プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

気がつけば2万アクセス突破

京都生活も残すところあと1週間を切りました。そんなこんなしている間に2万アクセスも突破してしまっています。ありがたいことです。ただし、4月まで存続しているかどうかは保証できませんが…
 転居秒読みとなり、片付けがあわただしくなってきました。そういうきわめて個人的な話を小話でお届けします。

1、山盛りの不要紙
 2年間でどれだけ環境に厳しい生活をしてきたと言うのか! とかなりへこむ量の不要紙の山です。キャレルにも下宿にも等しく山盛りなので、廃棄に一苦労です。あまりに多すぎで一気に出すのが憚られる、というか恥ずかしい… 捨てても捨てても終わりません。
 きっと、どこのロースクールでも同じなのではないかと思うのですが、どうでしょう?
 そもそも「判例は第一審から読め」という至上命令が原因だと思うのです。若かった私は入学当初は環境訴訟のように審級一つで鬼のようにある判例を除いてたいがい第一審から読んでいました。
 でもやっぱり…もうちょっとペーパーレス化を考えてもいい気がします。正直、予習のときに読んだ判例を全部保管していても、後から見返すことは稀有です。これを全部保管するのは民集を保管するくらいの覚悟がないと、手間もスペースも確保できません。
 とにかく、後進へ一言。不要紙はマメに捨てよう!
溜めてると大変なことになるよ~。

2、キャレルが空にならない
 昨日から結構大きめのキャリーケースをガラガラ引いて学校へ行っています。そのカバン一杯に本をつめて帰るのですが、本日で2往復目であるにもかかわらずパッと見、なかなか減っていません。こんな狭いスペースのどこにこれだけの本が詰まってたんや! だいたい3日くらいガラガラ引いていったら終わるだろうと思っていた私が甘かったです。
 そして下宿へ持って帰ると、それはそれで置いておくところがありません。仕方がないので荷造りの一環としてダンボールを組み立てて突っ込むのですが、今度はそうやって作ったダンボールが邪魔で窮屈気味です。まだいっぱい来るのになぁ…

3、そして人がいない
 早くも引きこもり始めたんですね、みなさん…
 まぁ、自分の学部時代を思い起こしてみれば、何も用事がないのに学校へ行って勉強をし…てたけどなぁ・・・。あんな立派なキャレル、使用期限ギリギリまで使おうよぅ。


2006-02-19(Sun) 16:42| コバナシ| トラックバック 0| コメント 0

久しぶりに小話でも

さて、参ります。

1、そんなもん盗んでどないすんねん
 自習室の机の上においてあったスプーン(100均で2本一組で買ったので、50円)を盗まれました。
 …スプーンです。
 普通、この程度のものなら「あ、私どっかでなくしたかな?」と思ってほんのりへこんで終わるんです。でも、似たような被害にあった友人を一人見つけました。これは!連続食器盗難犯出現か!?
 でもね、他人が常用している食器です。どう考えても不法領得の意思…っていうか、経済的用法に従って使う意思なんかないじゃないですか。気持ち悪いですよ、無差別に食器盗んで、どこの馬の骨かわからないやつ(=私)が使っていた食器でモノを食べるの。
 と、いうわけで、犯人はただの食器マニアか、他人の使ったスプーンをべろべろなめて喜ぶ変態か、いずれにせよ普通の人ではない気がします。

2、21日
 3期生合格者が自習室に来るみたいです。
 もう在学生としてあいまみゆることはない人々なのですね… っていうか! 卒業したら不要になる電気スタンドとかカラーボックスとか安価で売りたい!
 誰かそういうシステム作ってくれないかしら?

3、自分の答案にへこむ
 昨日、某先生が突然自習室に「アカデミックアドバイザーがプレテスト解説するから今から来てな」と勧誘にきはったので、ふらっと(申し訳ない)行ってみました。どうやら、匿名でプレテスト採点した結果を報告する会だったようですが、しこたまへこみました。おおむね、
 1)字が汚い人はどうにかしないと知らないよ
 2)項目番号をろくに振れていない人が多い
 3)あてはめが薄い、薄い、薄い
 4)抽象論に終始するな
 ということがよく言われていました。1と2には自信があるので、私の問題は3と4でしょう。すなわち、勉強しろ、ってことです。
 そして今日、答案読みまわしゼミに参加しました。答案を書いている途中はノリノリだったのですが、いざ読み返してみるとはっずかしいことを堂々と書いていました… 「本当はこういうことを言いたい」ということのだいたい6割くらいしか書けておらず、相当行間を読んでいただかないと真意が伝わらんだろうなぁ。
 先生にダメだしされる前からブルーでした。もっと修行を積まないと。


2006-01-19(Thu) 16:32| コバナシ| トラックバック 0| コメント 0

総括

 このブログを始めて約8ヶ月、たった8ヶ月でかなりの方々に知られるようになりました。
 今年の締めくくりとして、このブログを通じて出会った方へメッセージを送ります。この歳末の忙しい時期にどれだけの方が見ていらっしゃるのかはなはだ疑問ですが…


☆ 「ガバナンス」で私を認識した方へ。
 同じテーマで発表したM&Aはさんざんでした。難しいもんですね。
 っていうか、よくあれだけの記事で私を見つけ出しましたね… 発表班は10人近くいたのに。

☆ 「合唱」でわかった方へ
 来年とっとと受かって、合唱していても文句を言われない身分になりたいです。いえ、なります。
 もう一つ、ここで声を大にして主張したいのは、
 合唱は地味な趣味ではないっ!!
 先日、朝の情報番組で「合唱」が取り上げられた時に、メインキャスターに軽く馬鹿にしたような態度を取られてちょっとムッとしました。どうして卓球と合唱は趣味にすると、軽く笑いが取れてしまうのでしょうか?

☆ 「法政策論の座席位置」でわかった方へ
 あの単位、取れているかどうか微妙ですよね。再試とか言われてももう一度がんばる気にはどうしてもなりません。「パレート効率性」という単語しか覚えていないし。でもちゃっかり授業で指示された資料はとってあったりします。でも見たくない~!

☆ 一緒に鍋パーティーをしたあとで「鍋パーティーのことが記事になると思って期待してたのに!」と悔しがっていた方へ。
 …これでいいでしょうか?(ウソ)
 残りわずかな京都生活ですが、是非またやりましょう。

☆ 風のたよりで知った方へ
 →にメールフォームがありますので、メッセージを送っていただけると励みになります(誹謗中傷はご遠慮願います)。


 最後に。
 来年に入るとすぐに私は卒業してしまいます。多分。単位ください、先生。
 「Lawschool Life」と銘打ってのブログはもうすぐおしまいです。そこで完全にやめてしまうか、タイトル変えて続けるかはまだわかりません。
 と、いうわけで、あとわずかなお付き合いになってしまうかもしれませんが、何卒来年もよろしくお願いします。


2005-12-31(Sat) 16:24| コバナシ| トラックバック 0| コメント 0

新司法試験の詳細が発表されていました。詳しくは法務省HPへどうぞ。
 以下、びっくりしたことを述べます。

1、問題はそこじゃない
 なんと、あいだに一日休みが入っているではありませんか! 民事法の試験時間が2+4時間になっているではありませんか! でも2日目の受験時間が合計7時間であることに変わりはないではありませんか!

 私はプレテスト後のアンケートで主張したはず、本当にしんどいのは6時間の民事法ではなく、2日目の公法+選択科目の7時間である、と。あいだに1日インターバルを設けるくらいなら、2日目を分散してほしかった… この一日を一体どう使えばええねん!!

2、じゃあ
 民事法の「4」と「2」ってそれぞれ何を出題するんでしょう? 何を基準に「4」と「2」にわけたんでしょう?
 サンプルは「民+民訴」と「商法」で、プレは「民+商」と「民訴」でしたが、この組あわせもふたを開けてのお楽しみ…ってこと?

3、うわぁ
 択一だけ、早々に発表になるようです(6月下旬)。たしかに、最終発表まで待たされたのでは翌年に向けての切り替えが遅くなりそうです。でも、6月の末に今の2回生と一緒にもりもり勉強する羽目になるのもなんだかさびしいなぁ。

4、高くない?
 28000円(受験料)。
 いや、受験者数と労力を考えたら、安いと見るべきか。現行は1万円ちょいで運営していたが、択一で散華する大量の記念受験者の納入分を合算してのことだし。
 たしか、早○田のローはこれに足すこと7000円くらい取られた。足きりで切られたにもかかわらず。それを考えると…妥当な線ってことですか。

5、ていうか
 こんな大事なこと、うちのローはどうして大々的に告知してくれへんねん! たまたま法務省HPチェックしていたから気がついたけど、友達はみんな知りませんでした。
 出願が12月であることすら知りませんでした。
 …あ、うちらがアホ? どっかに掲示してた?


2005-11-25(Fri) 16:09| コバナシ| トラックバック 0| コメント 0

ウソやろ!?

テーマを「ウソやろ!?」でまとめた小話シリーズします。多少脚色が入るかもしれませんが(をい)、基本的に全部本当の話です。

1、プラチナチケットが4枚
 10月の末の記事で書いた、三谷幸喜さんの「12人のやさしい日本人」のチケットですが、母が新聞の広告を見て申し込んだ分まで当たっていたらしく、今日さらに届いたみたいです。しかも大阪公演初日!
 こうなると、ほんまにプラチナチケットだったのかさえ疑わしくなりますが、某サイトでは4ルートぐらいトライして全部失敗してはる方もいらっしゃるようなので、たまたま運がめちゃめちゃよかったのでしょう。
 というわけで、一族郎党全員で謹んで見てきます。

2、どないしてくれんねん!?
 昨日、カットをしてもらいに行ったんです。すっきりシルエットにしてもらおうとウキウキ行って、「長さ変えずにウルフカット」とオーダー。
 仕上がりはたしかにウルフカットでした。しかし! やっとミディアムの長さまで伸ばした髪が、どう見ても「ショート」だろ、これは! 
 寒いし、「鎖骨まで伸ばすぞ計画」も遅れるし、どうしてくれるんや!
 先日、カットミスを理由に美容院を訴えて勝訴していたキャバクラ嬢のニュースがありましたが、今ならちょっとその気持ちがわかります。でも、判決理由の中で「原告がキャバクラ嬢であったこと」がかなり考慮されているので、私が訴えても確実に負けますね、はぁ~。

3、なんで!?
 今日、買い物へ行こうと自転車をこいでいると曲がり角に差し掛かったところで「チャリッ、チャリッ」と鎖を引きずるような音が突然聞こえてきました。何事かと思ったら、なんと野良犬が全力疾走で私のあとを追っかけてきているではありませんか! あの音は、手入れされていない犬の爪がアスファルトを掻く音か!

 おいおい、結構大きい犬やぞ! 必死で自転車をこぐ私! でも離れる気配のない犬!
 なに!?
 何なん!?
 なんなの、この昭和のギャグ漫画みたいなシチュエーション!!?
 
 でも犬に追いかけられているとはいえ、あまり車どおりのない小さい道とはいえ、最低限用心してこがないと事故になってしまいます。犬から逃げて、車に引かれて死にましたなんて、恥ずかしすぎて親にどう説明すればええの! それだけはなんとしても避けなければならない、とわずかばかり冷静さを取り戻したところで、犬は左折してどっかへ行ってしまいました。
 一体どこへ行きたかったんだろう?

4、択一答練で
 びっくりするような点を取りました。
 「ウソやろ!?」
 と、細かく採点すると、「間違っているのは何個あるか」という問題では、ことごとく「間違っている個数」があっているだけで、全然違う肢にチェックしてました。要するに、運だけで取った点のようです。びみょー。


2005-11-20(Sun) 16:06| コバナシ| トラックバック 0| コメント 0

ネタはあるのにヒマがない

だから、このように小話をまとめて放出することになるのです。

1、検察庁って
 学校の検察官先生のはからいにより、先日検察庁訪問に行ってきました。いままで弁護士事務所と裁判所(裁判官)には訪問したことがあり、いずれもスーツ着用は要求されなかったのですが、ここだけ「社会人らしい服装で」と言われました。これもまた、法曹三者の特徴が出てて面白いと思います。
 検察庁と言えば、「検事霞○子」とか、「○かぶ検事の事件ファイル」などなど、サスペンスでもたびたび出てくるあの取調室がどんな感じなのか、楽しみでした。
 でも、検事と事務官の机がL字型に配置された部屋で執務するのは捜査検事のみのようで、公判検事等は大部屋でした。しかもその捜査検事の部屋も、ドラマのようにじゅうたんが引いてあって、観葉植物がおいてあって、応接セットなんかもあって…という感じではなく、むしろ警察の取調室に近い印象を受けました。多分、空き部屋に案内されたからだと思いますが…
 そして、最後は現役検事さんによる座談会が催されました…が、検事の仕事がどれだけすばらしいかの独演会のようになっていたような。でも、その迫力に圧倒されて「あ、検事もいいかも」と思ってしまいました。(ただ転勤がね~)

 この企画はなかなか志望者が増えない検察庁の明日を憂えて企画されたのか?などと、変に邪推してしまいますが、結構検察庁のイメージ変わります。もっと学部生なんかも見学に呼べば、もっとイメージアップになっていいのにと思いました。


2、字数制限1600字の弊害?
 相変わらず、刑事法総合演習は毎週字数1600レポートが課せられています。しばらくは実体法1題、手続法1題と定型化されていたのに、この間はそれにプラスして公訴事実の起案(被疑者3人分)も要求されて「ハハハ、むり。」
 そのせいかどうかわかりませんが、最近、論文演習していると、論点は大概ひろえているのになんか短すぎる答案を書いてしまいます。書かなければならないこと(定義・趣旨の類)を落としてしまっているみたいです。…やばい傾向だ… 昔はやたら冗長だったのに、昔と今と、足して2で割ったらちょうどいいのに。


3、こっそりと
 明日、ちょっとした舞台で歌ってきま~す(合唱)。発表の原稿書いたり自主ゼミの答案書いたり択一答練解いたりせなあかんのに~(焦)
高校のOBOG合唱団で、発足したばかりだから練習回数は月2回。これくらいなら参加できるだろうと思っていたら、なかなかどうしてしんどい。だいたいローの3回生で月2回も帰省すること自体がムリです。(何回か練習休んでごめんなさい)
 だから、明日初舞台にしてラストステージ… 不本意ながら、1回舞台乗っただけで長期休団です。
 合格して、就職して、仕事が軌道に乗ったらまた…できるのかなぁ。


2005-11-12(Sat) 16:04| コバナシ| トラックバック 0| コメント 0

小話バンザイ


はい、今日も細かく行きます。

1、老人A
 昨日夕方、バット大の木の棒を小振りに、しかしぶんぶん振りながらタクシーをひろっているおじいさんを見かけました。そこで問題。あなたの抱く感想はどれ!?

 ア、あれはきっと木刀だ… 剣の心を現代に伝える武士道おじいちゃんなんだ、かっこいい…
 イ、これからけんかですか? まだまだ若いっすね
 ウ、京都も治安が悪くなりましたなぁ
 エ、そんなのでおばあちゃん殴っちゃいけません!

 私がパッと思ったのは「ア」でした。
 あ、これ、心理テストでも択一の問題でもありません。解いてもなーんもいいことないので、悪しからず。


2、親不知
 この年になって初めて親不知が生えました。
 びっくりして親に知らせたら

 「…聞かんかったことにするわ。親やし」

 さすがです。この返しはカタギの人間のすることではありません。


3、択一→休憩→論文→択い…と思ったらまた論文
 最近こんなサイクルで勉強してしまっています。択一をせなあかん、と思いながらも、論文するとそっちのほうにまだ「楽しみ」を見出せてしまうのでながれてしまいます。いつまでたっても得意にゃならんわ、これでは。


4、まだ11月に入ったばかり
 近所のスーパーにおいてかかっているBGMが
「ジングルベル」
   ↓
「おめでとうクリスマス」
   ↓
「グローリア」
   ↓
 以下、似たようなのがエンドレス…

 あと2ヶ月こんな中で生活しないといかんのですか。私の使っているライン引き用の色は「赤・緑・青」。前二つ使ってるとクリスマスカラーに見えて仕方がない季節がやってきました。
 自分がつらいめの時期に町が幸せそうだと、なんか切ないよね☆



2005-11-05(Sat) 16:01| コバナシ| トラックバック 0| コメント 0

小話シリーズ

 もう第何弾か忘れてしまいましたが。書くことが細かい日は小話シリーズで。

1、ロングブーツはじめました
 なんか、こう、「冷やし中華、始めました」みたいな感じで。昨日すっっっごい冷えたので、「もうそろそろ!」と夜にロングブーツを引っぱりだしました。見てると履きたくなってきて、ためしに履いてみると…
 ん?
 最後の1割、
 ファスナーがしまr(略)

 いやいや、これは今日一日勉強してたから足がむくんでいるだけだ、と言い聞かせ、その一方で必死に足をマッサージして寝ました。
 今朝。
 ちゃんとスコスコ(嬉)。
 「むくみ」とは恐ろしいものです。
 
 でも今日はちょっと暑かったかな。昨日寒くても、今日も寒いとは限らないことに気づかないアホここにあり。

2、法律文書作成
 うちには、↑のようなタイトルの講義があります。弁護士業務で必要になる文書を作成するのに慣れよう、という科目です。
 ところが、最初の三週の講義計画を見たら、第三回まで起案課題がない模様。「三週に一回起案するだけでいいのか~」と喜んで今日は三週目。初めて起案しました。
 ある事件について依頼者に報告書を書く、というものですが、先週、先々週とその事案について検討した上、何を書くかも指導されていたので、ちょっと予習してしまうとたちまち起案類似のものになってしまいます。これでは現場起案課題の意味がない。(でも、相当詳しい答案構成を作ってしまいました)
 それでも60分で書ききるのは大変でした。どうせなら、レポート課題にしていただい…いや、何も言うまい。弁護士は時間のない職業。限られた時間内にどれだけのことをきれいな日本語で書けるかが勝負ですから!
 ところで、来週からの三週間が「講義→起案→起案」という、ハイペースな起案スケジュールなのはナンデデスカ?

3、業務連絡
 うちのマンションの住人よ、土曜の朝7時半に大型バイクをふかしながら出て行くのはやめてくれ。眠いから。(直下が自転車/バイク置き場なのよ~)

4、治安悪化
 お願いです、勝ってください、阪神タイガース。阪神に勝っていただかないと、機嫌の悪い人が20%増(当社比)で治安が…

5、口述試験
 やってますよね、今。ロー在学中でめでたくも現在口述試験中のすべての人へ。がんばれ! 本当にがんばれ! そして一人でも多く通って来年の新司法試験で私にイスを譲ってくださ~い!!(切実)


2005-10-24(Mon) 17:51| コバナシ| トラックバック 0| コメント 0

小話を少々(凹)

 なんか最近へこんでばっかりですが… 特に昨日はへこんでしまいました。ま、自分のブログですし、ぶちまけてみます。

1、成績悪化
 非常にわかりやすいへこみネタですね。はい。
 とにかくGPA平均で0.2は下がりました。たぶんすごいことだと思います。でも学校全体で成績評価に厳しくなった感が否めなくもなく、必修科目全体の平均点はGPA換算でだいたい2.7、一般的な大学のABC評価にひきなおすと、BとCの間くらいです。昨年はたしか平均がBを切る科目などほとんどなかったことを考えると厳しくなったことがうかがえます。
 すごいのは、学年全体で民事法でCがだいたい50%であること。私の学校は「C」→「C+」→「B」→「B+」…というようにランクわけされていて、それでCが半分というのはなかなかだと思います。
 一つ下の学年は冗談抜きで留年者が出たようです。見た感じ、一人や二人ではないんじゃないかなぁ。ただ、自主留年を考えている人がいないわけでもなさそうなので、なんとも言えません。別の学年ですから。でもある先生は、本当に断腸の思いで落第させた、ような話をなさっていたらしいです。全部又聞きでは信憑性も薄いか。
 って周りが悪かったからといって、「じゃ、いいか☆」っていうわけにも行かないですよね、ほんと。今回の成績は、先生方から私たちに向けた「お前らの半分は本試験で使い物にならん」というメッセージだと受け取りました。こんなローカル大学で相対的に評価がまぁまぁでも、本試験に通らなければ全くの無意味ですから。卒業間際にこんな最後通牒を突きつけられるよりも、あと半期、真剣に頑張れって頭をたたかれたのだと思って頑張ります。

2、そんなんで点引かれたんですか!
 あまりにも成績が悪かったので、とうとう先生のところへ押しかけて何が悪かったのかを教授していただきました。
 確かに、復習したときに「何でこんなこと書いたんやろ?」と思ったところはしっかり点を引かれていました。でも部分点。(それがそこそこ積み上がっていたので、十分な反省点ではあります)
 しかし、もっとも引かれていた(と思われる)のが、請求認容額の計算ミス! そこまではよかったのに、最終的にそこで全然違う金額が出ていたので、小問一つ丸々に近い点を失っていたようです。
 昔っから計算ミスの多い子でした…(遠い目)

3、そのわりに甘い生活
 昨日はそうやってへこんだあとで、高校時代の友達に会いました。私の年齢ですから、みんな当然働いているわけで、会えばうちの会社はどうとか、資産運用したいとか、そういう話になるわけです。最近こそ割り切れるようになりましたが、大学卒業したてのころは一般的にはもう社会へ出て働いている年齢なのに、私だけいつまで親のすねをかじって生きているのだろうと複雑な気持ちになったものでした。
 でも、みんな朝早くに会社へ行き、夜遅くまで働き、当然夏休みやら春休みといった甘えた休暇のない生活をしている。そう思うと私はなんて甘えた生活をしているのか、と内心ブルーになってきました。私ももっとストイックな生活に戻さないと! すきあらば休もうとする自分を叱咤激励です。

4、そして流れたイベント
 予定では、夜に集まった友達を京都まで連行して今日、遊ぶ予定でしたが、皆さん仕事が忙しいらしく、事前キャンセルが相次いで人数が減ってしまったため、「また今度」になってしまいました。
 社会人の忙しさを恨めしくも思い、自分のあまりのフリーさに「びみょー」とも思いました。


2005-09-23(Fri) 17:37| コバナシ| トラックバック 0| コメント 0

短編集

最近毎日同じような生活を送っていて書くことがないので、短いのを集めて量を稼ぎます。

1、凹
 私は知らないところで
 「あの子の関西弁は聞いてて本当に気持ちがいい。大阪の女って感じがする。でも授業になったらおとなしいんだよな(by標準語の人)」って言われていたらしい(友人談)。
 全部真実なので否定しませんが、それゆえにへこみます。誉められているのか、バカにされているのかわかりません。わかんないことを授業中にベラベラしゃべるわけにはいかないではないかっ! 他にもおるやろ、関西弁でまくしたてる女の子!


2、ええコースや(泣)
 台風14号、アジア名ナービーさんがいいコースで近づいてきています。私、遠く日本の南の海上でものすごく強くなっていく台風を見守るのが趣味(なぜなら全く害がないから)なんですが、学校が休みにならない休暇の時期に来られても本気で困ります。
 さらに、もっと困るのが最接近予定日である7日は、京都劇場へ劇団四季の「アイーダ」を見に行く予定の日… 私は地下鉄1本でいけるからいいのですが、連れは大阪から電車に乗ってこないといけません。なにより、私の気象病である「気圧が低下したら血圧も一緒に低下する病」が出てくると楽しめません。
 もっと困ったことに、過去最近2回の例を見ていると、予想進路を東よりに進んでいること。現在予想されている進路の最も東よりに進むと、上陸しそうな勢いです。
 あまりないとは思いますが、それてくれることを願うばかりです。


3、カレー
 一個下の記事で、カレーについて書いてほしい、とリクエストがありましたので、コメントします。
 私はあまり外でカレーを食べません。辛いから。
 家でカレーを作る場合は「こくまろSpecial」。前も書きましたが「こくまろSpecial」です! サイコーです! 
 くれぐれも申し上げますが、添付されているスパイスを加えるのを忘れないでください。これを忘れると、ただのカレーになります。


4、再試験(親族法)
 「『もはや戦後ではない』と言われた時代以降に学生時代をすごした諸君には『ちょっぴり』難しいかもしれないが、法律家としての常識問題」
 と、冒頭にわざわざ注意書きをして出てきた問題は
 
 (1)明治民法の条文の抜書きとともに、これが現行法に改正された要点を書け×10問
注:現行法の抜書きは当然ありません
 
 (2)現行民法の抜書き(一部条文番号だけ)とともに、現在これらの条文についてどのような改正の議論がなされているか×4問

 …すまん、解けません
 せめて、せめて条文ください。
 ていうか、「もはや戦後ではない」と言われた時代以降に学生時代をすごした…というよりは、まだ生まれてませんよ、私ら。だって、東京オリンピックは歴史の教科書で読んだ世代ですよ?


2005-09-04(Sun) 17:30| コバナシ| トラックバック 0| コメント 0

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。