プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

なんでも悩めるタイプ

1 『敵』との遭遇
 修習が始まってまもなく,そいつは私を悩ませた。この寒さだというのに,その能力を秘したまま凍るような冷たさをたたえていた。
 お手洗いの便座である。
 明らかにかたわらからはコードが伸びているのに,毎日毎日冷たいまま。隣の弁護士会館は最新のトイレだというのに,なぜ裁判所は冷たいままなのか?
 スイッチを押してみたい気もするが,新参者の私などが勝手に触れてはいけない不文律みたいなのがあるのかもしれない。なにせ,法廷や起案の部屋(会議室)は空調が入ってないやろ(怒)というくらい寒いのだから。部の裁判官に聞くと,「12月からは暖房を入れるって聞いてたんですけどね~」と言われたが,どこの公立中学ルールやねん!
 なんて事情があるので,勝手に電気を使うようなマネはしてはならないのかもしれない。
 とにかく,私が来た瞬間に勝手に電源が入っては,明らかに私のせいだとわかってしまう・・・ 様子を見よう。

2 作戦を練ってみる
とはいえ,1週間も経ったのだからそろそろ動いてみよう。
1回入れてみて,翌日に切れていたらやっぱりあかんのか,ということで納得しようか。
毎朝私が電源入れ当番してみようか。
なんて色々考えているうちに,外気温が高くなってきてどうでもよくなってきた・・・

3 意外にも!
そうこうしているうちに導入起案講評で1日中配属部を離れた日,別のフロアのトイレに行くことになってびっくり。電源入ってるがな!!
あれ,なんか私の考えすぎ!?
入れても文句言われへんねや!?
じゃあうちのトイレは何で?
と,いうわけで部に帰って早速実践してみた。

結論
故障中でした・・・

あかんって! この間の飲み会でもこのブログの愛読者見つかったばっかりやのにこんなアホ話ばっかりしてたら!


~オマケ(修習もまじめにやってるよ)~
導入起案って成績つけないのかと思いきや,ばっちりついてるみたいですね。
翌日の教官との面談で,大体どのへんの成績か(お願いしていないのに)教えていただいてしまいました。
「下じゃない」
だそうです。
なんか,司法試験よりもだいぶ順位が落ちてる気がしないでもないですが,任官の「に」の字も考えてない私としては,落ちなきゃなんでもいいです。
そんな話を部でしたら,「よ~し,じゃあサマリー起案を中心に課題を出していくことにしましょうか。しっかり添削しますんで。」なんて担当裁判官に言っていただき,なんて恵まれた部にいるんだ!と感動しきりでした。
スポンサーサイト



2008-12-12(Fri) 21:37| 日常| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。