プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

予備校に行ってみた

こんな身分ですし、家でごろごろばかりしているのもアレなので、某予備校主催のゼミつき答練を体験受講してみました。
 いや、「体験」なんていわずに即契約といきたかったのですが、3日前に電話で問い合わせたときには「まだお申込みいただいている方はいません」と言われて怖気づいたのです。先生とマンツーマンだったらどうしよう!と。

 おそるおそる教室の中をのぞくと、数名いてました。ああ、よかった。ゼミだからこれくらいがいいか。
 ただし、全員男性だったんですけれど。
 男性が若干怖い私としては、なかなか居心地のきわどい4時間でした。多少予測はしていたんですけどね… っていうか、女性だって択一落ちた人いるやろに。 みんな行こうよ!(何の誘いだ)

 一つ、面白かったのが、テーブルの上に置かれた名札。ゼミだから、当然円卓状にするのですが、それぞれのテーブルに名札を置いて、コミュニケーションを円滑にしようという趣旨。ところがちょっと妙なのが全員架空の名前だということ。故意です。
 なんでそんなところで匿名性が要求されるのかわかりません。っていうか、全然違う名前だと友達にもなりにくいじゃないですか。
 そして私につけられた名前が「西口」。誰やねん、西口…
 そんなもんだから、「西口さんはどう思いますか?」と聞かれても、しばらくボーっとした後で「あっ、私のことか!」と気づくような感じ。素ムシ未遂を何回かやらかしました。

 という、一風変わったゼミですが、さて、来週からどうしようか。
スポンサーサイト



2006-07-25(Tue) 09:46| 日常| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。