プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

最上階

うちのロースクール棟には、最上階に高級レストランがある。おそらくは先生方の接待用に入れたのではないかと思われるが、とにかく学生とは無縁のレストランである。
 土日になると、そこへおばさんの団体がランチを楽しみにやってくる。私たち学生が使うエレベーターと、おばさんたちが使うエレベーターは同じなので、週末はよく乗り合わせる。
 レストラン目的の人は見ただけでわかる。なんなら私が階数のボタンを押してあげましょうか?というくらいに。そして彼女らはだいたい決まってこう言うの。「あー、ここにうわさの法科大学院が入っているのね」。
 そんなおばさんを横目に、法科大学院と表示されたフロアで降りるとき、私は2割の誇らしさと7割のうらやましさを感じる。「私が法科大学院の学生ですっ!」というのが2割。そして「私も最上階へ行ってみたい」が7割。
 
 私が最上階へ上がることができる日は、きっと試験に合格したときなのだろう。その日が早く来るように今日もがんばろうか、と残りの1割で思う。
スポンサーサイト



2005-05-22(Sun) 22:33| 日常| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://diabetesinsipidus.blog75.fc2.com/tb.php/98-1c2e62a9

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。