プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

潰瘍でも癌でもないのに・・・

 まだ胃が痛いです。もうかれこれ一月近いです。そろそろイヤになってきます。「胃痛の話」っていうカテゴリを作りたくなってしまいます。
 そもそも、私の胃痛のルーツをたどると、(たどりたくないでしょうが)中3のとき、いじめ+受験のストレスがかかったときまでさかのぼれます。そのときは薬で何とかなりましたが、以来半年に1回くらいずつ1週間くらい胃が痛くなります。
 でも、今回のは長すぎ。薬を飲んでるのに、医者にかかっているのに、治らないのは初めてです。はぁ。
 今日、また診てもらいに行ったら「ストレスを軽減するために、精神安定剤を処方しましょうか…?」といわれました。いやいやいや、なんかその方向はおかしな気がする。しかも、そんなもの飲んだら眠くて仕事(勉強)になりません。
 かといって、「私を苦しめているストレスは何か」と考え始めると、「ストレス探し」がストレスになって悪循環もいいところです。つまるところ、受かっていないというところに原因があって、そんなものは今すぐどうこうできません。

 もうそろそろクリスマスなのに、忘年会シーズンなのに、(また私にとって今年のこれらのイベントが楽しくないだろうということが腹立たしい)まだ食べ物を受けつけない状態が続きそうです。太らなくていいけど。
スポンサーサイト



2006-11-24(Fri) 22:37| 日常| トラックバック 0| コメント 5

コメント

そういわずに忘年会たのしんじゃおう!
でも、お大事に。。。

2006-11-25(Sat) 11:53 | URL | ともこ #-[ 編集]

そうか~
私はよく消化不良に陥るので
外出にはビオフェルミンが手放せないよww

しかし胃痛は気にしないことなんてできないし
あれだね、泣くか笑うかしてごまかすのがいいね。??

とにかく、お大事に・・・(´・ω・`)

2006-11-25(Sat) 14:46 | URL | しお #-[ 編集]

胃痛辛いですよね。
私も2年前胃痛に苦しめられた時期がありました。近所の胃腸科のある病院に通っていて、検査もしたのですが、ストレス性の胃炎だと診断され薬も処方されました。
しかし、一向に症状の改善がみられないので違う総合病院(日赤)に行ってみました。その病院で、胃カメラで検査してもらったところ、十二指腸潰瘍と診断されました。原因はピロリ菌だと言われ、ピロリ菌の除菌をしてもらいました。除菌後はすっかり胃痛が治り、それ以降胃痛になることはなくなりました。
一度違う病院に行かれてみてはどうでしょうか?
胃痛の原因について、ストレス説とピロリ菌説があり、日本ではストレス説が多数説であるとの話しを当時医師から聞きました。アメリカでは、ピロリ菌説が通説らしいです。
下に、ピロリ菌に関する医師の文章を貼り付けておきます。「慢性胃炎」「ピロリ菌」で検索すればさらに詳しく出てきます。

「日本人に見られる胃炎のほとんどは、慢性胃炎です。症状がはっきりせず、胃のもたれ、不快感、食欲不振などが何となく起こるといった不定愁訴が見られます。こういった症状のほとんどは、いつから始まったのか、はっきりしません。また、全く症状がないこともあります。
日本人の慢性胃炎は、そのほとんどがピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の感染が原因であることがわかっています。ピロリ菌に感染し、その後、長い年月をかけて胃炎が進行して、慢性胃炎となるのです。」(桑山肇(獨協医科大学教授))

2006-11-25(Sat) 23:06 | URL | りょうた #-[ 編集]

>ともこさん、
 忘年会、来れないって…

>しおさん
 ビオフェルミンはどっちかというと腸ではないか? 私は、大○漢方胃○薬が手ばなせないわ。

>りょうたさん
 どうもありがとうございます。
 5年前に胃カメラを飲んだのは、ピロリ菌を疑われたからです。結果、検査医に「こーんなきれいな胃にピロリ菌なんかおらんわ~」と一笑に付され、そのときは組織検査に回されませんでした。

 今回もあまりに長続きするため、先日採血によるピロリ菌検査をして、今結果待ちです。
 私が中学生のころは、胃カメラで胃の組織を直接とらなければピロリ菌の検査はできない、と言われたものです。でも、いまどきは血液検査で何とかなるのですね。血を採ってくれた看護婦さんにそう言うと、「医学は日進月歩なのよ」と笑われました。

2006-11-26(Sun) 09:34 | URL | 優羅 #-[ 編集]

うん(涙)

というのはうそで、行けるようになったー!

2006-11-27(Mon) 22:25 | URL | ともこ #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://diabetesinsipidus.blog75.fc2.com/tb.php/15-2c6b9e68

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。