プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

知らない間に

なんてこったい、法例(国際私法)ってもう改正されとったんか。
 今朝、父がとっている日経新聞の書籍広告欄に
「解説 法の適用に関する通則法~新しい国際私法 
 神前禎・著 
 弘文堂」
 とあったのでめっちゃあわてました。
 ほんまは去年の臨時国会あたりで成立するはずやったのに、あれからとんと音沙汰が無いな、と思ってたところだったんですよ。やっぱりマイナー科目は気をつけていないといけないですね。
 しかも「国際私法」って言う名前にするんとちゃうかったん? 「法の適用に関する通則法」だなんて、答案に書くのがしんどくてかなわんわ。

 そういえば、知らない間に最終合格発表なのですね。思えば、私に裁きの雷が落ちてから今まで、皆さんは宙ぶらりんだったのですね。ならば、どうせ落ちるなら、あの時点でよかった、とかなり思います。
 私が真剣に司法試験、いえ、就職試験を受けたのは今回が初めてでした。受ける経験も落ちる経験も初めてなら、机を並べて一緒に勉強した仲間が受かって行く経験も初めてです。
 誰がうかり、誰が落ちるのかまだわかりませんが、必ず何名かは和光への切符を手にするでしょう。それがこんなにもしんどいこととは思いませんでした。
 
 明日の4時半、受かって行く人たちへ。
 今すぐ心から祝福できるといったらうそになります。あまりにも悔しいから。来年必ず追いつくから待っていろ。
 でも、「法務博士は使えない」とか根拠なき小言に負けないように、1期生として立派な法曹になってください。教える側も私たちも手探りの中、無理難題に必死で応えてきたのはどこのロースクール1期生でも同じだと思います。この努力が無駄ではなかったことを、私たちが使える人材だということを、どうか法曹界に示してきてください。

 明日の4時半、悔し涙にくれる人たちへ。
 一緒にがんばろう! 本当にがんばろう! 次への時間はたっぷりあるようで、実はあまり無いのだから。
スポンサーサイト



2006-09-20(Wed) 18:13| 勉強| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。