プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

どうすればいいのか

3回生になって、去年に比べて生活に余裕が出てきた気がします。だからこそのこのブログ。



 でも、新司法試験まであと1年きりかけています。それなのに、日々の予習に労力の8割を取られて自分で試験を受ける上で必要な勉強はできていません(特に選択科目)。全国の法科大学院3回生はいったい何をしているんやろ? 何か効果的な勉強法があったら教えてほしいです。

 現行の論文を解くのもよし、でも融合問題には対応できません。予備校を利用するのもよし、でも新司法試験対応講座ってありそうでない。院に常駐しているアカデミックアドバイザー(チューターみたいな若手弁護士)を利用するのもよし、でも1~2回生対象のゼミはやたらと開いているのですが、3回生対応のゼミはほとんどなし。

 なんか、1期生を「腫れ物に触るように」見てません?と感じざるを得ません。下手に教えて傾向が違ったら責任取れないとか?

(まぁ、1年目の適性試験対策講座に予備校ごとにあたりはずれがあった事は否定できませんが…)

 結局…とりあえず勝手にがんばれ、ってことなんかな。自らモルモットに志願した者の宿命なのかもしれない。



 ところで、ほんまに試験対策として何してますか?(切実)



※5月18日追記

と、悩んでいたら、立命館大学の学生さんのブログにこんな記事が。

後期は授業がかなり減る模様。

ちょっとうらやましいです。だれや、うちの大学の卒業要件単位に72単位も設定したの! 後期になっても予習に追われるスタイルはそんなに変わりそうにありません。

でも自己責任ですよね… なんとか方法考えないと。
スポンサーサイト



2005-05-17(Tue) 22:30| 日常| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://diabetesinsipidus.blog75.fc2.com/tb.php/96-abc59b56

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。