プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

酷暑に思う

毎日本当に暑いです。クーラーなくして暮らせません、ほんまに。環境のことを考えて、設定温度を一応29℃にしているのですが、サーモがいかれてるのかガンガン効いてしまって困っています。
 こんなに暑いと、ちょっと外を歩くだけで熱中症になりそうです。
 それなのに、なぜか動物園へ遊びに行くことになってしまいました。アクエ○アスとポ○リスエット持参でなんとか乗りきろうと思います。というわけで、皆さん気をつけましょう。

 そこで思うのですが、毎年彼らは大丈夫なのでしょうか。そう、高校球児たちです。
 この温暖化のご時勢、夏の気温が36℃を超えたら気象庁で「熱中症警報」を発令してあげたらいいと思うのです。「光化学スモッグ警報」みたいな感じで。ぶっちゃけ、光化学スモッグよりも危険だと思うのです。
 と、思うくらいのこの日差しの中で彼らは毎年がんばります。本当にかわいそうでなりません。運動する気温じゃないって、ほんま。

 確かに、夏と言えば甲子園! 甲子園といえば夏! 同じ高校野球でも、夏にしなければ意味がない! と言う気持ちは非常に理解できます。でも、あまりにもかわいそうです。いくら水分補給できるといっても、最低1イニングは水分ナシで炎天下に立っていなければならないのですから、かなり危険なんじゃないの?と毎年思うのです。
 本当は夏にすること自体相当危険だと思うのですが、高校生活のサイクル上、夏以外に開催することはほぼ不可能です。春だけにすると3年生の引退試合って感じがしませんし。

 そこで私は、甲子園をドームで行うことを提案したい!
  阪神ファンからすれば「あのつたの絡まった歴史観漂う球場こそが甲子園」という思い入れがあって、「甲子園をドーム化すること」難しいとは思います。ならばせめて、大阪ドームでしてはいかがでしょうか? でも、そうすると今度は「甲子園でしない甲子園なんて甲子園じゃない!」という声が上がるんだろうなぁ。難しいなぁ。(うわぁ、日本語習いたての外国人が見たら意味がわかれへんやろな…)
 でも、思い入れだけで炎天下で野球してたら命が危ないって、マジで…

 と、縷々考えつつ、今年も甲子園を迎えます。がんばれ、大阪桐蔭!
スポンサーサイト



2006-08-05(Sat) 09:49| 日常| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。