プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ネタはあるのにヒマがない

だから、このように小話をまとめて放出することになるのです。

1、検察庁って
 学校の検察官先生のはからいにより、先日検察庁訪問に行ってきました。いままで弁護士事務所と裁判所(裁判官)には訪問したことがあり、いずれもスーツ着用は要求されなかったのですが、ここだけ「社会人らしい服装で」と言われました。これもまた、法曹三者の特徴が出てて面白いと思います。
 検察庁と言えば、「検事霞○子」とか、「○かぶ検事の事件ファイル」などなど、サスペンスでもたびたび出てくるあの取調室がどんな感じなのか、楽しみでした。
 でも、検事と事務官の机がL字型に配置された部屋で執務するのは捜査検事のみのようで、公判検事等は大部屋でした。しかもその捜査検事の部屋も、ドラマのようにじゅうたんが引いてあって、観葉植物がおいてあって、応接セットなんかもあって…という感じではなく、むしろ警察の取調室に近い印象を受けました。多分、空き部屋に案内されたからだと思いますが…
 そして、最後は現役検事さんによる座談会が催されました…が、検事の仕事がどれだけすばらしいかの独演会のようになっていたような。でも、その迫力に圧倒されて「あ、検事もいいかも」と思ってしまいました。(ただ転勤がね~)

 この企画はなかなか志望者が増えない検察庁の明日を憂えて企画されたのか?などと、変に邪推してしまいますが、結構検察庁のイメージ変わります。もっと学部生なんかも見学に呼べば、もっとイメージアップになっていいのにと思いました。


2、字数制限1600字の弊害?
 相変わらず、刑事法総合演習は毎週字数1600レポートが課せられています。しばらくは実体法1題、手続法1題と定型化されていたのに、この間はそれにプラスして公訴事実の起案(被疑者3人分)も要求されて「ハハハ、むり。」
 そのせいかどうかわかりませんが、最近、論文演習していると、論点は大概ひろえているのになんか短すぎる答案を書いてしまいます。書かなければならないこと(定義・趣旨の類)を落としてしまっているみたいです。…やばい傾向だ… 昔はやたら冗長だったのに、昔と今と、足して2で割ったらちょうどいいのに。


3、こっそりと
 明日、ちょっとした舞台で歌ってきま~す(合唱)。発表の原稿書いたり自主ゼミの答案書いたり択一答練解いたりせなあかんのに~(焦)
高校のOBOG合唱団で、発足したばかりだから練習回数は月2回。これくらいなら参加できるだろうと思っていたら、なかなかどうしてしんどい。だいたいローの3回生で月2回も帰省すること自体がムリです。(何回か練習休んでごめんなさい)
 だから、明日初舞台にしてラストステージ… 不本意ながら、1回舞台乗っただけで長期休団です。
 合格して、就職して、仕事が軌道に乗ったらまた…できるのかなぁ。
スポンサーサイト



2005-11-12(Sat) 16:04| コバナシ| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。