プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

それは大人のすることじゃない

元極楽とんぼの山本氏が起こした事件に端を発する茨城ゴールデンゴールズの解散劇。監督が「辞めるのを辞めない」宣言をしたことによって収束しつつある今だからこそ、私はつっこみたい。

 私は当該チームや監督のファンでも何でもありませんが、端から見ていてあまりにも格好が悪いので最初から腹が立っていました。

 まず、そもそもの事件の内容自体が腹立たしい。
 でも、逮捕もされていないのにどうしてクビ?
 そして、やっぱり逮捕されていないのになぜ球団解散?

 一報が流れたときからツッコミどころ満載でした。
 以前から問題発言が多かったとのことですから、いきなりクビにしたところは百歩譲って理解できるとしても、なぜ球団が解散しなければならないのか。
 選手、スタッフ、支援者、ファンなどの莫大な利害関係者を無視して監督一人が突っ走っているようにしか見えませんでした。いや、これは解散しないように遺留されることを狙っているのか、とまで邪推してしまうほどに。

 そしたらわずか3日で解散撤回。やっぱり、というかよかったね、というか。ともあれ、ファンも選手もホッとしたことでしょう。

・・・・・で?

 そもそも、山本氏がしたことに対する責任を取ってのことだったんですよね。でも、球団解散はやりすぎだと思って撤回したんですよね?
 じゃあ、解散の代わりに「監督を辞める!」とか言うかと思ったんですが、一向にその気配はありません。このままでは3日間、無駄に選手やファンをやきもきさせただけで何も責任取ってないことになるのですが、それでいいんでしょうか?

 いい大人が自己責任でしたことだから、球団は関係ない、という考え方もないわけではないでしょう。(選手複数名が絡んでいた、という話が事実であれば、そうも言っていられなくなるのでしょうが)
 でも、それでは吉本をクビになったその日にあれだけの会見をした監督の決意って一体なんだったのでしょうか? このままでは、本当に「ただ格好つけただけのおじさん」という印象しか残りません。

 彼には新たに今回の解散劇で迷惑をかけた責任もかかってくるわけですから、「ごめん」の一言では済まないと思います。子どもに夢を与えるという目標を掲げている以上、人の範たる姿勢を見せてほしいです。
スポンサーサイト



2006-07-27(Thu) 09:47| 日常| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。