プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

瞳孔が開く!

 今日は2週間に1回のゼミでした~。受験生との接触がほとんどない私にとっては、楽しみな日です。
 前回はたまたま成績がよかったので、「今回もっ!」と意気込んでいったのですが、さっぱりでした。しかも、名前的に一番最初にいじられるので、私一人に1時間以上もいじっていただいて、ありがたいというか、穴があったら入りたいというか。「ちょっとこぎれいなよくできる子作戦」は、早くも頓挫しかかっています。「チャラけた格好のアホ」化の一途をたどらないよう、また立て直します。

 ところで、今回のゼミは民事法を扱うものだったので、検討すべき答案の量が尋常ではありません。大問一つ(答案4~6枚)と、大大問一つ(答案8~13枚)を8人前検討すると、最後の方は申し訳ないけれどほとんど耳に入ってきません。
 時間的にもすごいです。午後2時スタートで、終了が8時過ぎ… さらに、開始前2時間は、ゼミ生の答案に目を通してコメントを用意しなければなりません。
 まぁ、よくわからない状況ですが、なにやら大変そうな雰囲気さえつかんでいただけたら本望です。最後の方は瞳孔開いてました。死んでますね、ハイ。
 でも、先生だけは最後までお元気そうでした。弁護士になったら、こんな長時間のゼミにも笑顔で耐えられるだけの頭脳的体力がいるのかなぁ、と思います。だって、在学中にお世話になっていた弁護士先生も、どれだけ長いゼミでも満面の笑みで応えて下さっていましたし。「疲れたから帰る」って言えないんですよね。

 と、いうわけで、疲れているのでとりとめのない文章でした。
スポンサーサイト



2006-12-02(Sat) 22:31| 勉強| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://diabetesinsipidus.blog75.fc2.com/tb.php/17-4bd1feca

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。