プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

同定し、同定され・・・

暗黙の了解的に「週1回更新」と化してしまっています。
本当は、検察の起案ってどんなん?とか、クール変わって大変、とかぼちぼち書いてみたい気もするのですが、とにかくまだまだ週の大半を飲み歩いていますので、落ち着いてパソコンの前に座れません。

さて先日、前々からすっごく気になっていた修習仲間のブログ主をオフラインで同定してしまいました。
これを始めてから、同定されることはありましたが、私から同定したことは初めてです。
なんかちょっと感動しました。
私を同定する人もこんな気持ちなんかなぁ、と考えると共に、結構内容で誰かわかるなぁ、ということに気づきました。私の班に知れ渡る日もそう遠くはないでしょう。

なんて昼間思ったあと、夕方から刑事弁護の弁護士向け研修会を傍聴させていただきました。
なぜか刑事弁護(特に裁判員裁判)をなさっている先生と知り合う機会が多く、その日も以前お世話になった先生がいらしていました。
しかも、研修会が終わった後、修習生だけで晩御飯を御馳走になりました。
その席で、どうやらこの先生に同定されていたことがわかり・・・
「同志社なんだからわかる」とのこと。
一体どれだけ有名なんスか、ここ!?
弁護士の先生に同定されたのは初めてです。新しい展開ですね・・・
傍聴させていただくつもり(飛び入りだったし)で行ったのに、「じゃあやってみようか」と記録をさらりと読んだだけで主尋問に臨み、さらに後藤貞人先生にご講評をいただくという展開と同じくらいにびっくりしました。
あ、尋問のノウハウについては、色々な本が出ていますが、やらなきゃ身につかんということがなんとなくわかってきました。司法修習はそういうこともちゃんとさせなきゃならんのではないの?と思います。
スポンサーサイト



2009-02-07(Sat) 16:42| 修習| トラックバック 0| コメント 3

コメント

むしろ、実体法の解釈論の基本や、手続の流れ、事実認定の基礎を押さえる方が大事かと思われます。

2009-02-12(Thu) 21:26 | URL | (-ω-) #in57L09A[ 編集]

まぁ、それはそうなんですけどね…
耳の痛いお話です。
最近、択一六法を5月の段階で豪快に捨てたことを後悔しています。

でも、実務家になったら机上だけで仕事するわけではないし、尋問とか接見とかは、大なり小なり「練習」の必要があることですから、多少させてほしいなぁ、と思うわけです。
刑裁修習では模擬裁判があるみたいですね。

2009-02-14(Sat) 11:32 | URL | 優羅 #-[ 編集]

尋問の演習は和光でもあります。こういうのも大切だとおもいますが、、、

2009-02-15(Sun) 23:16 | URL | (-ω-) #in57L09A[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。