プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

史上まれに見る無意味な得点分布表

国際私法の現代化要綱を見に法務省ホームページへ行ったら、「プレテスト論文試験の結果を公表しました」と書いてました。

 え? 論文試験の結果?

 一般の方に説明しますと、私たちは夏休み中に新司法試験のプレテストという物を受験しました。(その間のすったもんだは8月初旬の記事参照)あくまで「試し」ですので、マークシートでしゃきしゃき採点できる択一は個人成績が返ってきますが、論文試験は全受験者の中から無作為抽出500名分しか採点しないことになっていました(当然、当選した500名にも点は通知されません)。だから、私たちは自分の点数など知るよしもないわけです。なのに結果って公表する理由あるのか?

 でも、自分の受けたテストですので、無意味と知りつつもついつい見てしまいます。くどいようですが、自分の点数なんか知らないので(っていうか採点すらされていないかもしれないので)見てもへこみも膨らみもしませんし。
 …そうは言っても、公法で1点(200点満点)の人がおるのを見てると(しかも2人もおる…)、自分は大丈夫だったんだろうかと、これまた無駄に心配になってきます。でも、どういう答案が1点なのか、逆に知りたいです。

 何よりびっくりしたのは、労働法以外の選択科目は全員が採点対象になっている、ということ。そういう話だったっけ? 私、「どーせ誰も見ぃへんし~♪」と、かなり面白いことを書いた記憶があるのですが。
 じゃあ選択科目ぐらい全員に通知して…と思う自分がいる反面、やっぱいらないかも、とも思ってしまう自分がいます。

 結論として、ぜんぜん参考になりませんでした。平均点見ても、「だからどうなん?」というところがさっぱりわかりませんから。
スポンサーサイト



2005-11-08(Tue) 16:03| 勉強| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。