プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

あれっ,終わってる?

日々を懸命に生きているうちに,気がついたら仕事納めだったみたいです,昨日。
去年,落ちてから立ち直るまでに3年くらいかかったような体感だったのですが,今年は早い早い。

修習に入って2~3週目はものすごい勢いで起案していたのですが,その後は「記録読み⇒傍聴」の繰り返しでした。来年はもうちょっと頑張らねば。このブログをしているせいか,書くのだけはめちゃめちゃ早いみたいです。その早さ「は」,裁判官にほめられています。内容は・・・ぼちぼちと。

そして,昨日は選択型実務修習の説明会でした。色々と部の外の友達に会える~と思っていたら,結構欠席した人が多いようで・・・(↓↓)
選択型実務修習とは,1年間の修習期間の最後約2ヶ月を使って,裁判所・検察庁・弁護士会が提供してくれるプログラムを1~3週間単位で履修する,というものです。
友人からは自己開拓を勧められますが,ちょっと悩み中。遠くの過疎地公設事務所へ行ってみるといい,と言われますが,住む所の手配とか,依頼とか,面倒くさそうな気がする・・・ 
お世話になりまくった高○屋法務部へ1週間!なんて考えてみたりもしますが,「・・・で,なにすんの?」的な目で見られると,「・・・さぁ」としか言いようがない気まずさが流れそうなので,ちょっと躊躇。高○屋で働いてみたいだけで,企業法務がしたいわけではないですからね。

提供プログラムのカタログを見ながら,その場でささっと組んでみると,どうしても入りそうにない週がある・・・ 
あ,2回試験直前の1週間はホームグラウンドにしておくべきなのか?
っていうか,どれが人気があるのかわからないなぁ。
というわけで,選択型実務修習のよい組み方を伝授していただける方を募集中。
今のところ,修習生の身分がなくなったら見られなくなる裁判所・検察庁提供プログラムを優先して取る予定です。
スポンサーサイト



2008-12-26(Fri) 10:46| 修習| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。