プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

パニックルーム

 そういうタイトルの映画を見たわけではありません。あれは確か、パニックな状況に陥ったときの避難場所の名前でしたっけ? 私の場合はそうではありません。「部屋のせいでパニック」です。

 始まりは11月の末、夜中の3時に物音で目が覚めます。「トントントントントントン…」と、120回/分のペースで天井から音がするのです。水か滴るような感じの、間抜けな小太鼓のような音。以前、マンションの気密性の高さゆえに、換気扇をつけたまま寝るとエアコンからそんな感じの音がしてきたりしていました。そんなときは小窓をあけるか、換気扇を閉めるように言われていたので、眠い目をこすりながら換気扇を止めました。しかし止まらない。
 翌日「眠れんわ!」と管理会社に電話すると、すぐに見にきてくれたのですが、原因がわかりません。とにかく「小窓をあけて、換気扇を止めて様子を見てください」とのことです。

 実際、それでしばらく大丈夫だったのですが…
 今週に入り、2日連続で午前3時ごろに同じ音で目が覚めました。やっぱりどう頑張っても止まりません。それ単独では大した音量ではないのですが、ず~っと鳴り続けると本当に気になって眠れません。とうとう台所(ワンルームマンションなので、同時に玄関前です)で寝るハメになりました。

 もう限界です。もう一度電話して今度はしっかりした建築業者も一緒に来てあっちこっち見ること30分。結論は「…わからん」。
 はい、そんなことだろうとだいたい予想はしておりましたよ。曰く、天井の裏は完全な空洞でダクトも何もないから、換気扇等で振動するといったことはないそうです。
 ははははははははは、ポルターガイストってことですか。(笑い事じゃない) 
 あと数ヶ月で名残惜しく退室なのに… どうしてあと数ヶ月待たれへんかったんや… 寝られへんかったら、下宿の意味がありません。

 でも、とりあえず次は天井に穴を開けて調べることになりました。それでも原因が突き止められるかどうか、確証はないんですよね。最悪の場合、「通学」になりそうです。片道2時間半(1000円強)を。
スポンサーサイト



2005-12-07(Wed) 16:12| 日常| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。