プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

モーツァルトが私の起案の邪魔をする

今日は民裁即日起案(イメージ的には,中間テスト・・・みたいなもの?)でした。
前回,修習開始2日目に課された起案でえらいことをしてしまったので,今回はしくじれません。
朝から,こう,部のお仕事を一時放置して,付け焼刃的な予習をして,「今日は登記請求権か!?」なんて山を張ってみたりして,それなりに真剣に午後の起案に向かったわけです。

で,開始の合図と同時に,「あ,今回は言い分方式なんや」なんて思いながら事案を読んでいると,
頭の中で回るのです。

モーツァルトの戴冠ミサが・・・

何でそんなもんが回るねん!って話ですが,これには深いわけがあって。
先週末の合唱団の練習のとき,先生に指導していただいて1日中歌っていたにもかかわらず,どうしても歌詞(当然ラテン語)が入らない曲があり,悔しくて通勤途中に楽譜眺めながら曲を延々リピートしていたのです・・・ そしたらいい感じに入ってきたのはいいのですが,起案の…邪魔を…
賃貸借も賃料不払いも債権譲渡も,全部Jesu Christeに持っていかれてしまいました。
危うく訴訟物の説明を忘れるところでした。

と,いうわけで告知で~す。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
合唱団かえで 第2回定期演奏会
日時:2009年2月22日(日)
   13:30開場 14:00開演
場所:サンスクエア堺(JR阪和線堺市駅徒歩2分)
入場料:無料

第1ステージ
無伴奏混声合唱のための「シャガールと木の葉」より
「歩く」「シャガールと木の葉」

第2ステージ
ミュージカル「Cat's」より

第3ステージ
交聲曲「明日への風」より
「緑濃きジパングの島影」「別れ」
※岸和田高校OBOG合唱団と,泉陽高校OBOG合唱団「ひだまり♪」が賛助出演してくださいます。

第4ステージ
「戴冠ミサ」←これのせいで,起案の集中力が・・・っ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんな感じです。
ちなみに,修習先の教官に対しても,大体似たような内容の自己紹介文を提出いたしましたので,私が教官に特定されるのは時間の問題だと思います(泣)
でも,前回の演奏会で,集客がいかに難しいかを知ったので・・・ 公共の電波に乗せないわけには行かぬっ!
スポンサーサイト



2008-12-24(Wed) 22:17| お知らせ| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。