プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

集合修習

帰阪してからドッと疲れたのか,SWがおわるまで頭痛で動けませんでした。
伊豆で遊びすぎ,との説も否定しきれませんが…
しかし私のSWはまだまだ続く。休みすぎても次の出勤日がいつかわからなくなるから難儀なものですが。昨日から出勤(らしい)の神戸修習の人々,がんばれ~。

さて,集合修習でどんなことをするのかという,あるのかないのかよくわからない疑問にお答えしてみようと思います。
まず,集合修習の期間は日数にしてちょうど50日,講義の日数は35日でした。
このうち,起案が5科目×2回で10日はつぶれます。
これに対する講評が,平均それぞれの科目で1日ずつあるので,さらに10日がつぶれます。
あと約15日で何をしているのか。
・・・何をしてたんでしょうね・・・(こらこら)
起案を除いたカリキュラムの柱は,「模擬裁判(民事)(刑事)」と「問題研究・講義」です。
模擬裁判は民事の方が力が入っていて,和解⇒判決まで要求されます。
これに対して刑事の方はなぜか争点整理と尋問だけで,判決までしません。
どっちにしても,1クラス70名余の人間を原被告,ないし弁護人vs検察官に分けるのですから,そりゃあ大弁護団です。あんまり収拾ついてません。でも,クラスの人と顔見知りになるにはいいイベントです。
アフター5は起案の準備して,模擬裁の準備して…結構…忙しい…はずです。
教官いわく,「従前3ヶ月でやっていたことを2ヶ月でやってる」らしいですから。

これだけ盛りだくさんの7週間を過ごして,いい感じに危機感を植えつけられつつ,まだ2ヶ月の軌道修正期間があり,それでいてちょっぴり東京を見学できる余裕がある。そんなA班日程でよかった,と私は思っています。

というわけで(こんな話の後でアレですが),B班の方々は頑張ってください。
今まで勉強していたら大丈夫っ!
和光は寒い(大阪比)ので,新型インフルエンザだけにはくれぐれもご注意ください。
スポンサーサイト



2009-09-25(Fri) 23:11| 修習| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。