメージンググレイスが聞こえてきた」と言っていたのを思い出し、なかなか声を出すことまではできないんですよ、先生。ごめんなさい。
 でも、曲がいい曲なだけに、思うように音が作れないのは悔しいです。頭の中ではすっかり全国大会に優勝するような合唱団の声で全体のイメージが出来上がっているのに、実際に鳴る音があまりに貧相で、せっかく来てくださった先生に申し訳なかった…

 と、遊んでばっかりいると思われがちですが、そうではありません。実は、「かえで」には私のほかにもロー生がいて、こいつらとしゃべると法律の話は避けて通れません。んで、その話題も「今こんな課題が出されてんねんけど…」って、普通そういう課題っていろんな資料を見て三日三晩考えてそれでも何だかよくわからんままに出すものやろ!? それをひととおり歌い終わって気持ちよくなっているときに攻め込まれても、私は完全武装解除しとるんだからムリです。いや、武装解除していなくてもムリです。平素の私は油断とスキだらけですから、あまり本気で攻めるのはやめましょう。
スポンサーサイト



2005-09-25(Sun) 17:38| 趣味| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。