プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

再開宣言de小話

1、ごあいさつ
 閉鎖を宣言したにもかかわらず、下二つの記事をずるずると書いてしまいました。すると、意外にも複数の読者からの反響があり、まだチェックしてくださる人がいることに感動しました。
 そこでめでたく(?)足きりにも通過したことなので、すこしずつ再開してみたいと思います。
 ただ、以下に述べるように、なんでか分からないけれども「月月火水木金金」的生活を送っているので、更新は週1程度を目指します。


2、たいへんなことになってきた(1)
 実は、昨年に引き続きお中元バイトをしています。夏は暇そうだし、お金貯めておかないと本代(旧版教科書を総入替えの予定)が大変なことになりそうだからです。
 と、いうわけでそろそろ早期割引期間も終盤に差しかかり、シフトもだんだんきつくなってきました。4勤5勤が当たり前。
 そんなこの時期に、辰巳のゼミ講座で出会った人々から「事実認定のゼミをしよう」というお誘いをいただき、喜んで参加することに。先日、題材と方向性を決めるべく第1回の会合がありました。その結果、とりあえず次回までに8つの判例を検討しようということになりました。
 そこで大変なことに思い当たりました。週1回のゼミの日に休み取るだけじゃムリやん! ゼミに向けて予習したり、レポート書いたりする休みが結構いるやん! っていうか、所属してる合唱団が定期演奏会前だから、ただでさえ週末はほとんど練習&舞台だらけなのに!
 私はそっこー「より効率的な休みの取り方」をスケジュール帳とにらめっこしながら検討し、繁忙期としてはありえん量の休日を申請してしまったのでした。ごめんなさい、○屋… あ、私の収入も減っちゃう・・・

 追伸
 これを見ている修習生や法務博士の方で、「刑事事実認定判例50選」の効果的な勉強法をご存知の方がいらっしゃったら是非教えてください。どう使ったらいいか、未だ試行錯誤の最中なんです。


3、たいへんなことになってきた(2)
 まず、これ(↓)を見てください。
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070623it01.htm
 
 これねー、某巨大掲示板で試験当初から騒いでいたんですけど、具体的に何が行われたのかよく分からなかったので気にしていませんでした。でも、流石に全国紙の一面トップとなると、大変な話だと思うのです。
 受験した側からの感想としては、「行政処分の執行停止」を講義したくらいで漏洩とか思いません。だって、それくらい勉強していれば必ず怪しいと思う論点のひとつですから。
 でも、外国人の強制国外退去処分についての判例を配りまくったのはかなり深刻だと感じてしまいます。
 これを一般の方にもわかりやすいように、高校入試に引きなおして考えてみましょう。
 「これ、要チェックやで」と言って、問題作成に関与した先生が「大鏡(←あんまり学校の授業で取り上げられない古典のテキスト)」から話を数個ピックアップして入試前に受験者に配るようなもんです。あ、違う? 私はそう思ったんだよう。
 たとえ個別の小問を具体的に洩らしたのではないとしても、その元となる文をあらかじめ知っているのと知らないのとでは、正答率はもちろんのこと、解答速度においても雲泥の差を生じます。特定分野の判例を流す、ということはそういうことなのです。
 なんにせよ、一体どういう魔がさしたのか知りませんが、これだけはあってはならないことです。

 おそらく、今後今回の試験結果につき何らかの調整が入ることはないと思いますが、再発は防止していただかないと、受験までに暇かかるわ、金かかるわ、不公平だわ、三拍子そろった最悪の試験の汚名は免れられないでしょう。
 と、冷静に書いているように見えるでしょ? 実際このニュース見た日は腹たって腹たって仕事どころじゃなかったんですから。個人的には「公法」の満点を100点に圧縮するくらいの配慮があってもばちは当たらないと思っています。

6月25日、だんだん腹が立ってきたから加筆しちゃいました。
スポンサーサイト



2007-06-24(Sun) 20:32| 勉強| トラックバック 0| コメント 16

コメント

試験委員による答案練習会ですからねぇ・・・・・

この一事をもってしても、公正な試験が行われたとはとても思えませんね。

お怒りごもっともです。

すくなくとも、行政法の試験は無効にして、試験をやり直すべきだと思います。

2007-06-25(Mon) 20:58 | URL | 2L #mQop/nM.[ 編集]

何とかしてほしいと思いつつ、再試験だけは勘弁してほしい優羅です。
本試験の行政法って、プレも含めて3回連続わけが分からないんですもん。

2007-06-26(Tue) 21:08 | URL | 優羅 #-[ 編集]

ロー在学生、で行政法あまり勉強すすんでおらず
まだ、今年どんな問題が出たか知らないんですけど、
試験で題材になった判例って、そんなマイナーな判例なのですか?純粋に質問ですので。。。
今、ケースブックを見たら、外国人の強制退去の判例って、インド人やら、タイ人やら、のっているので、あらかじめ読んでいてもそんなにおかしくないのかなー、とも思えるんですけど。

すみません。

2007-06-28(Thu) 23:08 | URL | 純粋に質問 #-[ 編集]

この件、だんだん大ごとになってきてびっくりしています。
見るからに不公平なのに、得点調整等の結果是正にまだ手をつけようとしないのはなぜでしょう?


>純粋に質問さま

まず、誤解されるといけないのですが、外国人の国外退去処分が出題されたことに関しては、ありうべき事と考えています。
おっしゃるとおり、マイナーな判例ではありません。マイナーだから、というよりも、入管法のとる制度設計がやたらややこしいので、個人的にこの分野は大っ嫌いなだけです。

ただ、いかなる出題分野にせよ、特定の判例を配ってしまうと、主題範囲をかなり絞れてしまうので、それはどうなのか、と思うのです。大鏡なんか引き合いに出すからややこしかったですね。

2007-06-29(Fri) 21:13 | URL | 優羅 #-[ 編集]

ゆらさま、

どうもありがとうございました。

私の行政法の先生は、2項道路とか、今年の問題とか、学生には馴染みは少ないかもしれないけど、実務上はしょっちゅう問題になることが問われるとおっしゃっていました。
来年受けるのですが、それまで力をつけたいと思います。
ゆらさんの今年の合格をお祈りします。

2007-06-30(Sat) 00:36 | URL | 純粋に質問 #-[ 編集]

久しぶりに書き込みます。

お腹立ちの件、今度はO大で、試験委員が採点基準を講義するということがあったそうです。
K大のように、直前期に教えるという形ではないにせよ、次回受験する学生が聴くわけですから、それだけで有利です。
一般の人は、採点基準を知らないからこそ苦労しているわけですから。
こうも続くと、「試験委員のいる大学の学生は、多かれ少なかれ、試験委員の先生から有利な情報を得ている」と、いない大学の学生は思うでしょうね。よその国なら、暴動が起きていると思います。
これに対し、某予備校の講師でも有名なI先生は、「昔(旧試験)からあると言われていたこと」って軽く扱ってましたが、たぶんI先生は、合格する力があれば問題にするまでもないことと思っているのでしょう。
今回、U教授は試験委員を解任されましたが、騒動はこれで終結させたいというのが、法務省の意思でしょう。得点調整や再試験なんて絶対ありません。問題の本質を先送りするのが役人のやり方です。
長々とすみませんでした。

2007-06-30(Sat) 22:51 | URL | プク #SFo5/nok[ 編集]

合格点を5点くらい下げて、割りを食った人を救済してあげれば手間も掛からず、皆幸せな気が。v-218


真面目に勉強してきた人を冒涜する行為への怒りはごもっとも。

あ、択一合格おめでとうございます。
リベンジ達成ですね♪

努力が報われる話は、努力している者にとって、本当に清々しいニュースですよ。

2007-07-01(Sun) 00:57 | URL | デュフォー #-[ 編集]

プクさんのおっしゃるとおり、試験結果へのてこ入れはないでしょうね。役所はそんなに『正義と公正』を重んじてはくれません。

しかし、少なくとも漏洩にかかわった先生は法学界において二度とお天道様の下で生きていけないくらいの処遇にしてほしいです。そうでなければ、試験委員のいるローに入った者勝ちになってしまいますよ。
漏洩しても、委員解任だけで済むのなら、解任覚悟であればなんでもできることになってしまいます。それを黙認する、ということは、どのローでどんな漏洩があっても動じない学力をつけろ・・・って、どこかの予備校のI先生みたいですね。
でも、大金と3年もの年月を強制的に要求する制度設計にした以上、そんな覚悟を当然のものとされちゃあたまったもんではありません。
だから、法学界で存分に干されてほしいです。追随する者が出ないように。

2007-07-01(Sun) 20:51 | URL | 優羅 #-[ 編集]

ゆらさん

漏洩、という事実について、法務省は認められない、としています。
疑わしい行為をした、という事実を理由で解任されたのです。

>>少なくとも漏洩にかかわった先生は法学界において二度とお天道様の下で生きていけないくらいの処遇にしてほしいです。

という発言は、怖いものがあります。
そんなことに怒りにエネルギーを使うより、もっと勉強して、根本的に力をつけるよう、がんばるべきなんじゃないでしょうか。

2007-07-01(Sun) 22:53 | URL | 純粋に質問 #-[ 編集]

そうですね。
そう言い切ってしまうのはなんか違う気がしますね。訂正します。
おとなしく中元売っときます(そっちか!)
この繁忙期を乗り越えたら少しは勉強できるようになるはず!

2007-07-01(Sun) 23:17 | URL | 優羅 #-[ 編集]

純粋に質問さんは純粋に質問してませんね(笑)
受験されれば植村教授のやったことが、どの程度とんでもないことかが実感できると思います。

優羅さんが厳しい処分を望んでおられるのは、
来年以降の試験が公正に行われることを望んでのことでしょう。
一罰百戒でしか改善できないぐらい根の深い問題なんですよ、これは。

2007-07-02(Mon) 01:05 | URL | しー #-[ 編集]

>しーさま
 そう! そういうことなんですよ。私が言いたかったのは!
 言葉足らずでした。疲れた頭でものを書くと、ろくな内容になりません。公共の電波使って過激なことばっかり・・・ 補足ありがとうございます。

2007-07-03(Tue) 13:54 | URL | 優羅 #-[ 編集]

再開おめでとうございます。(今さらw

漏洩、私は自分が早々に落ちたので、怒りはあんまり感じてないんですが、それでもやっぱりあり得ないですよねぇ・・・。
再試験とか加点とか合格者を増やすというのはないだろうと思ってるのですが、少なくとも来年までに不正を出来るだけ少なくする制度設計をして欲しいな、と。
当然、解任だけで済ませずに、教授本人にも該当ローにもきっちりお灸を据えてほしいですが。
(私的な答練て言い訳は無理があり過ぎかと。)

研究者教員を外せばいいかというと、大宮では実務家がやってるし・・・法曹要請の場で、法曹倫理はどこへ行ったんでしょうね。

2007-07-03(Tue) 19:11 | URL | あね3 #/2CD/BNk[ 編集]

<該当ローにもきっちりお灸を据えてほしいですが

そうそう、しっぽを叩いてもトカゲを叩かないと再発しますよね。来年以降の試験が公正に行われるといいですね。
暗黙の了解で数十人合格者を増やしてもいいと思うけどなあ。別に公表しないのだから気付かれないし。

2007-07-04(Wed) 23:46 | URL | デュフォー #-[ 編集]

調査は、進行中なんですから、「本年度の調整は絶対にない」なんて、軽々しく断言してほしくないですね。

今回の「漏洩」は、そんな生易しいものではなさそうなんですから。

   ↓

http://www34.atwiki.jp/vipepper/pages/1.html

2007-07-07(Sat) 21:55 | URL | とおりすがり #-[ 編集]

調整て変にされると不利益になるひともでますよね!相対的なものですから、合格者増やす以外の調整してくれて言ってる意味がわかりません。

2007-07-15(Sun) 17:12 | URL | しったか #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://diabetesinsipidus.blog75.fc2.com/tb.php/42-5babed75

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。