プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

さよなら、「永遠の夏休み」

私は今日、司法修習生になります。
内定から今日まで著しい非行に及んだ覚えもないので、99%つつがなく辞令を受け取ることができるでしょう。

思えば、ローを修了するときには、「明日から幼稚園以来の『何の身分保障もない生活』がはじまるんや」とめちゃくちゃ不安に思ったものです。それからずっと、『永遠の夏休み』状態が続いてきたわけです。
私は(自分で言うのもなんですが)、規則正しい生活をしていないととたんに体を壊すので、浪人生時代も毎朝6時半に起き、できるだけその日のうちに寝るように心がけていました。そういう意味では、「夜型を朝型に変えな・・・」という類の心配は一切ありません。
ただ、これからまた毎日定時にどこかへ行かなければならない生活が始まるのかと思うとちょっと不安。たった2年間引きこもっていただけでこんなことを思うのですから、長年引きこもってきた人が社会復帰をすることは相当大変でしょうなぁ。
ともあれ、『永遠の夏休み』状態をようやく脱することにささやかな不安を感じつつも、やっと軌道修正できたこと、念願のバッヂ(まだひまわりじゃないけど)を手に入れられることに感慨ひとしおです。
改めて,去年私を立ち直らせてくれた全ての人々に,心の底から御礼申し上げます。

右手首にはまだ、かなりくっきり傷跡が残っています。去年の今頃、手のひらの傷は手相の一部になってしまっていたのになぜでしょう。でももうこの際、治んなくてもええわ、なんて思っています。これを見るたびに初心を思い出せるのなら、一生残っていてもええわ、と、そう思います。痛みはもうないんですけどね。不思議ですね。

飲み込みの悪い私が、たった1年の修習で2回試験に対応できるのか甚だ疑問ですが、これから根性入れなおしてがんばっていきます。
スポンサーサイト



2008-11-27(Thu) 00:00| 日常| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。