プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

小耳にはさんだ話

 まだかすかに胃が痛くて、そろそろ大病院かどうか悩んでいる今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
 先日など、胃痛の薬をもらいに行っただけなのにそこで鼻かぜをいただいてきてしまいました。もう治ったけど。お手洗いではなにやらもどしてはるひとがいたり。病院へ行くのも覚悟がいりそうです。はやってますね~、風邪。

 ところで、私は基本的に日中活動中は昼寝をしないタイプです。よく「キャレルで2時間寝てもーた」と、タオルの跡を顔にくっきり残しながらつぶやく猛者もいてましたが、私は寝ても15分程度、極力寝ないようにしていました。(なぜなら、昼寝の後には8割の確率で偏頭痛が…)
 しかし、どうしても眠気に耐えることのできない時間帯があります。それは昼食後2時間です。私は最近まで、これは「ご飯を食べたから」だと思っていたのです。だって、よく言うじゃないですか、「胃に血液が集中するから眠くなる」とか何とか。
 ところがどうもそうではないらしいのです。なぜ昼間1時~3時にかけて眠い時間が続くのか。それには進化論の観点からの理由付けがあるらしいのです。
 そもそも、私たち「ヒト」が亜気候帯(温帯とか?)に住むようになったのは…何万年前だっけ、せいぜい数十万年前なんだそうです。それ以前、何百万年、何千万年間はずっと熱帯に暮らしていました。熱帯に暮らしていると、昼間炎天下の時間帯は日陰で休まなければならなかったらしく、その名残りで今でも昼下がりは眠くなるらしいです。
 と、いうわけで、よくテストのときなどに「昼は眠くなるからご飯を控える」っていうのは、思っているほど効果的ではないようです。まぁ、腹十二分目に食べてしまうと、やっぱり眠くなるらしいので食べすぎはよくないみたいですが、あえて控えるのも逆効果なのかもしれません。

 あ、ちなみにこの話は中学受験する小学生用の読解問題から引用しました。読んでる時は教えることに必死だったので、数字の部分が正しいかどうかは確証をもてませんので悪しからずご了承ください。だって、数字覚えるの、苦手なんだもん。
スポンサーサイト



2006-12-07(Thu) 09:33| 日常| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://diabetesinsipidus.blog75.fc2.com/tb.php/18-9295a341

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。