プロフィール

優羅

Author:優羅
身分:新62期司法修習生でした
年齢:20代(でも記事のそこここでバラしてます)
血液型:B
星座:おとめ座(たまにしし座)

「雑草魂,弁護士になる」というコンセプトの受験記録です。
さかのぼれば法科大学院3回生の春から,二回試験合格までの大河ドラマ・・・ではなく,「小川ドラマ」?
でもどこで弁護士をしているかは,ご想像にお任せします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

全課程修了

昨日,司法修習の全課程を修了しました。
普通に登庁して,起案の講評を受けて,尋問を傍聴して,帰って来ました。
あとは二回試験を無事受けきるだけです。

神戸修習は来週,修了式みたいなのがあるんだぞ,とか
和光組は二回試験のあとにやっぱり式典があるらしい,とか
なんかこう,「区切り」というか「けじめ」みたいなのが大阪にもあるといいな。
60期も61期も,そんなものはなかったと言っていたので,絶対ないと思います。
弁護士会館は全員入れるくらい大きいのだから,ちょっとやっていただけたら嬉しいのですが。

二回試験も,その先に待つ一人暮らしも,一人前としての弁護士の仕事も,全部不安で仕方がありません。
やっぱりあと半年くらいは修習期間がほしい気持ちです。

そんな最後の日の昼食で話題になったのもやっぱり二回試験の話。
民弁は,
民法総則の意思表示と,債権総論と,債権各論の売買と賃貸借
をやっておけば大丈夫だそうです。
・・・けっこう民法の大部分をカバーしている気がしないでもない・・・広くない?
賃貸借だけで1日かかるよ,私。


さて,このブログもどこで閉めようか探る時期に入ってきました。
今,でもいいんですけど,いつにしようかなぁ。
そもそも,元をたどれば「法科大学院の生活ってどんなかんじ?」という疑問に,私生活を2割くらいさらすことによって応えようという動機で始まってます。
それが「新司法試験浪人生の生活」「3回目で合格した希少種の生活」と,希少価値を(勝手に)ウリにして続けてきました。
しかし,弁護士になってしまえばブログって結構たくさんありますし・・・
なにより,私は鈍くさい性格なので,法科大学院入りたてのころのように,弁護士になって数年はブログとかありえんだろう,と思うのです。絶対ムリ。
というわけで,もうすぐ閉めます。
今後は,mixiあたりにたまに生存記録を残すくらいにしておこう,と思っています。マイミク少ないので安心です(汗)


2009-11-13(Fri) 20:26| 修習| トラックバック 0| コメント 1

結構本気だった

大阪の茨木に潜伏していた,という報道を見てから,

市橋容疑者は絶対大阪におる。

私が見つけたら絶対捕まえたるねん。

と,結構本気で思っていました。
なんとまぁ,しっかり大阪にいたとは。
そして,私の故郷(=南港)で捕まるとは…


2009-11-10(Tue) 23:07| 日常| トラックバック 0| コメント 0

新型インフルエンザ

どれだけ流行ってもやっぱり自分の身の回りの人がかからないと実感がわかないものですが,ついに隣の部で新型インフルエンザが発生したらしいのです。
今までならいい。
今までならいいけど,これからはイヤや~っ!
多分,今日罹患してもおそらく二回試験には間に合うでしょう。
でも,「司法修習の最後の1週間は新型インフルエンザで寝込んでいました」とかイヤや~っ!

くしくも,昨日最高裁判所から受験票と一緒に
新型インフルエンザにかかっても受験会場まで来て別室で受験せい
というお達しの紙までご丁寧に送られてきました。
多くの国公立大学だって,センター試験だって「インフルエンザ追試」があると言うのに,どんだけムチャさすね~ん。
私,いままで季節性のインフルエンザも1回か2回しかかかったことないのですが,わざわざこのタイミングで人生3回目のインフルエンザとか…ないと信じたいです。


2009-11-08(Sun) 22:22| 日常| トラックバック 0| コメント 4

11月だ…

選択型修習をまっとうしたい気持ちと,二回試験対策させてくれよ!という気持ちの間で,毎日集中できない悪循環です。
やりようによったら,実務に出た後すぐ使える知識を得られそうなところで修習していますが,二回試験対策もやりようによったらがっつりできるところにいてます。そう,民裁通常部です。
もったいないよなぁ~。
全件傍聴とかしたいなぁ~。
でも,いただいてる課題が二回試験対策にも十分なりうるものだから,見てる場合じゃないんだよなぁ~。

そんなしぼんだ生活なので,「拍手」をポチっと押していただけると元気が出ます。

...read more

2009-11-03(Tue) 17:05| 修習| トラックバック 0| コメント 0

就職活動(ボヤキ)

大変な時代になりましたよね…ホンマに。
あまり細かいことは言えないんですけど,ついこの間まで就活を続けていたんですよ,私。
最終的には成功したからよかったんですけど,選択型実務修習の打ち上げで先生にお聞きした話だと,大阪だけでまだ30名弱ほど,未定みたいです。
和光から帰ってきてから面接に行ったところでは,新62期だけで20通強履歴書が送られてきたそうです。
もうすぐ二回試験だというのに,まだ書類選考で切られる状態です。
大阪でこの状態なら,全国合わせると…大変なことですよ。
この間,公認会計士が1000人レベルで就職できないという記事をどこかで見ましたが,弁護士もそう遠くない時期に同じことになるのではないでしょうか。

弁護士の就職って,一生の師匠を探す活動ですから,結婚相手を探すのと似ているんですよね。
結婚相手を探すのに1年だけっていうのはあまりにも時間が短い。
ひょっとしたら自分を必要としてくれる人が,もうちょっと探したらどこかにいるはずなのに,修習を修了してしまうとそれを探すのすら結構難しい状態に陥ってしまいます。
私が修習に入ったころは,「なんだかんだ言って,最後に残るのはどっかに問題がある人だけだから,探し続けてればそのうちいいところが見つかる」と言われたものです。しかし,現況を見ていると,必ずしもそうとは言えない気がします。
こんな時代でも幸せな就職ができる人っていうのは,なんでもいいから何か具体的にやりたいことがある人。立ち読みした本でも言っていましたが,「なんとなく弁護士」という人ほど難しいみたいです。弁護士は信頼が命の業界だから,誰かの紹介で就職することが多いけれど,「なんとなく弁護士」では紹介のしようがないんだそうです。
私みたいに,具体的かつ強固すぎてもかえってアカンかったりしますが。難しいですね。
これから修習生になる人(特に女性)におかれては,一刻も早く,自分の将来を真剣に考えてくれる弁護士を見つけることをお勧めします。


2009-10-31(Sat) 10:02| 修習| トラックバック 0| コメント 2

ついにやってくれました!

医療費助成に11特定疾患追加

私の病気に大いに関係のあることです。
下垂体機能障害とか,下垂体機能不全症と呼ばれる病気です。
前政権時から決まっていたことらしいのですが,またタイミングよく民主党政権に変わってから決まったものですから,なんとなく長妻さんの印象アップ↑↑

これでたびたび,給料1ヵ月分の医療費を払う必要がなくなりそうです。
高額療養費制度で現在でも一応大部分の還付を受けています。しかし,病院か共済組合のいずれかでレセプトが止まってしまうと,還付が半年近く遅れることがあります。レセプトが共済組合に回ってこないと還付の手続きが取れない,っていうことです。
たまに受診2回分以上の医療費を,一時的にせよ満額もたされる時期があります。そうなると,ボーナス1回分くらいの負債を抱えたまま生活しなければなりません。あとで返ってくるお金とはいえ,これでは生活していけません。
この点,特定疾患対象になれば,窓口レベルですでに減額された金額さえ払えばいいことになります。小児慢性特定疾患制度が全額公費負担なのに比して,一部負担しなければならないのが痛いところですが,それでもすごいことです。

私たちの病気は,パッと見五体満足に見えるものの,「やる気がなくなる」「しんどい」「肥満」など,理解されにくいところがあります。そういった身体的,精神的苦痛に加え,金銭的苦痛に追い詰められていましたが,せめて最後の一つだけでも除去されれば,われわれのQOLも少しは向上するというものです。

私たちの病気は,正直治る性質のものではないので,「病気」というより「障害」に近いのです。
そうなると,障害者自立支援法の改正の内容でしばしば論点となっている,「難病患者も障害者認定の対象とするべき」というところにも関係してきます。認定してもらえれば,障害年金とかもらえますからね。大切なことです。
そうやって「障害」と同じように「難病」の存在が人々の間で認知されるようになれば,就職・就学で差別されたりすることが少しでも減るかもしれません。これはその第一歩。


2009-10-17(Sat) 23:40| 日常| トラックバック 0| コメント 0

就職活動

衣替えをして,夏のスーツから秋冬ものにしました。
・・・入りませんでした。逆の意味で☆
春先ですでに使用に耐えなくなってきていたので,リフォーム屋でサイズをかなり縮めてもらったのですが,まだ足りませんね。恐ろしいです。受験太り。

さて,就活は何をしたらいいのかというご質問をたまにいただきます。
このところの厳しさを考えると,そろそろ始めておいたほうがいいかもしれません。
しかし,自分がどこの,どのような事務所に勤めたいのかによっても相当変わってきます。
大きいところに勤めたいなら,それこそサマークラークから頑張らないといけませんしね。
就活は,受験勉強の比じゃなく十人十色,2000人いれば2000通りの就活があります。
そこで,あくまで参考として,基本的に今何をしておいたらよさげか,書いてみます。

1,事務所説明会に行こう
今,大阪では大きい事務所を中心に事務所説明会が開催されているはずです。まずはそれに行きましょう。ぶっちゃけ,「私って相手にしてもらえないだろうから・・・」と思っていてもいきましょう。弁護士と会話するときに緊張しないようにする訓練です。
いずれ採用活動が活発化する中小規模の事務所でも,大勢の修習生の中から事務所の弁護士と酒席でお話をして,いかにして印象に残るかが最初の関門になります。そのときに,何をどう話したらいいのかわからない,とならないよう,今のうちから訓練しておくといいと思います。

2,弁護士さんと個人的にお知り合いになろう
公募で出てくる求人なんて,総修習生数にまったく足りません。運よく公募で選抜される確率にかけるよりは,自分で弁護士さんと個人的に知り合うことを考えた方がよいと思います。
しかし,普通親族が法曹でもない限り,弁護士の知り合いはいません。私もそうでした。
そこで,
ア,ローで教えに来てくれていた先生
イ,学部のゼミの先輩
ウ,ゼミの教官の紹介
エ,高校,大学の同窓会名簿から,自分と共通点のありそうな人
オ,ゼミなどで昔勉強した大規模訴訟の弁護団の先生
等などに,電話ないし手紙で「一度お話聞かせてください!」とお願いしてみましょう。名前さえわかれば探すのは簡単です。手紙の誠意と内容次第で,めちゃめちゃ快く会ってくださる先生がいらっしゃいます。ただし,どこにでも通用するような文面で,パソコンで打ち出して,名前だけ変えてあるようなお手紙は当然,先生を不快にさせるだけです。
私は主に,(ウ)と(エ)と(オ)を利用して,便箋綴り2冊くらいはお手紙(手書)を出しました。
コネは自分で作るものです。めちゃめちゃ緊張しますが,頑張りましょう。

いずれも「これさえやれば大丈夫!」ってものでもないんですけどね。難しいです。
あ,あと,差別的発言には立腹しない方がいいです。特に女性。最初びっくりしますけど,そのうち慣れます。
さらに,2をやりすぎると,毎晩宴会になって収拾がつかなくなって,胃腸を痛めて,さらに太ります。
それよりも,要件事実が不安な方は,類型別を読むなどの対策を練ったほうがいいかも。刑法各論が苦手な方は,お手持ちの基本書を復習しておいた方がいいかも。いずれも第1クールに何が来るかにもよりますが,この2つは起案の成績に直結する・・・気がする。


2009-10-11(Sun) 11:45| 修習| トラックバック 0| コメント 0

家裁修習で考えてみた

我が家の家訓は「相手の気持ちになって考えなさい」。
これの派生として「相手の嫌がることはするな」。
この家訓のお陰で,相手が不愉快になることが明らかなので,いまひとつ本気でキレられなかったりして困るのですが,とりあえず自分がする行為によって不愉快になる人がいないように生きてきたつもりです。
修習生になってもまだ思いますが,大人になってもなかなか人に気持ちになって考えることができない人がいます。
でもそれは,小さいころからそういうことをあまり気にしなかったからできないだけで,今後心がけ一つでいくらでも何とかなることだと思っていたのです。

しかし,現在の修習でどうもそうでもないことに気づきました。

人の精神作用のうち,「他人の感情に思いを致す」ということは最も難しいものであるということ。

家裁で修習しているのですが,調査官の調査結果を見ていると,少年に他人の気持ちを理解させることの困難さを感じずにはおれません。これはIQの高低にあんまり関係ないのです。
自分ひとりの快・不快については簡単に認識することができます。
だから,誰でも自分が不愉快に思うことは避けようとします。
しかし,自分のすることによって相手がどう思うか,それを考えることがどうしてもできない。
考えてみてもよくわからない。

他人が今,何を思っているのか。
自分がどう行動すれば相手を幸せにできるのか,不幸にするのか。
簡単なように思っていましたが,小さいころからこれを想起するトレーニングを積んでいないと,うっかりそのまま全然思いやりのない大人になってしまいます。
法曹三者を含むカウンセラー業には必要な能力だと思いますが,さて,私を含めてどれだけの修習生にこの能力が具わっているのでしょう。


2009-10-04(Sun) 20:47| 修習| トラックバック 0| コメント 0

だらだら書いてみる

1,堺市長選
それでも私はLRTが欲しい。
そらぁ市内中心部をバスが東西に走っていますが,バスと鉄道じゃ全然違うと思うのです。時間の読める具合とか。
そして,ゆくゆくは堺浜のシャープ工場とつなぐんなら,なおのこと通した方がいい気がするなぁ。
車線が狭くなるとか色々と問題はあるだろうけど,作る方向で見直して欲しかったです。

2,選択型実務修習
2ヶ月,通勤電車に乗る生活をしていなかったので,1日講義を受けただけでヘトヘトでした。
明日から生きていけるのか非常に心配。

3,ジェルネイル
銀座=12,000円
堺(地元)=3000円
銀座,ちょっとぼったくりすぎ。

4,なくしかけたもの
司法修習生の身分証明証
めがね
病院の診察券
二回試験に向けたやる気
いずれも引越のドサクサでなくしかけました。
最後の一つ以外は出てきました。…一番マズくない!?
きっと大阪が暑すぎるからです。


2009-09-28(Mon) 22:18| コバナシ| トラックバック 0| コメント 0

集合修習

帰阪してからドッと疲れたのか,SWがおわるまで頭痛で動けませんでした。
伊豆で遊びすぎ,との説も否定しきれませんが…
しかし私のSWはまだまだ続く。休みすぎても次の出勤日がいつかわからなくなるから難儀なものですが。昨日から出勤(らしい)の神戸修習の人々,がんばれ~。

さて,集合修習でどんなことをするのかという,あるのかないのかよくわからない疑問にお答えしてみようと思います。
まず,集合修習の期間は日数にしてちょうど50日,講義の日数は35日でした。
このうち,起案が5科目×2回で10日はつぶれます。
これに対する講評が,平均それぞれの科目で1日ずつあるので,さらに10日がつぶれます。
あと約15日で何をしているのか。
・・・何をしてたんでしょうね・・・(こらこら)
起案を除いたカリキュラムの柱は,「模擬裁判(民事)(刑事)」と「問題研究・講義」です。
模擬裁判は民事の方が力が入っていて,和解⇒判決まで要求されます。
これに対して刑事の方はなぜか争点整理と尋問だけで,判決までしません。
どっちにしても,1クラス70名余の人間を原被告,ないし弁護人vs検察官に分けるのですから,そりゃあ大弁護団です。あんまり収拾ついてません。でも,クラスの人と顔見知りになるにはいいイベントです。
アフター5は起案の準備して,模擬裁の準備して…結構…忙しい…はずです。
教官いわく,「従前3ヶ月でやっていたことを2ヶ月でやってる」らしいですから。

これだけ盛りだくさんの7週間を過ごして,いい感じに危機感を植えつけられつつ,まだ2ヶ月の軌道修正期間があり,それでいてちょっぴり東京を見学できる余裕がある。そんなA班日程でよかった,と私は思っています。

というわけで(こんな話の後でアレですが),B班の方々は頑張ってください。
今まで勉強していたら大丈夫っ!
和光は寒い(大阪比)ので,新型インフルエンザだけにはくれぐれもご注意ください。


2009-09-25(Fri) 23:11| 修習| トラックバック 0| コメント 0

最近の記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。