プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

合宿付かぁっ!

司法修習には,「民事裁判」「刑事裁判」「検察」「弁護」の4つのパートがあり,それぞれを約2ヶ月ずつ体験して回るわけです。前の3つは,実際には部に分かれて配属されるので,一つの部あたり7~8人ずつの修習生がいてることになります。検察なんか,全員で1部屋って話もあるので,みんな友達です。
しかし,弁護だけは担当の先生(事務所)に一人で配属になるため,友達ができません。
私のように,弁護が後回しのような班の場合はいいですけど,しょっぱな弁護だと人間関係的にきついものがあります。
そこで,修習地によっては,弁護修習対象者には開始直後に合宿をし,親睦を深めてもらおうという企画がある,という噂を聞きました。まさか大阪みたいな大規模地域でそんなことはしないだろう,やぁ,地方での修習ならサービスもいいなぁ。と,思いながら聞いておりました。
・・・がっ!

今日来た弁護士会からのお手紙を見ると,どうもうちもやっていただけるみたいです。
しかも,府内にあって温泉旅館!?
さらに弁護は一番最後の私の班まで!?
ありがたい・・・ ありがたすぎです・・・(感涙)
会費請求されても文句言いません。
ただ,時期的に初夏なので,温泉が暑そうなのが残念。

色々な先生方に,「修習では楽しんできてください」といわれた理由がなんとなくわかってきた気がします。
スポンサーサイト



2008-11-19(Wed) 11:17| 修習| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。