プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

書記官って大変!

先日は私の配属されている部の裁判官の大半が有休をとってしまわれる,という日だったので,「じゃあ書記官研修とかする?」ということで,半日書記官研修でした。

まず,研修する前に思ったことですが,各部のスタッフってほとんど書記官なんですね。事務官と書記官が半々,ないし事務官の方が多いのだと思っていました。
私,今夏に事務官試験を受けましたが,そのまま事務官でいると司法行政部に回ることの方が断然多いのだな,と今更ながらに思いました。

そして,事務官から書記官へなるための試験(裁判所職員総合研修所入所試験?)についても大きな誤解が! 友人知人情報だと,「優秀な事務官だと,なってすぐに試験に受かって研修所に行っちゃうよ~」なんて言われていたものですから,失礼ながらそれほど倍率は高くないのかと思いきや! 現在だいたい10倍くらいだそうです・・・ いや,まったくもって申し訳ないです。
そうして難関をくぐりぬけた書記官の方の机の傍らには,これまたどっさり白表紙が! しかも私の全然知らないこと書いてある本ばっかりや~。 左陪席の裁判官が協力する形で,この試験対策の勉強会なんかが開かれているらしいです。

そんな感じで入り口のところからびっくりして,またさらにびっくりしたのが,書記官の一番大変な仕事は苦情対応だ,ということ。
「そこ?」と思ったりしますが,裁判所は人のトラブルを強制的に解決する場所です。当然,不満に思う人が出てきてしまうわけで,その気持ちが裁判所に向かうと結構大変なことになるみたいです。それを裁判官室まで持ち込むと,場合によっては取り返しのつかないことになるため,水際で書記官が対応します。「さすまた」を置いてる部もあるとか。
高○屋でアルバイトをしているときも思いましたが,どの業界もクレーム対応は大変です。一度怒りが頂点に来た人を落ちつかせることは,ほぼ不可能に等しい・・・

それ以外にも,判決に遺漏がないか,書類のページが飛んでいないか,常に管理します。控訴するが提起された事件などは,高裁から不備を指摘されないよう,部の威信にかけてチェックしまくるんだそうです。ここで抜け落ちてるところがあったりすると,いろんなところからお叱りの呼び出しがかかるらしい・・・ 一見地味ですが,大事な作業です。

書記官研修の前に見ていた通常業務においても,彼らは裁判官の担当する事件をすべて把握し,書類を管理し,調書を作り,(証人尋問中の作業量の多さといったら!)裁判官にとって優秀なブレーンです。
ちなみに,私が和解条項の起案を指示された時にも丁寧に教えてくださいました。和解条項起案も書記官のお仕事らしいです。和解も成立したときにきちんと債務名義になるわけですから,「お作法」的なルールがいっぱいあります。書記官は,それを全部踏まえてものの30分で10条項程度の和解を起案してしまわれていました。か,かっこええ。
スポンサーサイト



2008-12-13(Sat) 16:21| 修習| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。