プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

半永久的友情

こういう話をすると、8割の確率で「信じられない」と言われるのですが、私の高校時代のクラブ(音楽部)のメンバーは今でもありえないくらい仲良しです。
 忘年会出席率9割。
 最低でも3ヶ月に一度は何らかの集まる機会がある。
 誰かの結婚式ではみんなで駆けつけて高校の校歌を合唱(混声四部)するぞ。

 そんなメンバーでキャンプに行ってきました。

 はじめ、パラグライダー体験がメインイベントの予定だったのですが、台風接近により前日に中止が決まっていたようです。主催者はひどく残念がっていました。でも、私は極インドア派なので、「遺書を書いていこうかしら」ぐらいのビビリっぷりでしたから、正直真剣に「命拾ったわ・・・」と安心していました。
 なのに、朝8時に集合したときから昼過ぎまでの間、飛行機雲がくっきり見えるほどの、攻撃的なまでの日差しに「詐欺やー!」と叫びっぱなしでした。
 そういうわけで、1日目のほぼ全てを占めるはずだったパラグライダーがなくなってしまったことにより、すっからかんのスケジュールを必死に埋めながらの旅です。「る○ぶ」を右手に、カーナビを左手に探しまくり(危ない)。結局遊びすぎて、まっくらな中、街灯1つない湖畔道路を走ってロッジに向かう羽目になってそれはそれで怖い思いをしましたが。後ろを振り返ると、ほんまに何も見えない漆黒の闇とかありえませんから!

 でも、正直どこで何をしていても、私たちはある程度そこそこ楽しめるのです。「どこに行くか」よりも「誰といるか」の方が重要な関係です。ぶっちゃけ、台風が直撃して、ロッジにこもりっきりにされたとしても、きっとそれなりの思い出を作ってこれたであろう、そんな関係です。
 みんな就職して、立派に社会人やっており、私だけがふらふら無収入ですが、そんなことはあまり関係ない感じ(まったく、とはいえませんが)。

 まだ実現してはいないけど、いざというときになったらきっと、誰かの結婚式の前には必死で校歌を練習するんだろうなぁ。誰か結婚しないかなぁ。


 ところで、行程の最後で立ち寄った鍾乳洞探検の影響で、筋肉痛はなはだしいです。鍾乳石にぶつけた頭にたんこぶもできました。こんなニブい私に、パラグライダーはやっぱりムリですよ、本当に。
スポンサーサイト



2006-09-19(Tue) 18:13| 日常| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。